ジャランスリワヤを磨く!劇的ビフォーアフター&グッドエイジング!!

今日は嫁のジャランスリワヤのビットローファーを磨いていきますよー。

ジャランスリワヤ(Jalan Sriwijaya)!!

ジャランスリワヤ(Jalan Sriwijaya)と言えば、今注目のインドネシアの革靴ブランドです。

100年を超える革靴産業の聖地、イギリスのノーザンプトンで修行をしてきた2代目がプロデュースする本格革靴ブランド!!

2代目が修行中に得たコネで仕入れる革は、あのエルメスが使う革と同じ革製造社、デュ・プイ社の高品質なカーフです。

そして今や大量生産ができる革靴を敢えて手をかけて丁寧に伝統的な製法で作る。

そうして作られたジャランスリワヤのレザーシューズは、手入れや修理をしながら永く履くことができます。

しかも手入れを重ねるごとに革のツヤは増し、新品にはないステキなエイジングをしていきます。

履き心地も、革が馴染み、インソール下のコルクが持ち主の足の形に沈むことでどんどん良くなります。

3万円超ということで、決して安くないアイテムですが、本格的な革靴を履き込んだ身からすると、とんでもなくお買い得なアイテムです。

改めて一足買って本気でレビューしたいなとは常々思っています。ただ、下駄箱がね……靴であふれているモノで……。

過去には3万円のジャランスリワヤの革を20万円近い革靴の革と比べたこともあります。

もちろん全く同じクオリティとはいきませんが、やはりコスパで見れば抜群なブランドだと改めて思います。

ちなみにジャランスリワヤは、スリワヤ通りって意味らしいですよ。本場英国のファクトリーではノーザンプトンの通りの名前を靴のモデル名につけることもあり、それに倣ったのでしょうね。

ジャランスリワヤのお手入れ!!

さて、そんな我が家の嫁のジャランスリワヤですが、気づけば少々お疲れ気味。

嫁のです。

って室内で撮ると全然わかりませんね。

陽光に当てると……

か、かっさかさ……。

(このサイトを普段からご覧いただいている方の靴ではなかなかここまでいかないと思います。笑)

ホント、触っただけで「あ、クリーム入れたい」と思いました。笑

靴のお手入れは、色々なところで言われていますが、基本は肌の手入れと同じです。

シューツリーを入れたら、何かを塗って、豚毛ブラッシングでなじませ、乾いたら次の工程へ。

これが基本です。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

って探してみたら、タイトル内容ほぼ同じな記事が出てきて笑っちゃいました。

今回は、保湿に重点を置いてブートブラックのリッチモイスチャー!!

補色に補色力が強いサフィールのクレム1928のネイビー。(と同等のJ.M.WESTONのクリーム)

保護とツヤ感アップのために、同じくサフィールノワールのビーズワックスを。

結果→グッドエイジング!!

まずは左足(奥)だけ磨いてみた結果です。まずアップで。

明らかに奥の靴の方が色に深みが出て、ツヤも増しているのがわかると思います。

並べてみると……

やっぱり色が違います。ここまで復活するとやりがいがあるってもんです。

そして残りの片方を磨くと……

色が揃いました。

いい感じだったので室内に戻りがてら。カカトにもワックス乗せてます。

うーんいい感じ!!新品にはないツヤ感です。このショットだけなら20万円の革靴ですって盛っても誰もわからないと思います。

というわけで、久々に磨いてみたジャランスリワヤでした。

今日のモディファイ!!!

ガンガン履いて、ガンガンメンテナンスして。道具としては幸せなはずです。(靴数が多すぎてなかなか出番が回ってこない自分の靴たちに申し訳ない……)

3件のコメント

  1. 奥様もローファーを履かれているのですね!

    私の妻も革靴を履いてみたいと言っているのですが、どのような靴を選ぶべきか悩んでいます。
    お手すきの際で結構ですので、下記についてご回答、ご助言いただけると嬉しいです。

    妻も過去にジャランスリウァヤのローファーを購入したのですが、アッパーの硬さと踵の靴擦れの痛さに耐えかねて断念した経緯があります。
    そのため可能な限り痛みを感じずに履きならせる革靴を希望しています。
    これを踏まえ、下記について教えていただけると嬉しいです。

    ①奥様も革靴に慣れるために痛みに耐えるような期間はありましたか?
    ②女性が革靴を購入する際できるだけ痛みを伴わず履きならすのに、お薦めの靴の形、素材、サイズ感など教えていただけないでしょうか?

    なお上記のジャランを購入した際は私がサイズを見たのですが、私は割とタイトフィットが好きなので、その感覚で選んでしまいました。
    少し大きめのサイズにするか、紐で調整の利く靴を選んでいれば、もう少し痛みが少なかったのかなと今は思います。
    こちらも踏まえご助言をいただけると非常に嬉しいです!

    よろしくお願いいたします。

    1. シウタロさま
      コメントありがとうございます!

      1)痛みについて
      やはりジャランは痛かったようです。にもかかわらず最近はインソールを入れて履いているようですので、サイズ的に無理したわけでもなさそうです。
      ただ、もう痛いのはゴメンだと、こぼしていましたので2足目はなさそうです。笑

      2)女性の革靴について
      女性用の靴のラインナップを見ていてグッドイヤー製法の靴がほとんどないことを思うと、グッドイヤー(orハンドソーン)の靴はそもそもあまり女性に好まれないのかもしれません。初期はどうしても痛いし硬いので、、、

      その上で考えると、
      スエード(柔らかい)
      アンラインド(柔らかい)
      外羽根(サイズ調整しやすい)
      シングルソール(返りやすい)

      あたりが楽そうでしょうか。男性用と同じですが……

      女性用で展開しているパラブーツは履いている方も多いですし、履き心地もスニーカーライクでそんなにキツくないかもしれません。

      奥の手としては、リーガルトーキョーでレディース用のハンドソーン(9分仕立て)のオーダーを受け付けているので、そちらで相談してみてもいいかもしれません。

      以上、ご参考になれば幸いです!

    2. 丁寧なご回答ありがとうございます!
      とても嬉しいです!

      >1)痛みについて
      やはり奥様も痛みがあったのですね…それもジャストサイズで。
      当たり前のことだと思いますが確認ができて良かったです、ありがとうございます!

      >2)女性の革靴について
      履きやすさに関しても、やはり男女差は特にないというご見解ですね。
      こちらも確認ができて安心しました。ありがとうございます!
      パラブーツに関してはインスタで女性が履かれているのをよく見るので、履きやすいのかなと思っていたので妻に紹介してみます。
      もでぃふぁいど様のお墨付きがあるなら、自信を持って紹介できます!
      それ以外にも挙げていただいた条件を参考にしながら妻と靴を探してみます。
      リーガルトーキョーの9分仕立てオーダーは、流石に予算が追い付かなそうですが、頭に入れておきます笑

      概ね予想通りのご回答でほっとしました。
      もでぃふぁいど様と考えが一致していて、とても安心できました!!
      自信を持って、妻に靴の提案や妻との靴探しが出来そうです。

      この度はありがとうございました!
      これからもブログ、インスタの更新を楽しみにしています!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。