JohnLobbのWilliam92レビュー!【そもそもWilliam”92″って?編】

人生3ウィリアム目です。ばかだなぁ……

2足目のジョンロブもウィリアム!

昨日の開封記事で「ジョンロブの1足目はWilliamだよね!」ということに触れました。

で、2足目もウィリアムだよね!というところまで来ました。

大丈夫ですか?ついて来れてますか?ちょっと難しかったですかね??

1足目もウィリアムを買うべきだと思うなら、2足目もウィリアムだっておかしくない、ということを言っています。

もでぃふぁいど は基本的に頭はあまりよろしくないということで大丈夫です。気楽にいこうぜ。

John Lobb William92!!

タイトルで既にネタバレしていますが、このウィリアムは2021年発売の限定モデルです。2021年はウィリアムの販売75周年ということで、

  • 0015ラストを使用したWilliam
  • コテージラインをイメージしたWilliam92
  • 実はホールカット&パティーヌのWilliam75

の3モデルが展開されました。

で、これはWilliam92なので1990年代前半〜2004年くらいまでジョンロブで展開されていたカジュアルなライン、コテージラインのウィリアム ノルウィージャンを現在の解釈で復刻したモデルです。

ん?どっかで聞いたことがあるな?その話?

パラブーツで良いじゃん!

そう思ったアナタは正しく革靴好きです。ジョンロブのコテージラインはパラブーツやエシュンと言ったフランスのメーカーに製造委託されていました。

2010年からはParabootによってコテージライン版ウィリアム(ウィリアム ノルウィージャン)が復刻され、現在でも人気の1足です。というか超良いですこの靴。

そもそもパラブーツなら新品の価格で比べたら2分の1以下ですからね。超お得です。

なので、もでぃふぁいど もWilliam92の存在を知ったときは「パラブーツのウィリアムを知らない人、もしくはジョンロブが熱狂的に好きな人が買う靴だな」と思ったもんです。

靴好きはパラブーツで買った方がお得なことを知ってるじゃん?誰が買うのよこのWilliam92!!

はい、私です。私でした。

Why William92?

そこまで知っててなんで買っているのよ?という話になると思います。ここはほぼ妻に対する言い訳とイコールのものを書く欄です。

も「いやだって、同じ靴あるよね?」

も「全然違う靴だよ!!!」

も「同じだよね?」

も「……同じです」

と自分でもなりそうなところ、買った当時に考えた言い訳をつらつらと並べていきます。

これがアガリの1足だから!

ウッソだぁ〜と思った方、その通りです。実際ビスポークサンダルとか頼んでますし。まぁでも聞いてってください。

ParabootのWilliamを履くにつれて、この1足はめちゃくちゃ便利だなということが年々実感されるわけです。

先に挙げた記事にも書いたとおり、

  • 履き心地が良く長距離歩けて
  • 何にでも合わせやすく
  • 雨にも強い

というのは、実用靴としては最高なわけですよ。悩んだらWilliam。とりあえずWilliam。そうやってウィリアムを履いてって後悔したことなど1度もありませんでした。

そう、パラブーツのウィリアムは最高なんです。1足いかがです?梅雨時にも重宝しますよ?この靴5万切ったら世界一コスパ良い靴だと本気で思いますよ?


無垢な革靴好きをウィリアム中毒に誘ったところで続きを書きます。

ただひとつ、ウィリアムで納得できなかったのはサイズ感と素材感です。

2つでした。算数苦手でして。

サイズ感は半ば諦めてもいたのですが足との相性もあり、ビルケンシュトックのインソール入れたりNew Balanceのインソールを入れてみたりとやりたい放題の状況でした。笑

って写らないように撮ってやがる

素材感は良し悪しが気になるようなレベルではなく、実用はもちろん磨いてても楽しい良い革が使われています。

が、より高価格帯の靴と比べると若干革が薄い感じがします。だからこそ足馴染みも良いわけですが、なんか物足りない気もありつつ、ということで良し悪しではないという書きかたをしています。

そりゃこの価格でやってんだから高価格帯と比べりゃそりゃそうよ!!という話です。これも半ば諦めていたのですが、そんなところに現れたのがこのWilliam92でした。

  • ラストはジョンロブ版ウィリアムのスタンダードである9795
  • ジョンロブらしい上質で肉厚な革

9795ラストは特筆すべき特徴はないものの素直な履き心地のラストです。ガッシリ足を包み込むクラシックな木型とも言えるでしょう。パラブーツ版に比べてドレス寄りな木型ですが、それも上品で良いかと。

肉厚な革……は結果的にはそうだったものの購入段階では断言できず。しかし天下のエルメス傘下であるジョンロブがレザーで妥協するとは思えません。(ここはブランドバリュー/ロイヤルティですね。)

この項だけで妻は「もう好きにしたら」という感じでしたが、皆様も同じ感想かと思います。

ので、好きにしました。

まぁ要は世界最高と思っていた靴の上位互換があり、ゲーという感じの価格なんだけど、基本的にアガリの靴棚の一角を占めるのは間違いない1足と判断したということです。

ちなみに小見出しを作ってこの項書き始めたものの、William92を買う理由としてはこれが全てです。

さて、想定外にここまでで長くなりましたので外観レビューは明日にして、とりあえずそれっぽい写真でお茶を濁してこの記事は締めます。

今日のモディファイ!

結局何にでも合わせやすくって、いつでも履いていける靴っていうのは「この靴こそが自分を表す1足」「自分のアイコン」たり得ると思います。皆さまのアイコンシューズはなんですか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください