モディファイドラストのオールデンをスリッポン化してみた!〜ゴム紐のススメ

ズボラールデンの誕生である

重宝しまくりのオールデン!

レアカラーがあれど、#8やブラックのコードバンがあろうと、なんだかんだ普段使いしがちなのはカーフのオールデンですよね、という話は1度ならずとも聞いたことがあります。皆さんはいかがでしょうか?

もでぃふぁいど はグレインレザー(アノネイ社アルパインカーフ)のモディファイドラストの外羽根パンチドキャップトゥを昨年購入して以来バリバリ使い倒してます。

降水確率20〜30%くらいの日だったり、なんなら朝起きて曇りの日には天気予報ノールックで履いていけたりっちゅーのはとっても気楽です。

人間、判断するのってストレスです。「それでも晴れ用の靴を履いていく!」なんて決断して雨に降られようものならやりきれないですよね。

そこでこのグレインレザーのオールデンですよ!!!

……という記事は上の通り既に書いたのですが、実は使い倒しているのには理由がもう1つありました。

オールデンのスリッポン化に手を出しているのです。

オールデンを禁断(?)のスリッポン化!!

タネ自体は簡単なもので、靴紐をゴム紐に変えて結びっぱなしにしておけば、脱ぎ履きのときにいちいち紐を解いたり結んだりしなくていいよね、というだけのシロモノです。笑

伸び伸び

しかるに何が禁断かというと、モディファイドラストはカカトと足の前半分はフリーで、土踏まずと甲で足を挟んで固定する木型なので、伸び縮みするゴム紐を使うと甲も緩くなってガバガバになっちまうのでは?という懸念からです。

エラスティックが入っているタイプのモンクストラップを履いている方はわかると思うのですが、足を蹴り出す時に多少なりともゴムが伸びている感覚ありますよね。

同じことをモディファイドラストでやってしまったらもう収拾つかないのでは?

……と思いつつ試し続けて1年ちょい、特に問題がなさそうだということがわかったので今回記事にしてみたわけです。

そもそもモディファイドラストのシングルモンクストラップ(1878等)が存在している時点で「大丈夫なんだろうな」とは思っていましたが、思っていたよりずっと大丈夫でした。

スリッポン化オールデンの感想!

スリッポン化のメリット!

  1. 脱ぎ履きが圧倒的に楽!!!

当たり前ですが脱ぎ履きは圧倒的に楽になりました。履くのは靴べらあればすぐです。ただし靴べらなしとなると、紐を解くのは普通の紐より面倒です。伸びるので。頻繁に脱ぎ履きする予定があれば、靴べらはマストアイテムになります。

スリッポン化のデメリット!

  1. フィット感は若干落ちる

フィット感はどうしたって落ちます。足を蹴り出すときに、紐が伸びてカカトが少し抜ける感覚があります。この状態のが

左足をゴム紐、右足を普通の紐で1日過ごしてみましたが、感覚的には履き心地1割減といったところ。とはいえゴム入りモンクストラップが許容範囲の方なら特に問題ないかと思います。

  1. 履くときにシュータンが詰まることが

もともとスリッポン用の靴じゃないので当然ですが、モディファイドラストは意外と履き口が小さいので靴べら使って足を滑り込ませるとシュータンが奥にいってしまうことがあります。

シュータンを持ちながら履くか、履いた後に引っ張り出すかのどちらかが必要です。紐を結ぶよりは楽ですが少し面倒です。

ちなみに脱ぐときには全く問題はありません。

  1. ゴム紐は調整が難しい

もでぃふぁいど はこのオールデンを緩めに履いているので、羽根は全部閉じる状態でゴム紐を結んでいます。

この状態で足がむくむと、常にゴム紐に締め付けられるような感覚があります。かと言って緩く結び直すと今度は歩くときに踵が抜けやすいというジレンマが。

常に気になる感じではないですが、ふと「キツくね?」となるタイミングはあるかもしれません。

どこでゴム紐を結ぶかはしばらく探り探りになると思います。

感想まとめ!

項目数でいくとデメリットが多くなるわけですが、脱ぎ履きが楽というメリットが圧倒的なのでもでぃふぁいど は結局今もゴム紐での運用がメインになっています。想像以上に便利だったというか、もうなんか戻れないというか。

甲のフィッティングが重要なモディファイドラストのオールデンがイケたので、他の靴も大体いけそうな気がしています。特に羽根が閉じっぱなしのシャンボードなんかは化ける気がします。パラブーツお持ちの方、いかがでしょう?

ゴム紐の探しかた

基本は今靴についている紐の長さを測って、同じ長さのゴム紐を買えばOK。

で、ゴム紐つけるにあたって最も懸念となるのは「安っぽくね?」という部分でしょう。

ゴム紐と言えど、赤白帽のゴム紐みたいのもありますからね。あのしゃぶってビヨンビヨンになるやつ。

平紐でゴム紐を探すとその雰囲気が否応なしにでてくるので丸紐がオススメです。また、ゴム紐が柔らかすぎて伸びすぎると靴のフィット感はガタ落ちなので難しいところ。

結局いろいろ探した上でコレの黒にしてます。表記上65cmですが、セル部を含んでいないのか個体差なのか実測67cm。ちょいと短めですが、羽根が閉じるくらいで結んでいるのと伸びるので無問題でした。


……いやわかりますよ?ビジネスシューズちゃうねんドレスシューズやねんみたいな心境は。それなりに高い靴にこんな安っぽい紐つけんの?みたいな心境は。

ただ実際つけてみるとそう見た目に違和感はないという。どちらかが普通の紐でどちらかがゴム紐……って散々右側(左足)の紐を引っ張ってる写真なんかを上げてきたので今さらですね。あまり違和感ないように見えますがいかがでしょう。

なんなら通しかたも違う、そしてピンぼけ

というか冒頭の時点でそうだったのですが気付きましたでしょうか。もでぃふぁいど には絶対無理だったと思います。

安っぽい感じもあり抵抗感もなかったわけではないのですが、結局便利なので1年つけっぱなしになった上、そんなこと忘れて「脱ぎ履き楽だうほほーい」となっているので実用靴を欲する方は検討してみる価値があると思います!ダメだったら元の紐に戻せば良いだけなので!

今日のモディファイ!

あなたもズボラールデナーデビューしませんか??(もはや原型を留めていない)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。