Gaziano&Girling本国サイトならMTOが今だけアップチャージ無料!!RTWならツリー付!【〜2022/2/28】

乗るしかない……このビッグウェーブに……!!(好き)

※文中の日本円換算は2022年2月時点でのレートで大まかに計算されています。

Gaziano&GirlingのMTOキャンペーン!!

久々、そして最後のMTOキャンペーン!

ガジアーノ&ガーリングからFinal made to order promotionのお知らせが来ました。Instagramでも告知していますね。

要は通常MTO(パターンオーダー)するとかかる追加費用を今回は免除!ということです。

通常ガジアーノ&ガーリングのMTOのアップチャージは£300(≒47,000円)。

47,000円引きでMTOできちゃうの!?

しかもどう見てもFinal、つまり「最後の」って書いてある!!!

額面どおり受け取るのであれば、こんな値段でガジアーノ&ガーリングでMTOできるのは金輪際ないといういうことです。超絶おトクチャンス!!!!

気になるお値段、基本は£945(≒147,000円)。

国内定価が22万円とかなので、好き放題やってこの価格は文字通り破格では???関税18%と見積もっても175,000円くらい。

いや高いんだけどね?超高いんだけどね?でもガジアーノガーリングがこの値段なのは破格なの。

ちなみに前回やったMTOキャンペーンは約2年前、2020年4月でした。

久々かつ、最後のMTOキャンペーンとなるかもしれません。

メルマガの最後にも書いてありましたが、2022年はこのMTOでキックオフだぜ!!!

まだ2022年も1ヶ月しか経ってないのに既に何足かキックオフしちゃった人たちは反省しながらMTOしてください。(自戒を込めて)

【ご参考】Barclay もでぃふぁいど mod.のレシピ

2年前の1月にもMTOキャンペーンやっていたので、もでぃふぁいど はバークレイを作っています。このときよりポンド安いもんな今。

今考えてもイミテーションの靴紐足したり、メダリオン追加まで行なって追加のフィーがかからないのはすごすぎました。

個人的にこのMTOは見た目から履き心地、そして脱ぎ履きの使い勝手まで超絶満足の1足でしたので、以下にレシピを載せておきます。ご参考にどうぞ。(もちろん全く同じで作っていただけるのは光栄です!)

モデル:Barclay(Casualsの中にあります)
ラスト:TG73,Eウィズ
革:Vintage Oak Calf
ライニング:Green
ソール:Single Oak Bark Sole

Special Requests
・false lacing, as the Chelsea 
・The medallion from Savoy,compliments the peak counter.
(Like this photo.
https://www.instagram.com/p/B35JrKHCycI)

これで多分いけるでしょう。そもそも英語に不安があればHPにも記載されている以下、長谷川氏のアドレス宛に相談するのが吉です。

masaichi@gazianogirling.com

もでぃふぁいど は英語に不安しかないですがエイヤの精神でやっちまいましたが。

裏コード「deposit50」は使用不可。笑

通常、MTOの際にはオーダー価格の50%を先に払い、完成時に残りを払う「deposit50」なるコードがあるのですが……

さすがに今回は使えないっぽいので気前良く一括で払いましょう。笑

使えないのか……。

既製品にはシューツリープレゼント!

MTOじゃなくてもオンラインの既製品でもOKよ〜という方には純正シューツリーがつくようです。特に何も気にせず靴だけ買えばつけてくれるとか。ラインナップは以下の通り。

https://www.gazianogirling.com/collection/mens-collection/

シューツリーも£155(≒24,000円)しますからね。これタダでつけてもらえるの結構デカいですよ。

値段相応の納得感

形を保つのにやっぱり純正ツリーだと機能的にも見た目的にも満足度高いですし。買い替えるもんでもないですし。

おいおいまさかClassicラインもか!?

ということはまさかオンラインもしくは現地の店舗限定のクラシックライン(£605≒94,000円)も対象か!?

https://www.gazianogirling.com/products/barder-in-black-calf-s45/

アッパーの革はレギュラーラインと同じ。ソールの素材は同じベイカー社のもの。見た目もクラシックで合わせやすい。そんなエントリーラインにもシューツリーついちゃうの!?

……かどうかは念のため確認した方が良いかもしれませんが、このラインめっちゃ魅力的です。

おいおいまさかセール品もか!?

もはやトップからアクセスできませんが、Googleでは引っかかるEnd of Lineページ。笑

https://www.gazianogirling.com/collection/end-of-line/

廃盤の品ということですが、セール自体は結構前にやっていて残っているサイズも10とか11とか……の中で光る、シングルモンク!!

ゴールデンサイズUK7E!!マイサイズや!!

https://www.gazianogirling.com/products/regency-in-black-calf-dg70/

シングルモンク、脱ぎ履きしやすくてとにかく使いやすいですよね。レギュラーラインでこの価格(≒95,000円)でシューツリーも……ついちゃうのかな???ヤバいな???

シューツリー込みであれば過去見てきた中でも最安のガジアーノガーリングだと思います。笑

何で売れ残ってるの??めっちゃ良い靴だと思うのですが、、、

もでぃふぁいど は今年はセールに踊らされず、本当に欲しいものを買うと決めているのでお譲りします。

まとめ!

ともあれMTOキャンペーンです。

繰り返しになりますが、好きにガジアーノガーリングがこの価格で作れちゃうのは相当レアな機会と言えましょう。

どうする?どうする もでぃふぁいど!?

2月はまだ残ってる!ここを耐えれば家庭の円満に繋がるんだから!次回!

言わせねーよ??

とか言いつつめちゃめちゃ煩悩にやられそうになっている図。ご回答いただいた皆様、改めてありがとうございました。(アリ派のアツいご意見もありがとうございました!!)

この記事は皆さんをもでぃふぁいどと同じ煩悩に突き落とすためだけに書かれました。

今日のモディファイ!

物欲に負けちまった方はぜひ記念にコメントしてってください。もでぃふぁいど の物欲耐久値を減らして同じ穴の革靴おじさんを増やそう!!

そうでなくとも本当に良い靴なんですけどね。

4件のコメント

  1. お世話になっております。
    少し前にコメントさせていただきましたが、本セールに肖りMTOに行ってしまいました。個人的に世界で一番美しいUチップと思っているISHAMをオーダーしホクホクです。

    Saint Crispin’sでもMTOを頼んでいてやたら高い靴ばかり揃いつつありますが、日本ではあらゆるブランドが値上がりしているみたいですし、過剰にサステナブルが騒がれている世の中いつ革靴に火種が飛ぶか分からない以上、ご縁が一番大事だと自分に言い聞かせています。

    日本は日本で魅力的なブランドがたくさんあるのでまた増えてしまうのでしょうが…

    1. Kさま

      コメントありがとうございます!
      ISHAM美しいですよね!某所のD○verと違って既製で展開しているバリエーションが少ないので、好みのモデルは作るしかないというあたり、MTOにピッタリのモデルだと思います!

      一方でサンクリスピンのMTOもめちゃくちゃ羨ましいです!!!あの履き心地はビスポークを経験しても唯一無二だと思います。MTOしてもツリーつけなければRTWより安くなったりするあたりも最高です。笑

      日本はどんどん尖ったブランドが出てきているのでこれからも期待大というか、まだまだ試してみたいブランドがたくさんあると言う意味でも楽しみです!

  2. 初めまして。年明けにこちらのブログを見つけ、以来楽しく拝見しています。

    Gaziano&Girlingはいつか1足は欲しいとずっと思っていて、特にSavoyというモデルに憧れていたのですが、いくつか気になる点がありスルーしていました。
    しかし、もでぃふぁいどさんのブログに刺激され、また細かいリクエストも聞いてもらえる(?)ことも知り、Promotion最終日にMTO注文してしまいました。
    パーフォレーションのスタイルや穴の大きさまで色々うるさくお願いしてしましたが、快く受けていただけまして、到着が楽しみです!
    大変参考になる情報を有難うございました!

    ただ…長年欲しかったジョンロブのあるモデルを新春セールで見かけ衝動買いしたばかりなので家族へどう言い訳するか苦心しています。
    常識人への良い説明がありましたらアドバイスください!

    1. Jackさま

      コメントありがとうございます&初GGおめでとうございます!!
      Savoyもピークドキャップといいメダリオンといい、ガジアーノ&ガーリングらしさを存分に楽しめるモデルですよね。おそらく私も思うところは同じで「なんで穴小さいねん」というところだったかと思うのですが、、、
      今回そこの変更まで快諾してもらえたということで、もはやオリジナルモデルとして心の中で誇っていても良いレベルだと思います。さすが、普通のブランドのパターンオーダーとは一線を画する自由度ですよね。
      きっと思い入れも含めて長く履ける1足になるのではないかと思います!

      さて、常識人への言い訳ですが、これはもう「堂々とゲロる」のが1番でした。もうシンプルに「買った」と。機嫌が悪いタイミングを避けるのが1番のコツかもしれません。笑
      今回は到着までしばらく猶予がありますしじっくりいきましょう。

      たとえ分割だろうがリボだろうがキャッシングだろうが(言わずもがなどれもオススメはしませんが)「買った、でもなんとかするから」のスタンスでいきましょう!

      しかし無事に受け取っても「このSavoyって靴、フォルムがエレガントで作りもビスポーク譲り、とてもステキね」なんてコメントは常識人には期待できませんので、その手の言葉が欲しくなった時はまた当ブログにコメントくださいませ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。