【1ヶ月着用レビュー!】Rolis Rosenmüller Novalis Geländeの底力!どこでもいつでも履ける靴……良いぞ!?【Gießbach Schuhgilde】

とりあえず履いておけば良い、という靴、一家に一足必要では?

Rolis Rosenmüller Novalis Gelände(ロリスローゼンミュラー ノヴァーリス・ゲレンデ)!!

instagramを中心に、知っている方は知っている、知らない方は「なんだそれ!?」なブランド、ロリスローゼンミュラー。

ブランド(や周りの背景)については詳しくはこちらを。

もでぃふぁいど はノヴァーリス・ゲレンデというモデルをゲットしました。

ノヴァーリス・ゲレンデは、ブラウンのシボ革プレーントゥギブソンです。

購入時のレビューはこちらをどうぞ!

今回は1ヶ月……手持ちの靴の数の割にはそこそこ履いたので、実際に履いてみてのレビューをば!!

履き心地、歩き心地良し!

快適なフィッティング!!

ここは購入時のレビューとあまり変わらず、安定感のある履き心地です!

安定感というのは、足のむくみなどの状態にかかわらず「いつでも良いフィッティングを味わえる」という意味で。

ノヴァーリス・ゲレンデは、東欧靴的な「足の後半部分」でフィットさせる設計です。そのため、1日を通しての足のむくみや日毎の足の状態にかかわらず、安心して足を通すことができます。ありがたい限りで!!

個人的に「タイトなウエストンで旅に出て、深酒した結果、翌日足がパツパツでロクに歩けず現地でサンダルを買った」という経験があるので、これって旅に出る靴の素質としてとっっっっても大事なことです!!!

タイトなフィッティングにハマると「日によって履けない靴」というのが出てきます。

「今日これ履きたいけど、足入れてみた感じコレ今日はヤバい!」と靴棚にそっと戻す……

そんな靴が多いな?という方には、いつでも履ける靴、オススメです!!!

歩き心地、安定感◎!!

かなりズッシリなD.D.D.Sのオリジナルラバーソール。

公式にも案内がある通り、このソールや作りもあってかなり重めの靴に仕上がっています。その重さ、片足で739.5g!!(風袋引きで)

風袋は気にせずどうぞ

たしかにこの靴を脱いでローファーとか履くと、めちゃめちゃ軽く感じます。笑

え?定量的な数字を出せって?そんな仕事じゃないんだk……

ウエストン180で442.5gでした。ノヴァーリスは実に1.67倍の重さです。これは重い。たしかに重い。「この俺もついに本気を出さねばならぬようだな……」とか言いつつ脱いだらスピードが上がるやつ。

ただし、靴の重さは一概に軽い/重いほうが良いと断じられる要素ではありません。

重いほうが足の振り子運動で足運びが楽、と言われることもあれば、やっぱり軽いほうが疲れにくいなんて言われることもあります。

ようするに好みなのでは?という気もするのですが、ノヴァーリス・ゲレンデに関しては個人的にそこまで気になる重さではありません。この重さでやたら疲れる、という感覚がないからです。いや?あんまり長く歩くと、他の靴よりちょっと腰にくるか?

ただ、この重さが安定感に繋がっていると感じます。

そして軽い靴が履きたい気分のときは軽い靴を履けば良いので!!

また、D.D.D.Sラバーソールですが、今のところ滑りはあまり気になりません。やたら滑るような路面状況にめぐり合っていない、ということもありますが、レザーソールだと滑るようなツルツルタイルでもそこそこグリップしました。

助かる……!!

サイズの変化はあまり気にしなくて良さそう!

100本以上の杭でソールを固定しているという、ブロンベルグ製法。

1ヶ月、そこそこに履き込みましたが沈み込みがデカいということはなさそうです。もちろん全くないわけではない(公式にも杭が重みで圧縮されるとある)のですが、サイズをキツめで選ぶ必要はないと思います。

もともと大きめの作りなので数字上はふだんより小さいサイズを買うことになりますが、公式のサイズガイドに素直に従えばOKかなと。

ベルンシュタインフィニッシュ、信頼に値しすぎる!!

アッパーレザーの仕上げ工程で琥珀ニスを含むバインダーを塗り、雨水や汚れから革を保護するベルンシュタインフィニッシュ。

細かいことは抜きにして雨の中、歩いてきました。

アッッッッこれすごいやつ!!!

ガラス革か?というぐらい、水が染み込みません!!

この写真、コットンチノ履いてますが、写真を撮った頃にはそこそこべしょべしょです。笑

……と思ったけどそこまで濡れてませんね!それでも冷たかったですが…

なのにノヴァーリスには水がしみません。エライ!エラすぎるぞ、ノヴァーリス・ゲレンデ!!

100足履いてきてもこのレベルの耐水性を持つ靴は、ポリッシュドバインダーのシャノンくらいでしょうか。でもこのバインダーなら割れなさそうですし、クラックの懸念が少ないのは良いことです。

雨に強いと言えばのクロムエクセル等オイルドレザーも、結局水は染み込むんですよね。上の写真を撮ったくらいの頃(そこそこ強い雨で徒歩10分)にはマダラ模様になっているのが常です。(そのあとの変質が少なく、大してケアが要らないという意味でタフですし、信頼しています!)

そもそも既存の靴では対応できない大雨や大雪にも履いていける、という文脈で採用されているベルンシュタインフィニッシュですが、その実力はホンモノでした!!!

ソールも分厚いので水たまりも怖くない!!やはり一家に一足、ロリスローゼンミュラー!!

……が、まぁ課題もまったくないわけではなく、コバ周りは雨で水玉ができました。笑

他が強すぎるだけとも

コバは耐水性のあるコバインキやらワックスやら、色々試してみようと思います。まずはステインをリムーブするところからか?

シューレースはベルルッティ結び+α推奨!

これまたこだわりのパーツの一つである、D.D.D.Sのシューレース”THE SHOE TIE”。

レースホールを痛めない柔らかさと、切れてはならぬという強さを兼ね備え、意匠面でもこだわった……というソレ。

たしかに柔らかいです。レースホールへの負荷は少なそう。それでいて今のところ毛羽立ちもなく、見た目はバッチリ好みです。

が、ちょっと取り扱いにコツが要ります。

シューレース自体が柔らかく、金属のセルもついているので、普通に結んだだけでは歩いているうちにブルンブルンと揺れ、結び目が緩み、最後には解けてしまうのです……!!そりゃ蝶結びの端っこ引っ張れば解けますがな。

で、これを克服するコツは2つあります。

  • ベルルッティ結び
  • 金ゼルは結び目の近くに寄せる

の2つです。

1つ目はベルルッティ結びをしてしまうこと。単純に解けにくくなります。急ぎのときは面倒ですけど!!(ベルルッティ結びは記事にしたいと思いつつ、もでぃふぁいど には説明できる気がしません。ググってください!笑)

2つ目は、写真のように結び目のループをデカくして、金ゼルをできる限り結び目の近くに寄せること。

ループがデカくない方が個人的には好きなのですが、金ゼル側を長くしておくとブルンブルンするし、その遠心力で引っ張られて結び目が解けます。逆に結び目に寄せておけばブルンブルンしないので、結び目は安泰です。

さのはた靴紐などは、ロウでガッチガチなのでセルがついててもブルンブルンせず、この問題が起きにくかったと思います。なのでこれは固有の課題かなぁ。

まぁ、比較的、羽根が閉じ目で履いているからの問題であって、気にならない方は気にならないはず。というか、紐を短くしろ、ということかもしれません。笑

とはいえ、工夫でなんとかなるので個人的には良し。また、上記2つさえちゃんとやれば、解けやすいということはありませんでした。(もっと解けやすい靴紐はあります。古いウエストンの紐とか。)

金ゼルだと時計やメガネも金フレームか!?となったりするので、個人的には透明プラセルのものも展開してくれる日を楽しみにしています!(銀セルも需要ありそう!)

エイジングはまだまだこれから!

ノヴァーリスはこれから数十年履き込むことを想定された靴ということで、エイジングはまだまだこれから。1ヶ月ちょっと履いたくらいでは変化はほとんど見えません。笑

これが現在。

これが1ヶ月前。

9割9分9厘変わりません。笑

シワが若干深くクセがついた?角度の問題のような……。

これもノヴァーリス・ゲレンデのタフさゆえ。この1ヶ月、ケアは着用毎のブラッシングと防カビを意図して軽く1回レザーキュアを塗ったくらいです。

ワックスとか入れればパッと見は大きく変わると思うのですが、とりあえずナチュラルに育てていこうと思います。バインダー系って厚化粧すると雨で化粧が崩れて見た目が損なわれるので、結局機能を損ねる気がしています……。

チャーチのシャノンにクリーム塗りまくっていたところ、雨に当たると結局まだら模様になってしまうので懲りました。結局ステインリムーバー→クリーム塗り直し、という目に遭います。以来バインダー系はナチュラルメイク派です。

総評!ロリスローゼンミュラーは一家に一足、間違いなし!!

というわけで、ロリスローゼンミュラーのノヴァーリス・ゲレンデを1ヶ月着用してきてのレビューでした。

総評として、コンセプトの1つである「あらゆる時に、あらゆる場所で」はかなり高レベルで実現していると感じる1足です。

また、これまたコンセプトの「あらゆるカジュアル服に合わせて」という言葉の通り、合わせる服装を選ばないのも良いところです。

履き心地もデザインも好きなのに、合わせづらいばかりに出番が少ない靴、というのも手持ちにあるので……。

彩度?赤み?何か難しい1足

一方で、タフさゆえにエイジングはかなり時間をかけて見ていく感じになりそうです。まだ1ヶ月ですが、ぜんぜんヘタるような気配が感じられません。ウン十年履くことを見越して作られているのだから、そりゃそうだ、と思っています。

なんにせよ、とりあえず履いておけば良い靴、というのがあると精神的に楽です。何合わせようかな?とか考えずに服を着て、天気予報も気にせず、とりあえず履いていけば良いので余裕があります。

ブーツも出ないかな〜などと思いを馳せつつ、歩みを進めていきたいと思います!

や、短靴の宿命で、履き口から雨水が染みるのだけは如何ともかしがたいので、ブーツがあればなと……もともと着想元のロリスブーツはそのままブーツだったわけですし……ん?これブーツくる!?いつかブーツくる!?

今日のモディファイ!

ブーツ、出ないかなぁぁぁぁぁぁ!

(出たとして靴貯金に励まねば……)

2件のコメント

  1. お疲れ様です!見れば見る程欲しくなる記事を書きますねぇ~!!??ンギギ…オカネ、ナイ(遠い目)。

    記事の内容に関係ないお悩み相談的な内容で恐縮なのですが、ずっと前からシボ革のワイルドな革靴が欲しいなぁと考えていたのですが、これだ!と思うものがなく、あっても高ァい!となってしまい…オーダーした方が早いんじゃないかと考えているのですが、オススメのブランドや工房に心当たりありませんか?ぜひもでぃふぁいどさんのご意見聞きたくて…。

    簡単に言えばEGのドーヴァータイプのスキンステッチUチップを、ゴリゴリのワイルドシボ革(orカンサビルなど野性味溢れる革)で、ダブルソールのリッジウェイで作りたいのですが…オーダーできるお店が沢山あって、どこに頼めばいいやら…。

    15万円前後で上記の条件を満たせるオーダーが可能なところってありますかね?というかもう、価格抜きにしてもでぃふぁいどさんのオススメを聞きたいです!!お金は頑張って貯めればいいのですから!!!

    年末のお忙しい時にすみません…お時間ある時にご教示いただけますと嬉しいです!

    1. 服の細道様
      コメントありがとうございます!
      ご相談もとい靴談義はどしどし募集中です!!

      さて、シボ革リッジウェイのスキンステッチUチップですね!!どこでも履いていけそうでステキです!!

      天候問わずどこにでも履いていけるということは、数足分の価値があると言うことで、ここは奮発しましょう(悪魔の囁き)

      LIGHTBULBのアンバサダーとしてはLIGHTBULBをおすすめしたいところですが、LIGHTBULBには今のところスキンステッチUチップないので……(ビスポークならできますが!)

      案1)REGAL TOKYO9分仕立て
      リーガルのフラッグシップであるREGAL TOKYOの9分仕立てラインでスキンステッチUチップをハンドソーンで作ってもらえます。
      名門リーガルの看板背負った専属のビスポーク職人さんの作なのでクオリティは言わずもがなです。
      ここは靴の履き心地はもちろん、とにかく作りも丁寧ですし、店員さんも本当に靴が好きで、高級靴ブランド以上の接客だと感じます。銀座にしかないですが、とても良いお店なので機会あれば、全靴好きに立ち寄ってみていただきたいと思ってます。
      カンサビル的革があるかは相談になりそうですが……。
      アメトラもお好きなようなので、リーガルでガチなスキンステッチを作ってしまうのも一興かと思いました!
      15万+スキンステッチオプション+シューツリーお好みで、といった価格感だったかと思います。(最近は他が高くなってきたので相対的にお得な気がしています)

      最近instagramのアカウントにもUチップの写真が上がっていたのでよろしければご覧になってみてください。

      案2)EGのDover
      ひとつ気になるのが、スキンステッチUチップ欲はドーバーを入手しないと収まらないのでは?と言う点です。似た靴はたくさんありますが、「やっぱドーバーだよなぁ」と感じてしまうことは個人的に多々ありますので……。
      そしたら2足目以降にドーバー行くよりも、最初からドーバーもアリかと。ご所望のモデルがあるかは運次第、かつ価格的にはかなりしんどいですけど……。
      (ドーバー1足買ったら2足目も欲しくなるのはあるあるですが、責任は取りません!)

      その他、スキンステッチの技術がすごいのはSantariさんという話も聞きます。価格感的にはJOEWORKSなんかも視野に入ってくるかと。(両方履いたことがなくすみません……)

      あとはいっそ、セミビスポーク的MTMとか……kiyo udaさん(当時の価格)なんかはドーバーと遜色ない価格で作れてしまったり……
      革的にもデザイン的にも履き心地的にも理想の1足が作れると思います!

      ご参考になれば幸いです!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください