100日後に履かれるAlden〜88日目:土壇場で世界初のシワ入れ準備メソッドを思いつく男

土壇場すぎる

100日後に履かれるオールデン!

なぁぁにぃぃぃ!?ゼッタイもう無理!!と思っていたこの企画も、毎日更新を保ったまま残り20日を切ったって!?

あとちょっとじゃん!!頑張れ俺!!!

もしこれを読んでいる方で、「履き下ろしたいんだけどなかなかタイミングがなぁ」という靴をお持ちの方がいたら、ご一緒にいかがでしょう!

多分こんな企画は二度とやらないので(笑)最初で最後のチャンス!!

これを言うのも泣いても笑ってもあとちょっと!今日も(記事短くても)とばしていきますよ!

待ってろ世界!待ってろオールデン!

いよいよシワ入れ……だが……

さぁて、気合い入れて、いっちょシワでも入れてやんべ!!

と思って改めてVチップを触ってみると、なんかガチガチなんですよね。

これまでプレメンテナンスとして、5日くらいリッチモイスチャーを入れたり揉んだり揉んだりしてきましたが、イマイチ、履き下ろしたオールデンと比べても、革が硬いです。緊張してんのかいベイベ?

これでシワ入れしても上手くいく気がしないぜベイベ??

なんせ目指すウネウネしたシワを入れるためには、革が柔らかくなっていることがマストだからです。

困った。ブログの流れからしてそろそろシワが入ってもらわんと困る。やはりシワ入れの決行は今日。

革が温まれば違うか?とも思い、靴下を履いてVチップを履いてみるも、哀しいかな、エアコンで冷え切ったオジサンの足は冷たく、オールデンが全然温まりません。

偉大なる先人たちよ、もでぃふぁいど にはシワ入れは無理なんでしょうか?

土壇場で世界初の工程を発明

ガチガチに緊張したmyオールデン。冷たいままの足と革。

これ以上どうしろと。

そこでひらりと思い出す、もでぃふぁいど 。

そうか、自分で書いたではないか。

オールデンは大事な人と同じ。

大事な人にリラックスして温まってもらうにはどうしたらいい?

よぎる先日見た妻の姿。

そうか……わかったぞ……

ホットタオルじゃんね?

湯気を上げて温まるmyオールデン。おお……かつてないほどリラックスしとる……。

テレワークの昼休み、おもむろに靴にホカホカのタオルを乗せ始めるオジサン。家に誰もいない日で良かった。

ホットタオルは、その辺にあった洗濯済みタオルハンカチを濡らしてよく絞り、600wで1分レンチンしたものです。

ちょっと写真には全然写りませんでしたが、湯気を上げるオールデン、さすがにシュールです。

ホットタオルでお寛ぎいただいたオールデンはどうなった?

置くこと1-2分。結論から言うと、湯気あがりオールデンは、かつてない柔らかさになりました。笑

アンラインドか?というくらい柔らかいです。

テクスチャとしてはこんな感じ。まぁ若干の水濡れ感がありツヤはなくなりましたが、シワ入れたら磨けば問題ないでしょう。

これならイケる気がします。

このメソッドが使えるかどうかはこの後のシワ入れ次第ですが……!!

ちなみに日光浴も考えましたが、今日は生憎の天気なので無理でした。できたとしても熱くなりすぎそうですし、できるのも晴れの日の日中だけですし、ホットタオルのがインパクトもあって良さげです。シワ入れにインパクトが必要か?

さて、予想外の1ステップが挟まれることになりましたが、これで本当に準備は整いました。あとはシワを入れるのみ!!

明日はシワ入れ結果のご報告です。

今日のモディファイ!

明日の記事が皆さんの目に入るころには既にシワ入れは終わっているのでしょう。ここまでお付き合いいただけている方、ぜひ応援お願いします!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。