【比較してみた】ダークコニャックVS シガーコードバン【ホーウィン社】

比較してみました。

シガーコードバンとダークコニャックコードバン

泣く子も黙るオールデンのレアカラー御三家の1つ、シガーコードバン!!

「シガー」と明言されることは他ブランドでは少ない印象です。(Kreisのベルトなんかであるにはあります)

その一方で、同じ濃茶のコードバンといえばダークコニャックコードバン。

どっちも色味としてはダークブラウン、濃茶、そしてホーウィン社のシェルコードバンです。

で、このダークコニャックってのはシガーコードバンと同じものなの?なんなの?レアなの??

というのは誰しもが1度は思う疑問かと思いますので、今回比べてみました。

いざ比較!!@日陰

まずは日陰にて。

どうでしょう、ほぼ同じといえば同じ。ちょっと違うといえば違うとも。笑

どちらかといえば、シガーコードバンのが赤みがかっており、一般的な濃茶というイメージです。ダークコニャックは緑が入ってますね。

逆じゃねえ???

と言いたいのはやまやまですが、シガーコードバンの色味自体、振れ幅が大きいことで知られています。中にはもっとオリーブ色に近いものもあります。

ダークコニャックの方は色のブレはあまり語られないというか、そんなにこの色の靴を集める人はいないイメージですが、どうなんでしょう。教えてディンケファンの皆さま!!笑

いざ比較!!@日向

次は日向です。

うん、どちらも結構印象変わります。

ダークコニャックコードバンのほうが緑が強いのは同様ですが、色の差はなんとなく縮まった気もします。

いやそうでもないか??

というわけで、シガーコードバンとダークコニャックコードバンが同一かどうか、それは両方ともバラつきが大きすぎてわからない、というのが申し訳ない結論なんですけど、少なくとも手持ちの2足については明確に色が異なりそうです。

ホーウィン社には色味の見本とかないの?良い感じのができた!!でリリースなの??という気もしますが。笑

まぁどちらも違って

どちらも良いんじゃないかしら。

という超雑な締めで括りたいと思います。

今日のモディファイ!

このダークコニャックのBudaですが、ディンケ界隈では渾身のシワが入ったと自負しています!!!(クソどうでも良い情報)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。