パラブーツ1足目なら迷わずWilliam!!!!!Paraboot随一の万能選手!!

Pocket

シャンボードを買う前に読んでいただきたい!

別に皆が履いているから、人気だから履きたいんじゃないんです。
自分で(色々理由をつけて)選んだ、ということが大事なんだと思う、もでぃふぁいど です。そういう人間なんです。


さて。今日は1足目のパラブーツを悩む方やウィリアムってどうなの??という方に向けて。

パラブーツっていい靴なんだって??どこのセレクトショップにも置いてあるし、店員さんにもオススメされたし、、、そして1足目に買うなら、まずシャンボードらしい。。。

パラブーツ シャンボード

これがウィリアムに足を通す前のもでぃふぁいど でした。
いやだって、ウィリアムとかほとんど情報出てこないし。検索して出てくるページもなんなら結構適当なこと書いてあるページもあるし。。。


そこで、もでぃふぁいど がしっかりとウィリアムの真実を伝えたい!!!

そしてこの名靴をもっとみんなに知ってほしい!というかウィリアム履けばみんな生活が豊かになる!!!という記事です。笑

ウィリアムを何故1足目に選ぶべきなのか、、、シャンボードとの比較も交えながらアッピルしていきたいと思います!!!


の、前にまずパラブーツとは!!詳しくはこちら!

パラブーツは、フランスの伝統ある100年越えの靴ファクトリーです。

簡単に言うと、とにかくタフながら、とても歩きやすい靴を作っています。

ウィリアム物語!!

靴好きの間でウィリアムと言えばズバリ、ジョンロブの元祖ウィリアムです。


送料無料 JOHN LOBB ジョンロブ ドレスシューズ ブラックウィリアム WILLIAM228032L 1R メンズ


ウィリアムが生まれたのは1945年、当時ジョンロブはビスポーク(靴のオーダーメイド)界の頂点を極めていました。
その名声はイギリス王家にも届き、、、ある日お洒落の天才ウィンザー公からオーダーを賜ることになりました。ビスポークなので当然デザインは自由です。

ウィンザー公ことエドワード8世。カッコよすぎる、、、


そんな中、トップ・オブ・ザ・シューメイカー・ジョンロブの2代目経営者ウィリアム・ロブ氏がウィンザー公に提案した靴こそダブルモンクストラップのブーツ!!!


ジョンロブ John Lobb WILLIAM 2 ウィリアム2 ダブルモンクストラップ レザー チャッカブーツ シューズ 靴 ブラック [メンズ] WIL2BO2FL 9795R【通常259,200円→超SALE129,600円】

これが後々短靴となり、世の中にスタンダードとして受け入れられ、既成靴になった際に、生みの親であるウィリアム氏の名前を冠したモデルとなったのです。ううう、、、もう泣ける。。。

さて、じゃあパラブーツのウィリアムは贋物なのかというと、そういうわけでもありません。
ジョンロブが既成靴に進出してしばらくが経ったころ、コテージラインというカジュアルな靴のラインナップを展開したことがありました。

とはいってもジョンロブは純然たるドレスシューズメイカー。カジュアルなデザインの靴を作るのには苦労があったのでしょう。

そこで、当時から高い技術力とノウハウを持つパラブーツに白羽の矢が立ち、OEM生産を委託することになったのです。

そこで生まれた靴がパラブーツ版ウィリアムです。

しかし、ジョンロブはやはりドレスシューズに注力するためか、コテージラインを打ち切ってしまいます……。

……パラブーツ版ウィリアムの運命は一度はここで決しました。歴史の1ページとして、あえなくこの世から消えてしまったのです。。。

しかし!!!世界中の靴マニアの間では綿々と語り継がれていました。

ジョンロブのコテージラインにあったウィリアムはどうやらパラブーツが作っていたらしい……。

それは履き心地が良く、タフで、しかもどんな服装にも合わせられる最高の靴だったらしい。。。


手に入らないものへのマニアの渇望たるや半端ないパワーだったのでしょう。

このように世界中で根強い復刻の要望があったことから、2010年パラブーツから(きっと様々な権利上の困難を乗り越え)パラブーツ版ウィリアムが復活しました!!!

今度は誇らしげに緑のパラブーツタグをつけて!!!(OEM生産では受託側は自分のブランド名を表には出せません)

クリームで色が暗くなっちゃって全然写らないタグ、、、オイルドコットンてやつですな!

そう、つまり、パラブーツのウィリアムはダブルモンクストラップシューズの王様の名前を冠した、いわばジョンロブ版ウィリアムの兄弟靴であり、そして一度は歴史の闇に葬られながらも世界中のファンに支えられ地獄の底から這い上がって来たヘラクレス級の名靴だったのです!!!

やったぜ!!!復活祭だ!!!!!!!!

さて、で、ゴタクはわかったと。実際どうなんだと。いってみましょう!

スクープ!!これがウィリアム4大秘密!!!


1.無敵の合わせやすさ!!!デザインの妙!!!

2.無敵のパラブーツ謹製!!!マルシェⅡソール!!


3.歩きやすい木型!!!足入れ感良好!!!


4.着脱の容易さ!!!ありがとうストラップ!!!

1.無敵の合わせやすさ!!!デザインの妙!!!

ウィリアムはすごいんです。冠婚葬祭とスーツを着るべきとき以外の日常生活は全てこれ1足で事足りる汎用性を持ちます。

履いていける、のではありません。どのシチュエーションでも最適解足り得るのです。


まず全体の形はソールにボリュームがありながらもアッパーはパラブーツの他の靴に比べ抑揚が効いていて意外と小ぶりでスリムです。

デザイン各部を詳しく見ていくと。


まずストラップ。これは飛行士のブーツ、アビエイターブーツに着想を得たミリタリー色の強いデザインです。

外している状態です


そしてトゥキャップ。これはストレートチップ(キャップトゥ)にも見られる、ドレスシューズに用いられるようなフォーマルなデザインです。(さらに源流をたどるとミリタリー由来のデザインです。ストラップとの一貫性も見て取れます。)


さらに、パラブーツならではのリバースウェルトやソール回り。これは登山靴由来のカントリーテイストが強いデザインです。

ちなみにジョンロブ版ウィリアムもダブルソールやヒール周りまでウェルトを備える360°グッドイヤーウェルト製法で作られる等、ソール回りでカントリーな意匠を拾っています。

かしこまり「すぎない」ドレスシューズであったジョンロブ版ウィリアムを、さらにカントリーな意匠でカジュアルダウンしたのがパラブーツ版ウィリアムと言えるでしょう。日常生活には最適なアイテムなのです。

様々な要素を持ち合わせつつも、出自から言ってデタラメにならない。すべてが高次でまとまり唯一無二の「ウィリアム」というデザインになっている。。。だからどんな格好にも合わせられるのです。そして履き心地も良い。最強か。

例えば。2018年現在トレンドのセットアップに合わせたとします。インナー以外はほぼスーツの状態ですから、ここに本家ウィリアムを合わせると、いささかキメ過ぎ、仕事帰りにYシャツだけ変えた人、みたいになってしまいます。本家は立派なドレスシューズですからね、、、
でもここにパラブーツ版ウィリアムなら、抜群に合います。ソールが目立ちますから、仕事用の靴には見えないのです。なのでウィリアムの色で遊んでも大丈夫でしょう。黒いウィリアムだったらインナーで結構遊べますね。

逆に、Tシャツにジーンズ、みたいなラフな格好にもウィリアムは合います。ここにスニーカーだと子供っぽいというか野暮ったいというか、、、ですが、履きこんで磨いたウィリアムを合わせれば、こなれ感!!あくまで革靴、そしてドレスシューズの形をしていますから、足元だけでもドレス感を担保できます。

ポロシャツ、ジーンズ、ニューバランス!なパパさん、足元をウィリアムに変えるだけでグッとお洒落さんですよ。同じくらい歩きやすいですし。

ウィリアムは様々な要素を兼ね備えているので解釈が効くのです。
全体がドレッシーなキレイ目コーデであれば、ハズし、カジュアルダウンのキーアイテムとして。
全体がカジュアル目なコーデであれば、キメ、ドレスアップのキーアイテムとして。
足元という目立つ箇所にあるからこそ、どちらとしても作用できるのです。

そのほかにもミリタリージャケットなんかと合わせてみてもウィリアムのミリタリー要素とリンクして素敵ですし、フランス繋がりでバスクシャツでもおしゃれだし、シャツに革靴(ウィリアム)でもキメ過ぎにならないし。

ボトムスだってなんでも合います。ユニクロで売っているもので合わないものは存在しないんじゃないか?(ユニクロ、ベーシックアイテムはホント強いです)

ひとつ気をつけるとすれば、靴にボリュームがありますから、全体としてAラインを狙うとき以外はボトムスの裾にクッションがでないようにすると合わせやすいです。


このようにウィリアムが何にでも合わせられるのに比べ、シャンボードだとUチップ、モカシンと言われるカジュアルな形に加えて、さらにポッテリしているので、キメ・ドレス要素としては弱いんですよね。。。
どちらかというと、シャンボードはハズし、カジュアルダウンに使えるけど、カジュアルにはなりすぎない、、、みたいな、弱いカジュアルダウンアイテムです。

意外と上手く合わせるのは難しい。とりあえずジーンズに合わせられるけど、その他は意外と難しいです。

ウィリアムのキャップトゥとスリムでソリッドなフォルムがミソなのです。

2.無敵のパラブーツ謹製!!!マルシェⅡソール!!

二つ目はマルシェⅡソール!!!
パラブーツのルーツはむしろソールにあります。

パラ港から出荷される天然ゴムでできたソールを使ったブーツ、でパラブーツなのです。マルシェⅡソールはこんなパターン。

http://boq.jp/

これは踏み込んだ際にかかる荷重をソールの外側へ分散させるためのパターン設計となっています。

その歩き心地はクッショニングに優れ街歩きには最適。適度に重みもあり、自然と足が前に進みます。

その一方でしっかりと刻まれたパターンのおかげで悪路でも滑ることなく踏破できます。

パラブーツの理念「一歩ごとにうんぬんかんぬん」が具体化したソール、そして靴なのです。

シャンボードに使われるパラテックス(PARA-TEX)ソールとの違いはかかと部分。パラテックスソールははかかとは別パーツになっており、接着剤で後付けされます。

http://boq.jp/

この接着剤が、、、湿度の変化に弱いらしく、劣化するとかかとが剥がれることがあるらしいのです。欧州は湿度変化が大きくないので問題なかったですが、ここはファーイースト・ニッポン。。。湿度変化はんぱねーのです。欧州車なんかでも、え?そのパーツ樹脂製なの?日本車では金属だよ?なんてことがあり、湿度変化で劣化してポッキリ、ウインドウが閉まらないぜ~なんてことが起こりますね。

もでぃふぁいど のシャンボードはまだ平気ですが、内心ちょいビビッています。そんなに症例が多いものではないのかもしれないですし、今は改善されているかもしれませんし。

さて、一方のマルシェⅡソールはかかとまで一体成型なので、かかとが外れる、ということが物理的にありえません。ただし減ったらオールソールか、なんか盛る感じで修理か、、、という選択を迫られます。なかなか減らないですが、いざそうなったらどうしようかなぁと思案する日々です。でもかかとが外れる心配よりはかなりいい!!!

3.歩きやすい木型の採用!!!足入れ感良好!!!

これはシャンボードと比べると顕著なのですが、、、
パラブーツの木型/履き心地ってあんまり語られることがないのですよね。それは結構「投げやり」な履き心地だからです。笑

靴を作る際には平面的な革を足を模した木型に沿わせて伸ばすことで立体的な靴の形にします。

足にどのようにフィットさせるか、という設計理念によって木型の形は様々です。土踏まずでフィットさせるもの…履き口でフィットさせるもの…甲でフィットさせるもの…などなどです。

さて、では何故パラブーツの木型が投げやりかというと…

そもそもルーツに登山靴もある靴なので、木型の設計理念が「厚手の靴下に合わせる用」となっているためです。カントリーシューズにはよくあることです。

厚手の靴下であれば甲は高くなるし、靴のかかとが大きくてもまぁ、フィットする。
そんな感じでシャンボードの履き心地は、たまーにほんのり土踏まずへのフィット感を感じるか、、、あとはなんか成り行きで足を固定できている、って感じです。

バリ閉じきってます

だからシャンボードのネット上での評判は「甲高すぎwwwフランス人あんな甲高いのかよwww」「着用初日www羽根閉じ切ったったwww」「かかとデカイwwwすっぽ抜けるわこんなんwww」という感じに近所の川のの土手ばりに草ボーボーなのです。

そもそも普通の靴下で履くことは想定されていないんです。。。

そんなわけで、靴マニアからすると、正直ウエストンやオールデンなどの他のブランドに比べてフィット感という意味での履き心地は微妙なんだよなぁという評価になりがちです。

が、ウィリアムは違う!!!!!!!

木型がコテージラインだったころと同じかまではわかりませんでしたが、シャンボードとは明確に違います。

まず土踏まず。意外と絞ってあります。しっかり足を固定できるくらい。そしてかかと。程よく小ぶりでめちゃめちゃついてきます。食いつきがいい、というやつです。歩いてもすっぽ抜けません。

そして捨て寸。足が入り込まない余裕の部分(捨て寸)もシャンボードより長いです。
シャンボードでサイズを合わせようとすると、靴の甲が高すぎる/かかとが大きすぎるから小さいサイズに、、、あれ?今度は指先が当たるぞ???あれ???足に合わない??となりがちなところです。(指が当たると足へのダメージがデカいので甲を妥協することになります)

ウィリアムは捨て寸が長く、サイズを下げてもつま先が靴に当たりにくいです。木型自体も小ぶりで、フィット感もよく、シャンボードよりも適切なサイズを選びやすいです。

もでぃふぁいど はシャンボは7で履いています。甲はやっぱり当初から閉じ切り、、かかとは若干緩いです。笑

そして厚手の靴下を履くと親指側面があたってくるという。。。


ほかの一般的な英国靴も7E。オールデンは7.5~8.0Dといった足で、実測は左25.2cm、右25.4cmです。
そんな、もでぃふぁいど ですがウィリアムのサイズは7!!!
馴染み切った今では程ゆるフィットでコンフォータボーです。

そういう意味でも履いて行きやすい靴だなぁと思います。ちなみにFはウィズ(幅)ではないので、他のウィズ展開はありません。ランスとか7でウィズが狭められればなぁ。。。まぁウィリアムが最高だからいいんだけれども。

ちなみに、ウィリアムのフィッティングをさ・ら・に向上させる裏技についても書きました。

4.着脱の容易さ!!!ありがとうストラップ!!!

ウィリアムがウィリアムたる所以、ストラップです。これのおかげで着脱が楽!!!か、どうかは工夫次第です。

改めてストラップさん

パラブーツ版ウィリアムはカジュアルダウンしながらも機能に妥協はありません。

よって、ストラップは革で固定するタイプです。
脱ぎ履きの際は、いちいち上側のストラップを外すことが必要になります。手間が増えた分、フィット感は良好です。(ここがエラスティック(ゴム)の場合は伸びてしまうとフィット感が悪くなります。また、歩行の際結構伸縮しているので、靴/木型自体のフィット感が生かせなくなります。)

ただし、意外と上のストラップは外したままでも歩くことができます。イタリアではストラップを外すこと自体をハズし/カジュアルダウンのテクニックとして使ったりしますしね。(洒落者の国は違うなぁ。)
ともかく、脱ぎ履きが多い時はいっそ上のストラップを留めないでおくことでスムーズな着脱が可能です!でも靴ベラは使いましょう!そして、隙を見て、信号待ち/電車待ち/車の中、そういったタイミングでストラップを留めればOK!!この工夫で脱ぎ履きの多い国ニッポンでも快適に暮らすことができます。

そういえば、ダブルモンクストラップというデザインですが、出自からしてデザインシューズの一種と言えば一種なので、冠婚葬祭には向きません。
シングルモンクストラップは名前通りもともと修道士(モンク)の靴がルーツであり、ある程度のフォーマルさを持っているとされますが、ダブルモンクストラップは、どう考えてもその延長線上にないのです。名前はそうなんですけど、、、
たまーに冠婚葬祭まで使える靴なのでぜひ!みたいな売り文句を見かけるので、補足でした。ダブルモンクの良いところはそこじゃない!そこじゃないよ!!!
というか、冠婚葬祭にはシングルモンクでもなく、レースアップ(紐靴)を履いてほしいなぁ。そこでサボらないでほしい。笑

そんなわけでパラブーツはウィリアムのレビュー、というかモーレツなオススメでした。


雑誌や店員さんにめちゃめちゃに推されるシャンボードに比べてマイナーな靴なのですが、「語れる靴」としてのポテンシャルはウィリアムが圧倒的に上です。もでぃふぁいど が店員だったらウィリアム推すのになぁ。(突然こんだけ語られたらドン引きですけど)

どこのセレクトショップ行ってもシャンボードなんだもん。

「別注しました!シャンボードです!!!」またかよ!!!!みたいな。

みなさん、ウィリアム、履きません?もでぃふぁいど は超履きます。

結果ぐっしょりすることも…

あと、この手の権利関係がややこしそうなモノは、ある日、一瞬でラインナップから消えることも考えられます。笑
もでぃふぁいど がバイトしてたコンビニの自社商品で、ある冬、突如現れた新商品の「グラタンコロッケバーガー」、一瞬(2-3日)で消えたもんな。どう考えてもM社のパクリだもんな。当時学生でしたが社会における大きな力を感じたものです。

なのでウィリアムもとにかく売っているうちが華!!現代に生まれ、履けることに感謝!!!買いどきはいつだって今!!!

今日のモディファイ!!!

歴史に翻弄され、一度は闇に飲まれながらも復活を遂げた不死鳥!!!どんなスタイリングにも溶け込み主人を支えるパラブーツ最初の一足はウィリアムで決まり!!!その命、輝いている間に、買って履いて磨いて、謳歌せよ!!!次の復活は1000年後かもしれません!!!!

もでぃふぁいど のウィリアムはグレインコニャック!!エイジングも楽しいし、雨にも強い心強い相棒!!!


パラブーツ ダブルモンク ウィリアム グレインレザー コニャック (Paraboot WILLIAM GR COGNAC)

雨に強いのか?チャレンジはこちらをどうぞ。

黒だとちょっとドレッシーで逆に使いにくい気もします。黒が好きならいっそジョンロブ版ウィリアム!!!


JOHN LOBB ジョンロブ WILLIAM 2 ウィリアム2 レザーソール ダブルモンク BLACK CALF ライニング:ブラック (LAST 9795)【Fitting E】 ≪UK直輸入・正規品≫

3件のコメント

  1. こんにちは。
    ウィリアムの記事、とても楽しく拝見させてもらいました!

    ちょっとお聞きしたいのですが…ウィリアムとても欲しいのですが、自分のコーデって冬はマウンテンパーカーが基本なのですが、ウィリアムはスポーツテイストには合わないですよね? 合うような服買えよって話なのですがσ(^_^;)

    1. コメントありがとうございます。
      ウィリアムですが……合わない服はありません!!と今改めて感じます!(もちろん個人の好みはありますが……)

      パラブーツ全般に言えますが、レザーソールの革靴より、スニーカーに近いソールなので、スポーティな要素も拾えます。
      また、特徴的なウェルトも本来は登山靴向けの意匠なのでマウンテンパーカとの相性は抜群ではないかと!!

      マウンテンパーカに普通の登山靴を合わせてしまうと、「山行くの?」となっちゃいます。
      が、ウィリアムはソール周り以外はドレッシーな要素でできているので、ちょうどいい感じに登山要素を拾いつつ、登山家にはならない。
      むしろ、マウンテンパーカに合わせるには最高なんじゃないでしょうか!!

      むしろ、私もマウンテンパーカ買って合わせたいです。笑

      ご参考になれば幸いです!

  2. ご返信ありがとうございます!
    まさかこんなご丁寧に説明してくれるとは… 感動です…

    とても参考になりました!!
    ウィリアムのコーデで検索しても、コートやジャケパンスタイル?ばっかりで悩んでました。
    これで迷いなく、ウィリアム買えそうです。 是非、もでぃふぁいど様もマウンテンパーカーと合わせて画像載せてほしいものです 笑

    ありがとうございました!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です