100日後に履かれるAlden〜46日目:【外観レビュー】Brooks Brothersのコードバンアンラインドローファー!

オールデンを履き下ろすための記事に新しいオールデン。わけがわからないよ。

100日後に履かれるオールデン!

いやいい加減このくだりももういいですかね。倦怠期ですよね。

これだけ言って本編に入りたいと思います。

待ってろ世界!待ってろオールデン!

Brooks Brothersのアンラインドローファー!!

ひょんなことから手に入れてしもた憧れのブルックスブラザーズのアンラインドローファー。

今日は外観レビューです!!!

これを履き下ろすのに100記事書かなくて良いのかって?

中古で、もう履かれてるんだからオッケーでしょ!!!

アンラインド!!

というわけで、当たり前ながらアンラインドです。

コードバンの裏側がダイレクトに見えます。裏側と言っても皮としては本来こちらが表ですが。(コードバンは床面から削り出し、床面側を猛烈に擦って繊維を寝かしつけることでツヤツヤになっています。)

スタンプがハッキリ見える個体もありますが、この靴は上の写真の部分にうっすら。個人的にはこだわらないのでいいです。

カカトは補強、そしてカカトの食いつきを良くするために床革(スエード)が張ってあります。

あるともないとも言われていた先芯は……ありますね。

コードバン1枚なので靴自体がペナペナ、ペコペコしていて指で押すと凹みます。簡易的な履き物という感じがすごいです。シワが寄りそうなのでテンションを積極的にかけるタイプのシューツリーは使わないほうがいいと思います。

スキンステッチ!

アンラインドローファーではスキンステッチの面目躍如!!

なぜならモカ縫いの糸を革の内部に通す……つまり靴の内部に縫い目を出さないことによって、足の違和感を減らし、よりストレスフリーな履き心地を得られるからです!!!

すげーやオールデン!!!

………と言いたいのですが、モカ縫いはさておき、サドルの縫い付けは普通に革を貫通しているので、ステッチ端の処理、玉留め?が足にめっちゃ刺さります。いてーのなんのって!!笑

オールデンのローファーは素足履きはオススメできません!インビジブルソックスでも防御力0の素肌部分はやられたりするので油断禁物です。

ゼータクな1枚革!!

オールデンのローファーはモカ部をステッチで表現しているので、1枚革にサドルを乗っける形でできています。

けっこう贅沢な革の使いかたです。

かつ、アンラインドにできるコードバンの均一な厚み、ブルックスブラザーズというブランドに見合う色ムラのなさ……

となると、必然、質の良いコードバンになってくるでしょう。

ブルックスブラザーズに卸されるオールデンは特に質の良いコードバンを使っている、というウワサもありますが、この靴に関しては色ムラやシミなど少なく、キレイなコードバンです。

って言いたいですが、このムラ感はクリームか??そしてツヤも、ぶっちゃけ、まぁ、普通です。笑

Vチップは色が抜けたらどうしようもないシミがたくさん出てきたりしましたが、はてどうなることやら……笑

このローファーもそこそこ色が抜けてきていますが、純正のファインブーツクリームを塗りつつ濃さを保つ、あわよくば濃くなっていけばな、と思っています。

モカのステッチが生成りなので色つきのクリームを塗るのはなかなか気を遣いますが、、、

Alden製&品番の謎!!

そもそもこれがオールデン製ということも公言されていないですが、ソールの仕様やスキンステッチ、品番の書きかたからオールデン製だということは半ば公然の秘密となっています。

2014年製?

インソックもブルックスブラザーズ名義なので、一応この靴にオールデンと明記されているところはありません。

しかし”HAND SEWN”とは……スキンステッチはたしかにそうですが……笑

品番については、#8コードバンは品番06603の他、34379もあるようです。

が、その差はネットの海を彷徨っても分からず……

それぞれ米国オリジナルのVanラスト(=986と同じ)と、日本版Vanラスト(=99162と同じ)という仮説も立てたのですが、ネットの海を彷徨ってもウィズが違う写真も多く、真実は謎!!!

ご存知の方、いらっしゃったら教えてください。

Vanラストでしょ?

オールデン製であることも非公式ということで、使用されている木型もまた公開されていません。

一説にはブルックスブラザーズオリジナルの木型であるという話もありますが……バンラストでしょこれ?

履き心地はたしかに若干異なる気もしますが、個体差や、素材の差の範囲だと思います。

こう言っちゃなんですが、そんな微細な差を気にして特定のブランド向けにオリジナルラストをもっておくようなブランドじゃない気がします、オールデンは……。

まっさらシュータン!

オールデンのコードバンアンラインドローファーのアイコンと言えば、まっさらシュータン!

裏に縫い付けるライニングがないので、そもそもステッチがありません。ナチュラルボーンネイキッドコードバンです。

アイコンとか言いましたが、ぶっちゃけそんなに見る人もいないと思います。

アンラインドのシワ!

あとはやっぱり、アンラインドならではのコードバンのシワです。この穏やかなるコードバンの海。そして雄大なうねり。

壮観です。人間が勝てない自然の神秘をかんじる。

2938F(アンラインドプレーンドーバー)なんかもそうですが、アンラインドだとライニングがないのでシワがグニャグニャに入りやすいようです。

個人的なシワ入れ技量的に、アンラインドにシワを入れるのはゼッッッッッッタイむり!!と思うのですが、幸いこの靴は中古にしてめっちゃ良いバイブスのシワが入っています。

偉大な先人に頭が上がりません。

今日のモディファイ!

明日は履き心地レビュー!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください