もでぃふぁいど の靴棚!Edward Green Dover E32!!ユタカーフ!

Pocket

やってまいりましたこのシリーズ。

本日はEDWARD GREENのDover E32ユタカーフです!

しかもなんでラスト名、、、というかウィズまで書いてあるんだ???

ねぇ?なんでだろう。過去の自分よ。。。

インスタグラムなんかで、「カフェタイムなう☆」とかいいつつ手持ちのブランド品をさりげなく「写っちゃった」風に見せびらかすのが流行っているらしいですが、もでぃふぁいど は違います。

靴バカだから家計を猛烈に圧迫しながら、つい買ってしまうのです。おかげで昨年は極貧生活でした。カップ麺ラブ。でも、ちょっと、心が荒むね。

で、なんでか、あるんだよなぁ。ドーヴァーが2足。

こんなことをやるために買ったわけじゃない……

両方ともセール価格で手に入れたとは言え。

簡単な足し算のはずなんですけどね。いくらかけたのか考えたくないんですよね。いやだって、言っちゃなんですが靴ですよ。。。

今日はそんなエドワードグリーンドーヴァー姉妹?兄弟?の片割れ、E32のユタカーフです。

D32とはウィズ違いになります。フィーリングの違いに焦点を当ててご紹介します。

1.もでぃふぁいど が考えるエドワードグリーンドーヴァーE32ユタカーフ

1.1木型のフィット感!!

ピッタリ!という感じです。(語彙力、、、

32ラストはほぼドーヴァー専用と言われる木型です。

肝心の履き心地ですが、今回はEウィズの32ラストなんで、、、

もでぃふぁいど はハーフサイズ上げています。UK7.5Eです。普段はUK7E。

7.0Eでもいけたかなぁ、とは思いますが、カジュアルで気楽に履きたかったので結果オーライだったかな、と思います。

7.5Eも厚い靴下履くとカカトが食い込んでやられますし。

で、肝心の履き心地ですが。。。

指回り:ジャストフィット!!

土踏まず:気持ち良い支え具合!!!

かかと:結構小ぶり!!!

土踏まずのフィット感はオールデンのモディファイドラストと比較されることもありますが、全く別物です。

モディファイドラストは突き上げるようなフィット感。青竹踏みに近いでしょうか。笑

EGの土踏まずのフィット感は、純粋に足の形に沿っているような感覚です。突き上げる、というほどのものではありません。EウィズはDウィズに比べてさらに優しいサポート具合ですが、心地よい感じがします。ピッタリ感。

もう少し履きこんでいけば、沈み込みでさらに最高のフィット感になるだろうと、もでぃふぁいど は踏んでいます。

靴だけに。(2回目)

1.2ステッチ2種のまた違う表情!

や、どれも自己満足と言えば自己満足なんですけどね。

群を抜いて自己満足なのが、この、、、

ライトアングルステッチとスキンステッチ

ではないでしょうか。

だって、「縫い糸が外に出てないから茂みとか歩いてもステッチが切れる心配がない」なんて機能、いちサラリーマンには間違いなく必要ないですもん。

これ、手が込んでんだぜ?

だから?

ウッ

以外の何物でもないんですね。。。

ライトアングルステッチは革の断面を浅く縫い凹凸をつける技法、スキンステッチは革の断面を縫うことで縫い糸を表に出さない技術です。

双方とも質の良い丈夫でしなやかなカーフにしか施すことができず(質が悪いと破れてしまう)、上質な素材を使っていることの証左として存在している、と言ったほうが良いかもしれません。

E32は後述のユタカーフなので、またD32ブラックカーフとは違った優しい表情が良い感じです。奥ゆかしく、ポテンシャル秘めてる感じですね。

1.3最高品質のオイルド型押しレザー、ユタカーフ!!

手持ちのE32の最も特徴的な部分かもしれません。いや、そりゃこんな色してたらそうなんですけどね。

ユタカーフはエドワードグリーンにおいて、特徴的な素材の1つです。

デルプレというオイルドレザーに型押し(printed)したものになります。

デルプレ自体、使える原皮も10枚に1枚という選抜を経て作られる超絶品質のオイルドレザーです。

さらにそこに型押しまでしてあるのだから、まぁ贅沢なもんですな。

オイルドレザーというと、普通はカウハイド/ブルハイドと呼ばれる成牛の分厚い革で作られるものです。耐水性を持ち、頑丈なのでワークブーツなんかによく使われる素材ですね。

それを子牛のキメ細かい革であるカーフで作ってしまうという。。。

E32ユタカーフを履いていて思うのは、耐水性やタフネスさを求めた結果の革ではないということです。

どちらかというと、オイルによってしなやかさを高め、柔らかい足当たりにするために採用された、といった感じがします。しなやかであれば屈曲を繰り返しても割れたりしないですからね。そういう意味ではタフです。

エドワードグリーンの靴は旧式の機械で時間をかけて作られます。特に、平面的な革を足成りの木型に沿わせて固定し、靴の形を作る作業(吊り込みと言います)は時間をかけ、シワが出ないようにじっくり手をかけて伸ばしていきます。

他のファクトリーだと、機械で吊り込んでさっさと次の工程へ、となるところですが、エドワードグリーンは妥協せず、時間をかけて革を馴染ませることで、靴がしっかり木型を記憶し、型崩れのしにくい、美しい靴となります。

そのため、革のハリ感も強く、足当たりも結構強めに出やすい靴ではあるのですが、、、

ユタカーフはその点、足当たりも柔らかです。馴染ませるのも苦労しません。

あとは、靴ひもを締めるときの「…クシュッ…」という感触がやみつきです。笑

ドレス寄りにせっかく仕立てたドーヴァーをカントリー方面に振りなおすユタカーフ!!

もでぃふぁいど はこれこそ、ドーヴァーの真価を発揮させる革だと思います。

公式サイトにも、クリームで育てたい派のオマエはこいつを選ぶべきだぜ!って書いてあったので、今後の期待大です。

1.4ユタカーフ×レザー(スペード)ソールはレア?

なんかトライアンフのデカいやつ打ちたくなったんです

即決した結構大きい要因だったのですが、ユタカーフなのにレザーソールでスペードソールなんです。

公式オンラインショップを見ても、ユタカーフにはダイナイトソールが定番なのですね。

もでぃふぁいど は全日本ダイナイトソールを許さない会の筆頭予備会員なので、困っていたのです。

ドーヴァーなら、ユタカーフが良いなぁ。でも、ダイナイトソールはいらねぇなぁ……。スペードソールが特徴的な靴だし。

履きこんで、オールソールのときにスペードソールにするか。。。

ま、いつか買ったらだけどな!

っと思っていたらいきなり出てくるセール品のユタカーフ×レザー(スペード)ソール!!

試し履きに行った時点でもう抗うことは不可能でした。

2.エドワードグリーンドーヴァーの役割!!

家内には言われます。足何本あるんだと。同じような靴ばかりじゃねえかと。

まっことその通り。その通りなのですが。。。

たとえ見た目が似ていても、たとえ足は二本しかなくても、もでぃふぁいど にとってはその靴にはその靴の役割があるのです。

ドーヴァーE32ユタカーフゴールドの役割は、、、

休日にラスト32を履きたいときに履く靴~!(チコちゃん風に)

……まんまですね。まんまです。

ボーっと生きててすみません。

二、三度、仕事にも履いて行ったこともありますが、まあ休日履くのが気兼ねなくていいです。

起毛感のあるウールのパンツに合わせても良いし、ジーパンに合わせても良いので、コーディネート的には重宝しています。

休日ですからねぇ。家内の実家に行くときなんかに、くだけ過ぎない靴、ということでも良いですし、歩きやすいのでその辺買い物行くときなんかも良いですし。

一応オイルドレザーなんで、雨もそこまで気にならないし。

休日には実際何を履いていても良いわけなんで、やっぱり「休日だけどドーヴァー履きたい」ってときですかね。……贅沢な趣味靴だ。。。

ちなみに義母からは「あらまぁ、靴が好きなのねぇ」と思われているようです。。。

経緯からすれば、こちらのE32ユタカーフのドーヴァーを先に買い、「あぁ仕事でも履けたら最高だなぁ~」とか思っていたら、未使用B品のセール品(D32ブラックカーフ)に巡り合ってしまう、という。

室外機の上かーい

なんで、E32ユタカーフのほうがお姉ちゃん、もしくはお兄ちゃんです。

ここで後先考えずに買っちゃうから1年間苦労したわけですが。。。ボーナス後って財布のひもが必要以上にゆるゆるで困っちまいますな。。。帰ってこい金銭感覚。。。

3.エドワードグリーンドーヴァーE32ユタカーフゴールドを例えるなら、、、

そう、例えるなら、、、

「ふふふ。それであの子に一晩中、連れ回されたってわけ?この寒い時期に?」

「なかなかない経験だからね、疲れたけど楽しかったよ。」

「そういうところあるからねぇ、あの子。あなたもお疲れ様ね。」

「まぁ、覚悟の上ですから。」

重めのツイードで仕立てたコートを脱ぎ、タータンチェックのマフラーを外してコートハンガーにかける。

「姉としては嬉しいけど、ちょっと、妬けちゃうわね。あ、座ってて。」

彼女はささっとコートを畳んでソファに置くと、手早くケトルに水を入れ火にかけ、豆を電動ミルに入れてスイッチを押した。モーター音と豆が砕ける音がしばし、会話を遮る。

僕は言われた通り、ダイニングに座り、テーブルに肘をついて彼女の一連の動作を眺めていた。木製のテーブルは角がなめらかに削り出され、優しい手触りが心地よい。

「そんな肩ひじ張らなくてもね。私は、今このときが楽しければ、それでいいんじゃない?って思っちゃうわ。」

のんびりした口調と裏腹に手際よくドリッパーにフィルターをセットし、サーバーに乗せる。そして挽いた粉をフィルターへ落としていく。あとは湯が沸くのを待つだけだ。

「楽観的で刹那的だねぇ。」

「あなたの行きたいところがどこか、なんて、わかるはずないもの。」

「おいおい、見捨てないでくれよ。」

彼女は改めてソファに置いたコートを手に取ると、軽くブラシをかけて僕のコートの隣にかけた。

「私が思うに、そういうのって、後から気づくものじゃないかしら?」

「と、いうと?」

「うーんとね……。なんとなくの話なんだけど……。」

しゅーっと蒸気がケトルの注ぎ口から漏れ始める。彼女はキッチンに戻り、慣れた手つきでドリッパーに少し湯を注ぎ、粉を蒸らし始める。チョコレート、そしてハチミツのような香りがただよってくる。粉がむくむくと膨れていく様子が目に浮かぶようだ。

「きっとあるとき、ふと、思うのよ。あぁ、もう、こんなところまで来ていたんだ、ここが来たかった場所なんだって。」

それから円を描くようにフィルターに湯を落とし始めた。そして、サーバーにコーヒーがたまっていく様子を愛おしげに見つめている。

彼女との出会いは友人の紹介がきっかけだった。

「たぶん、おまえのタイプだと思うんだけど。」

実際、彼はまさか僕が馬鹿正直にアタックするとは思わなかっただろう。彼女は高嶺の花、というにふさわしい女性だったし、僕が甲斐性なしだということも知っていたからだ。

後日、彼女と歩いているときに彼と会ったが、目を丸くして驚いていた。彼とは一言二言、言葉を交わしたが、そそくさと去っていった。

その夜、電話で彼から質問攻めにされたことは言うまでもない。

そして、今となってはもう笑い話だが、後日、別の女性と歩いているときに彼女と出くわしたことがある。彼女と会った時期から、そう日は経っていなかったころだ。

「あら?こんにちは。とっても奇遇ねぇ。」

彼女が歩み寄ってきて声をかけてくる。隣の女性も怪訝な顔をしている。

「お、おう、今日はどうしたの?」

「お姉ちゃん!お姉ちゃんもこの人知ってるの?」

「え?」

「知っているも何も、ねぇ?」

「え?」

「どういうこと?」

「ええ?」

「ふふふ?」

「えぇ……。」

僕は一体どんな阿呆面をさらしていたことだろう。

その後、近くの高級パーラーで二人にパフェをおごる羽目になった。今にして思えば、彼女たちは怒っていたわけではなく、せっかくだからパフェ食ってやろう、という魂胆だったらしい。事実、彼女たちは「話し合いの場所を設けましょう」と僕をパーラーに連れ込み、メニューも見ずに注文した。あとから聞けば、やはり姉妹の行きつけの店だったようだ。

後日、きちんと謝って関係も清算したほうが良いかと思い、その旨を彼女に伝えに行った。

「え?別にいいんじゃない?たまたまだったんでしょう?」

「え?そんなもんなの?」

「思いつめた顔して何かと思っちゃったじゃない。」

「きちんと謝ったほうが良いかと、思いまして。」

「あっ、じゃあ良いこと思いついたわ。そんなに謝りたいなら許してあげる。その代わり、罪滅ぼしとして、私が暇なときには付き合ってもらうわよ、いいわね?」

「それで許してもらえるなら、願ったり叶ったりだよ。」

「あー、そしたらなんだか甘いもの食べたくなってきたわ。季節のフルーツのパフェ、また新しいのが出てるはずなのよねぇ。」

それからしばらくは、姉妹に甘いものをおごり続ける日々だった。彼女らは連絡を頻繁に取り合っているらしく、まるで最恵国待遇のごとく、片方におごれば片方から連絡が入り、また同じ店に行くということを繰り返す。

最後のほうは二人とも、よくそんなに新しい甘いものを見つけてこられるなぁと感心していた。

そんなこんながあっての今日だ。彼女たちの甘いもの探求もやっとひと段落したころあいだった。

彼女がサーバーからマグへコーヒーを注ぎ、手渡してくれる。

「どんなところに行っても、全てが思い通りになる世界なんてないわ。誰しもが、それぞれの場所で、不満や悩みを抱えているものよ。」

「君にも悩みが?」

「大いにあるわよ?そんなデリカシーのない質問をしてくるような人に姉妹してひっかかっていることとかね。」

彼女はテーブルの斜向かいにふわりと座って言った。

言葉に窮してコーヒーを一口飲む。ハチミツとチョコレートのような香りののち、舌に乗ってくる少し深めに煎った豆独特の苦みが喉の奥にかけて広がる。

「どう?美味しい?」

「ありがとう、おいしいし、味も好みだよ。ブラジルかい?」

「そうね。でも豆じゃなくて、私が淹れたから美味しいって言ってほしいのが女心よ?」

「申し訳ない……。なんだか君には謝ってばかりだなぁ。こんな僕といても楽しいかい?」

「ふふふ。さて、どうかしら?でも、私はね。」

「あなたが行きたいところがどこか、なんて知らないけど。」

彼女は頬杖をつきながら微笑んで言う。

「私といる、今ここが、あなたが行きたかったところの一つだったら良いな、って思っているだけよ。」

っという感じでしょうか。

手玉(足玉?)に取られてますね。転がされまくりです。

相応しい人になりたいっスねぇ。。。

というわけで、コーヒーの淹れ方講座でした。

今日のモディファイ!!!

ユタカーフのドーヴァーE32ラストの特徴は柔らかな足当たりによる最高の包容力!!!最高のフィット感を目指して作られた木型!!そしてそれを生かす丁寧な作り!!!もう成す術なく手のひらで転がされることも楽しい!!!でも諦めずにふさわしい男にいつかは!!いつかはなってやる!!!

「あの子」の前日談。


美品【エドワードグリーン EDWARD GREEN】 シボレザー DOVERドーバー(メンズ) 紳士靴 size8E32 Wソール ◇MZ3609◇【中古】

ス、ステキなシボ革ドーヴァー、、、


【エントリーしてポイント5倍】【対象ブランドさらにポイント5倍】 EdwardGreen(エドワードグリーン) DOVER(ドーバー) 32E ダークオークアンティーク

ダークオークアンティークも最高だよなぁ。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です