100日後に履かれるAlden :7日目失敗から考えるホーウィンのコードバンの取り扱いかた

様々な失敗をしでかしてきました。

100日後に履かれるオールデン!

誰に望まれるでも喜ばれるでもなく、バカでムダなことがしたい!!と深夜テンションで考えてしまった もでぃふぁいど 。

オールデンについて100記事書いた後に履き下ろした際にはよくわからないカタルシスとフィナーレ感でドーパミンがドバドバのはず!!!

待ってろ世界!待ってろオールデン!!

ホーウィンのコードバンを革小物から考える

今回は敢えて靴ではなく、革小物方面からホーウィンのコードバンについて考えていきたいと思います。

なぜならば靴はそんなでもないのですが、もでぃふぁいど はコードバンの革小物において、大小のの様々な失敗をしてきたからです。笑

KREIS(クライス)のカードホルダー!

えーと……6年モノ?くらいだと思います。クライスのコードバンカードホルダー!

もでぃふぁいど はコレを当初から名刺入れとして使用しています。涼しい季節はシャツやジャケットの胸ポケットに入れっぱなしだった時期もありますが、その他の季節、および最近は無造作にカバンに放り込まれています。

けっこう爪で引っ掻いちゃったり、出し入れで傷がついてしまうことも多いのですが、気づくと消えています。コードバンは厳密に分類すれば起毛革なので、触って使っていれば傷はかなり目立たなる、という話を実感。

つまりホーウィンのシェルコードバンはキズがつきやすく、でも回復しやすい革ということです。

特筆すべきは2つ!

色、全然薄くならない!笑

とにかく当初から黒か?という色をしています。店員さんも「ネイビーのコードバンはエイジングで薄くなりすよ」的なことを言っていた気もしており、楽しみにしていたのですが……

6年経っても青くなる気配が全くありません。笑

カラー8なら薄くなるんですけどね、ネイビーコードバンはあんまりかもしれません。コードバンに使われる赤系の染料は飛びやすいと聞いた気がしますが、赤系ではないネイビーは当たり前ながら別のようです。

基本ネイビーのコードバンは薄くならない(かもしれない)ということかしら。薄くなった方、いらっしゃったら是非教えてください!

オールデンにはネイビーコードバンの展開はないので関係ないですが、その他革小物を検討される際は気にしてみても良いかもしんないです。

後述のようにクリーム入れすぎたのでそのせいかもしれませんが……

クリーム入れすぎた!

この子はこれに尽きます。笑

オールデンでホーウィンのコードバンにハマったら、「ローテーションが必要な靴よりも革小物の方が毎日触れて良いな?」というターンがいずれやってきます。

で、手にすると、まぁコイツのまた可愛いこと可愛いこと。特にこのカードホルダーは、フラップ部分がコードバン1枚……ライニングがない仕様なので、コードバンの柔らかさを存分に味わえます。こんな感じで。

当初はスタンプが微妙な部分しか写っていないのを残念に思ってもいましたが、このしなやかさの前にはどうでも良いと思えるようになりました。

微妙すぎるスタンプ

で、そんな可愛い革小物を手に入れると……当然ケアしたくなるんですよね。すんごい頻度でやってました。

ブラッシングならいくらでもやったらええ、という感じですが、週1くらいでクリームエッセンシャルを入れまくったんですよね。


これやると青い染料がグングン取れるので、「これで色が薄くなるのでは!?」というスケベ心もありつつ。(結果、ならなかったわけですが。笑)

そしてまたこれがピッカピカに光るわけですよ。気持ちいいのなんのって!

そんなのを半年くらい続けていたら、コードバンがコシを失ってグニャグニャになってしまいました。感触もなんとなくモチッというかぺトッというか……オイルドレザーのそれです。

同じくホーウィン社のコードバンの革小物を製造しているワイルドスワンズさんなんかでは「コードバンは革小物であれば基本1年くらいはケア不要」と明記されています。手の脂だけでじゅーぶんであると。乾燥してザラついたらクリームを入れろと。

幸いカードホルダーということで、現在そんなに型崩れは酷くないのですが、往時はピチピチのジーンズのケツポケに入れといたら見事ケツのカーブをトレースしてしまい、帰宅後に慌ててプレスして形を整えたりしました。笑

というわけでコードバンケアの教訓としては、

クリームを塗りすぎない

これに尽きます。この経験以来、靴も革小物もコードバン製はケアしすぎないことを念頭に置いて付き合っています。

KREISのNATOストラップ!

お次はこれ、クライスのNATOストラップ。オックスブラッド。

オックスブラッドというのは一説にはカラー8とぶっちゃけ同じという話もありますが、最初から色が薄いような気もしますし、かと思えばエイジングで色の抜けたカラー8と似てもいます。真偽は不明です。

クライス(やハインリッヒディンケラッカー )では普通に展開している色なのでレアカラー扱いで発見即確保、までしなくても良いでしょう。

これも教訓は2点ですね。

ライニング大事!!

腕時計の革ベルトの宿命ですが、汗吸うんですよ、夏場。で、乾くとシミになってなんとなく硬化してくるという……。割れないかどうかが懸念です……。

アンラインドのローファーなんかも素足履きは危険かもしれません。靴は内側あまり気にしないかもですが……フットカバーみたいなのは履いていた方が安心ですね。

腕にはなんか巻くわけにもいかないので、こと腕時計のベルトとなれば、ライニングはあった方が安心です。(NATOストラップは本来上着の上からでも留められるように、というストラップですが……)

カビた!!

決定的なのはコレ!上記のような状態で、コロナ禍に突入し、梅雨時、別室にしばらく置いていたら……

俺は……コロナが憎い……!!

こういう革ベルトはカビ止め剤入りクリームなんかでケアするのが良いかもしれません。

泣く泣くモールドクリーナーでビタビタに浸して拭き取って、以降リビングに置いていますが以後カビていません。

また、こんなに濡らして大丈夫か?というくらいビタビタにしましたが、乾拭きしたらツヤツヤです。今はこんな感じ。シミはオールデンの色を薄くした時もこんな感じになったので、まぁこんなもんだろうと……

意外と気軽に付き合って良い革なのかもな、と教えてくれたのがこのベルトです。割れそうで怖いですが、たまに使っています。

とはいえカビには気をつけましょう。靴なら定期的に履いて太陽光を当て、帰宅後は早めにブラッシング。これ大事。

Ashland Leatherの革小物2種!

長くなってきたので2種まとめちゃいます!どちらも、ShogoさんがAshland Leatherのカスタムオーダーを取りまとめていらっしゃった際にお願いしたものです。

この小銭入れはここ3年くらい、結構使っています。色はDenim(デニム)。

が、色が薄くなっている感じはしないので、青系は色味の変化が少ないのは事実なようです。

ホーウィンのコードバンにそんな色あるの!?という感じですが、ashland leatherでしか見たことないです。ここはホーウィンの従業員の方が兼業でやっているブランドでもあるので、試作品的なレザーも来るのかも。

ダブルスタンプ。笑

そしてこちらがShogoさんとも物議を醸したダブルスタンプ。笑

通常、コードバン1枚に1つしか押されていないはずのスタンプがこの小さな小銭入れに2つ……。

難しいことは考えず、よくわからないけど嬉しいからヨシ!という結論になりました。

あんなに希求していたスタンプですが、こうして手に入れてしまうとあっけないというか……選べる余地があればスタンプ入りを選ぶ、くらいの気持ちでいいかもなぁと思わされる小銭入れです。笑

ホーウィンスタンプ入りコードバン小物なら、Ashland Leatherに決まり!

コードバンの見本帳!

というコンセプトで作ったのがもうひとつのこちら!

いやぁ、これは何度見ても良いっすね……。

が、カードだけ持ち歩くことってあまりなくて、そんなに使えていないという勿体無い子がこちらです。

俺、「いつか現金しか使えない駐車場の精算機」がこの世から消えたらバリバリ使うんだ……!!

これに関しては失敗は特にないのですが……靴も小物も用途を決めてから買おう、ということくらいでしょうか。

でも、このブログの趣旨的にはとりあえず買っちゃって用途なんか後から考えようぜ、そういう姿勢で生きていたいと思います。

建設的な意見にNo!

もでぃふぁいど の失敗から考えるコードバンとの付き合いかた!まとめ

というわけでまとめると、

・ケアしすぎない
・青系はエイジング(色の変化)に期待しすぎない
・靴なら靴下アリで定期的に履いてブラッシング(カビ予防)
・とはいえ意外とタフなので気軽に付き合っていい
・スタンプに価値を求めすぎない
・用途は考えず欲しければ買う

という感じでしょうか。オールデンのようなコードバンの靴であれば、特に「ケアしすぎない」のは大事かと。名刺入れの経験から、革がベヨンベヨンになってしまうと6年経っても戻りません。

シワ入れ的にはベヨンベヨンに柔らかくしたほうがうねりそうなので、今回はそこに悩んでいます。ちなみにシワ入れは95日目に予定しています。まぁそこまでに色々考えも変わることでしょう。

今日のモディファイ!

そもそも果たしてそこまで辿り着けるのか!暗中模索五里霧中!

2件のコメント

  1. いつも楽しく読ませて頂いています。

    ホーウィンのネイビーコードバンはありますよ。特注品だったのかも知れませんが、ネイビーとブランデースコッチグレインのホーウィンコードバンを使った靴を2足、10年以上前にライダーブーツというところで作ってもらったことがあります。まだ履かないままとっています。

    1. 二郎さま

      コメントありがとうございます!
      私の名刺入れもほぼブラックですが、一応色としてはネイビーということで気に入っています!
      もっと淡い青だとインテンスブルーという色もあるのですが、あまり展開されていませんね……

      それにしても、お持ちのブーツ、素敵すぎます!!
      昨今ハッチグレインの型押しコードバンはあれど、スコッチグレインの型押しは本当に見かけません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。