Aldenのモディファイドラストをアーチフィッティングで履いてみた!!8.5C編【履き心地レビュー2】

Pocket

やっぱこれかも!!!!!

マイサイズ変更の経緯!

簡単にこれまでの経緯をおさらいしますと、

年末にmyブランノックデバイスを入手して計測した結果、もでぃふぁいど のアーチ長は8.5D相当あることがわかりました。

今まで履いていたオールデンの54321(Vチップモディファイドラスト#8コードバン)はラコタハウスさんで勧められた7.5D。

モディファイドラストと言えば、アーチの突き上げとも取れる強いサポート!土踏まずのカカトよりのポイントを青竹踏みの如くサポート&マッサージ!!

……と思っていたのですが、どうやら単に小さかった可能性も否めません。

ならば買うしかあるめぇ、というわけで、やってきたモディファイドラスト8.5Dのマイオールデン。

念のためですが、単純にデカ目のオールデンを買えばアーチフィッティングになるわけではありません。個人の足の特徴にもよるので、計測した上で試されるのが絶対オススメです!!

からの次の1足が届いていますのでそのレビューですです。

+1サイズ1ウィズ下げ!!履き心地やいかに!?!?

というわけで、このVチップは8.5Cのモディファイドラストラストです。初Cウィズオールデン!!

超見覚えのあるフォーマットに則って書いていきますが、自分のコンテンツだ、パクって何が悪い!!(単に手抜きと言います)

というわけで各部フィッティングを見ていきましょう。

カカト!

浮きま……せん!!

良い感じにフィットしてます。ただ、履き慣らしでカカトがゴリゴリいくような感じではなく、やさしくフィット。フィットはしているけれど、フィッティングの要ではないというか。

下の写真の通り、ある程度絞られており、これがまた良い塩梅です。

B品なのでドッグイヤー部分にパッチがあります。

8.5Dのものより、より一般的な革靴のフィッティングに近くなった印象があります。

歩き心地としては、やはりギアといった感じ。足と一体化するものではなく、あくまで歩きやすくするモノ、保護具。守って守護オールデン!!そういう感じで、ひとつ。

ボールジョイント!

これまたストレスフリーです。Cウィズでもフリー。そりゃDウィズでは何も感じないわけだ。

どっちもCウィズなんて信じられない図

いわゆる高級靴と言われる多くの靴は、ボールジョイント(指の付け根)に幅を合わせることでフィッティングを安定させています。

ボールジョイントは足の中で最も幅が広い部分だからです。

そのためタイトな靴を慣らすとなると、必然ボールジョイントを苛めることになりがちですが、今回のオールデンにおいては、そんなの無用の苦労!!

というのは前回と全く同じ文言ですが、ストレスフリーなのは同じなのでしょうがない。

モディファイドラストのボールジョイント部は結構余裕を持って作られていると言えます。

まだボールジョイント界の高等遊民でいられそうですし、ボールジョイントからの感謝の声も聞こえます。

ありがとう!!8.5Cでもぜんぜんいけるね!!

ほらあなたにも聴こえるでしょ。

とはいえ、完全にフリーってんでもなく、なにか履いている感じはもちろんあります。でもストレスフリー。仕事も異性のお付き合いもこんな感じでオッケーです。適度な距離感、だいじ。

足指も変わらずフリーです。しっかり歩かされます。この靴のあとにサンクリスピン履いたんですけど、歩くのに使う筋肉からして違う感じ。バランスよく鍛えましょう。

とか言ってこの靴で8kmくらい散歩したら足が妙に筋肉痛です。体を鍛えよう。

甲!

この靴のフィッティングの要その1、甲です。

これは幅によらず、モディファイドラストはこういうモノなのでしょう。

Dウィズに比べるとだいぶ一般的な革靴に近いフィット感になったと言えど、やはりフィッティングの要は甲と踏まずです。

それはともかくとして、まずは甲。羽根の開き具合はこんな感じ。

結構余裕がある!!!まだまだ締められます。薄い靴下でも安心。

足のむくみの状態や靴下の厚い薄いに対応できるので安心感はかなりあります。

8.5Dはむくんでない状態で薄い靴下だとどうなっちゃうの?という懸念もありますが、Cウィズならモーマンタイ!!

また、8.5Dと同じく紐はきつく締めても局所的にアタることもないので気にせず締められます。7.5Dのときはたまにピンポイントであたることがあったので、これも良かった点でした。(革の差もあるかもしれません)

土踏まず!

そして土踏まず。

相変わらず写真では伝わらない……

8.5Dも8.5Cもアーチ長は同じなので、踏まずの感触は似ています。7.5D時のような突き上げ感はなく、全体をグッと支える感じ。

ただ、Cウィズにしたことで踏まず部分も細くなり、Dウィズよりサポート感が足の内側に寄りました。

8.5Cの方が合っているのかな?という気はしますが、どちらも甲乙つけ難いです。

最終的には好みになるかと。

ただし、よりアーチのえぐれが足の内側に来る関係上、扁平足気味な方は足が攣るかもしれません。試着が激!!!オススメ!!

でもCウィズ試せるところってあまりないからこうやってエイヤで買うしかないんだよなぁ。

いざ繰り出せよ!!新しいフィッティングの大海に!!!

総評!!!

8.5D、8.5Cともにそこそこ履きましたが、どちらも甲乙つけ難し……!!!

まず、なんといっても楽です。前日酒に溺れていようが、濃いラーメン食べてようが、翌朝足が浮腫んで靴がキツい!!みたいな感覚とサヨナラです。

そして、歩きやすい。タイトフィットの革靴とはまた違う感覚ですが、歩きやすいです。この辺はアメリカ靴としての性格もあるかと思います。また記事にします!!

Vチップって、革の継ぎかたにもよるかもしれませんが、明らかにキャップトゥより平らでスマートに見えません?

個人的にはこれならスーツにギリ合わせられる気がしますし、カジュアルな服装にもいけます。ガチのオールラウンダーです。

靴下は検討の余地あり

やはり「一家に一足Vチップ」の格言どおり、間違いない1足ですね。言うまでもなくたった今思いついたやつです。

そんなわけで、ひとまず最近はひたすらモディファイドラストを履いています。DウィズとCウィズの間を行ったり来たりしてます。完全にオールデンの波来てますよ。オススメです。

今日のモディファイ!

乗れよこのビッグウェーブに!!!(2回目)

楽天で運命のオールデンに出会ってみる!!(検索)掘り出し物もあるかも……??

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です