革質写真比較!VS ジャランスリワヤ!!実際どうなのここの革!?

Pocket

コスパという言葉に弱いもでぃふぁいど です。

何をコストとし、何をパフォーマンスとするかが難しい言葉ですが、、、

今日はジャランスリワヤの質、特に革を比較することでその質に迫ってみたいと思います!!

1.ジャランスリワヤとは!!

ジャランスリウァヤ、とかジャランスリワヤとか、まず読み方からして統一してほしい。笑

最近は色々なセレクトショップや百貨店で取り扱いがありますね。革靴界のコスパ大臣と言えばここの靴です!!そして、質も良いんです!!

ジャランスリウァヤはインドネシアで1919年に創業したファクトリーです。当初はミリタリーブーツを供給していましたが、経営者の息子が「これからは平和の時代だ!」という想いを胸に、靴の聖地、イギリスのノーザンプトンで修行。そしてフランスで革なめし業者とのコネを作ってから帰国!

そして2003年、ジャランスリワヤを始めたところ世界中で大ヒット!!

っというブランドです。

1.1ハンドソーンウェルテッド製法の採用!!

シャレにならない組み合わせ……笑

ハンドソーンウェルテッド製法は文字通り、手縫い(ハンドでソーン)でウェルテッドシューズを作る製法です。

そもそもグッドイヤーウェルテッド製法はこれを機械化し、大量生産できるようにしたものですね。(とは言え、オートメーションではなく、依然として職人技を要求される製法です。)

さて、9分仕立てとも呼ばれるこのハンドソーンウェルテッド製法ですが、グッドイヤーと比べて優れている特徴は2つ!!

①返りが良い

グッドイヤーより構造的に優れている部分です。グッドイヤーはウェルトを縫い付ける際、リブテープといわれる縫いしろをつけます。これが、結構硬い!なので、買った当初の返りが悪いわけです。

ハンドソーンだとリブテープを使わず、中底の分厚い革を掘り起こしてそこに縫い付けるので、底の返りを邪魔するものはありません!

結果、グッドイヤー製法ものより、履き始めの返りが良くなります。

②オールソールしても履き心地が変わらない!

ハンドソーンはグッドイヤーと同様に、底の張り替えができます!

グッドイヤー製法のものはオールソール時に詰め物であるコルクも交換になりますので、オールソールすると履き心地が変わってしまいます。さらば足型に沈んだコルク、となるわけです。

それがまた新鮮で良い!という考えもあります。

一方ハンドソーンは、分厚い革の中底を採用しており、これは交換しないのでオールソールしても履き心地がほとんど変わらない!オールソール、バッチコーイなわけです。

うん、しかしな。露骨なデザイン被りが多いブランドでもありますな。笑

1.2革が良い!!

ジャランスリワヤの靴に使われているのは、デュ・プイ社の革です。タンナー、つまり革なめし業者の世界王者ですね。あのエルメスもデュプイの革を使います。

まぁ、さすがに革にもランクというものがありますので、タンナーだけではなんとも言えないところです。イコール、エルメスと同じ品質の革、というもんではありません。

ジャラン取り扱いの店員さんも言っていました。

「いやぁ、でも、ウエストンとか、ジョンロブには敵わないっすよ。。。」

あなたが言ったら、まぁ、なんというか言い訳できないのですけれど。笑

まぁ、値段が3倍以上違いますからね。そこの差は、どうしても厳然たる差として、あります。

なんだか微妙にネガティブな論調ですが、3万円台で買える靴としてはかなり良い革を使っていると、個人的には思います。ただ、どうしても、こんなにジャラン良いならウエストンなんて買わねー、とは、もでぃふぁいど は言えないです。笑

普通に履く分には良い靴なんです!もでぃふぁいどが靴バカなだけなんです!!

っというのがあって今日のこの記事なわけです。

果たして、どこまで食らいついて来るのか!!!

行ってみましょう!!

2.革質比較!!!

2.1 VS Shetland Fox(REGAL)!

革きめ細かさは抜群です

ちょっとマイナーどころ(失礼)から行きましょう。フォローすると、個人的にはラスト(木型)も革もすごく良いと思っています!!未紹介なんで、また書かなくては。。。

シェットランドフォックスは、リーガルが展開するブランドの一つ。そのあたりはまたに譲るとして、革に関しては日本を代表する靴ファクトリーである、リーガルの巨大なバイイングパワーで良いものを仕入れていそうです。

このケンジントン2に使われているのはKⅡカーフとして、詳細なタンナーや革の名前は伏せられていますが、イタリアで生産されている革のようです。キメがものすごく細かく、足馴染みもしなやか、、、

さぁ比較してみましょう!どん!

左:シェットランド〜、右:ジャラン

きめ細かさはシェットランドフォックス ケンジントン2に軍配が上がります。ただ、シワの目立たなさはジャランスリワヤの方が良いです。個人的には磨き甲斐がありそうな革だなぁと思います。

厚さもジャランの方があり、タフそうです。

2.2 VS EDWARD GREEN

エドワードグリーンのブラックカーフです。エドワードグリーンの革は「でき得る限りの上質を求める」というファクトリーの哲学に基づき、その時々で、一番良いものを使う、とのことなので、これまたどこの革かは定かではないですが、、、

まぁ、値段が値段な靴ですから、厳しい品質管理の上、選び抜かれた革を使っています。

ジョンロブやウェストンに比べると、革質で語られることが少ないファクトリーですが、、、

さぁ比べてみましょう!どん!

グリーンには若干ワックスを乗せているのも効いていますが……

さすがにキメの細かさ、モチモチ感がなんとなくありますね。

磨きの回数の差がもろに出たな……

2.3 VS J.M.WESTON

さて、本日の大一番、ウエストンとの比較です。

革と言えばここ。ウエストンと言えば、革。

ジャランに革を卸すデュ・プイ社もウエストンの傘下だったこともあり、ウエストンとデュ・プイ社のコネクションはめちゃくちゃ強いのです。

ウエストンのボックスカーフはデュ・プイ社の最高ランクの革です。。

比べるのは酷では、という話も出てきそうですが、素直にいってみましょう!

どん!

(ちなみにローファーのベルト、サドルと呼ばれる部分がデュ・プイのボックスカーフで、甲、ヴァンプと呼ばれる部分はアノネイ社のボカルーカーフという革です)

あ。良いんじゃないのこれ?すごい健闘してるんじゃないの?真面目に磨いたら結構すごそうよ?

というか、シャッフルしたらどちらか意外とわからないのでは???

一応別写真でシャッフルしてみますね。

これと

これ

はい、後者がジャランスリワヤでした!!!

まとめ!!!!

このジャランの革質、すごく良い気が、、、

ジャランスリワヤ、恐るべし!革、なんだかんだ良いですねぇ。

シワが大きく入っちゃったジャランの靴とか、中古で良く見るんですが、履く前にプレメンテするだけでもシワの入り方が大きく違います。

適切なメンテを行っていればいわゆる「高見え」シューズとして大活躍するはずです!

結局、ケアしているかどうかですからね、靴は。

他人様の前に出る靴として、ちゃんと手入れしたジャランを履いていれば、まず、恥をかくことはないでしょう!

やってみてから思いましたけど、カーフの手持ちの靴、あんまないのな!!……ジャランスリワヤ欲しくなってきた…….笑

今日のモディファイ!

恐るべしインドネシアの刺客!ジャランスリワヤの靴はやっぱりコストパフォーマンス高い!最高!!登竜門扱いされがちだけれど、もう一度戻りたくなるこの品質!!!なんなら欲しい!!!欲しいよおおおおお!!!

協力:妻のジャラン

ビットローファー良くないですか?しかも、スエード。最高。


Jalan Sriwijaya (ジャランスリワヤ) ビットシューズ DK.BROWN 98689

もろ書いてあって笑ってしまいました。笑 多分アノネイじゃないし!


ジャランスリワヤ/Jalan Sriwijaya ☆インドネシア製/ウエストン風ローファー/新色ダークブラウン/カーフ(アノネイ)【通常価格34,560円】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です