100日後に履かれるAlden〜55日目:オールデンあるある〜ずれるスプリット

気にしてたら買えないやつ

100日後に履かれるオールデン!

いやいい加減このくだりももういいですかね。倦怠期ですよね。

これだけ言って本編に入りたいと思います。

待ってろ世界!待ってろオールデン!

オールデンあるある

さて、ここから何回かはオールデンあるある、つまり、「オールデン特有の雑さ」についてです。笑

他のブランドであればB品直行なクオリティの靴もバンバン正規品として出てくるオールデンですが、ここまで買ってきた身としてはもうあまり気になりません。

たとえ見た目や作りが雑でも、オールデンの抜群の履き心地という本質さえ損なわれていなければOK。

むしろ見た目や仕上げが美しいことを求めるのであれば、同じお金を出せばもっと良い靴が買えます。むしろ出費を抑えても買えるのでは……

しかしまぁ、なんというか、もう慣れっこというか、他のブランドならいざ知らず、オールデンに限っていえば、むしろ雑さというか、愛嬌ですよね。

靴に愛嬌を求めるのか?というのもありますが。あります。あるんです。

というわけで、本日はスプリットのズレです。笑

スプリット、ずれてる!!

これはもうもはや経験上、ズレていないスプリットって見たことがない気がします。笑

スプリットと言っているのはこの部分です。ぱっと見は特に問題ないようですが…………

アップしてみましょう。こっちは左足。うん、キレイです。

こっちは右足……ってオーイ!!つま先のスプリットがどこへ行くやら!!

まぁ、だいたいこんな感じでして、NSTやVチップのスプリットが両足とも真正面に向いているのってかなりレアなんじゃないでしょうか。笑

スプリットの視覚的意味

モディファイドラストって特殊な形状をしていて、靴の先端が真正面を向いていません。強い内振りの木型なので普通に並べるとつま先の先端が内側を向いてしまうのです。

正直にヒール側面の直線を基準に置くとこんな感じに。えらい内股の人です。が、他の靴はこれで真正面を向くようにデザインを載せるわけです。(ここまで内振りじゃないのでここまで極端にならないですが)

しかし、このVチップに関してはスプリットが正面に向くように置くと、かなり自然に見えます。

つまり、スプリットがある部分を「そこが真正面である」と認識するという人間の習性を利用し、「ここが先端、真正面だよー」と真正面を誤認させることによって、より自然に見せている。巧みな錯視効果によって成り立つデザインなのです。

Vチップはモディファイドラストの特殊な形状をカバーするデザインと言えると思います。

だからこそスプリットがズレてるとあまり意味がないんだけどな!!

今日のモディファイ!

でもこの、やりたいことがあるのに、ちょっとできていない感じが可愛くないですか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください