もでぃふぁいど の靴棚!Alden54321!!以心伝心!!最高の友人!!!

Pocket

新シリーズ、もでぃふぁいど の靴棚です。

家計と靴箱を圧倒的に圧迫している贖罪と言い訳も込めてお送りします。

1足目はやっぱりこれ!Alden54321!!

1.もでぃふぁいど が考えるオールデン54321!!

1.1モディファイドラストの採用!!

アウトサイドカーブ、インサイドストレート

履き心地が良い靴という言葉を靴にしたならこの形をとることでしょう(何が何やら)。

また、Vチップというのがモディファイド ラストのために生まれてきたデザインでは?と思えるほどのマッチング。

もでぃふぁいど が考えるモディファイドラストの良いところ。詳しくはいつか書いた記事に譲りますが、

やっぱりどんなコンディションでも履け、とにかく歩きやすいっていうのが大きいです。

土踏まず部分で靴をフィットさせるので、むくみの影響を受けやすい指先回りやかかとの大きさをある程度吸収できることが強みです。

難しいことを抜きにして、

とにかく履いていて気持ちがいい。

この一言に尽きます。自然と登板回数が多くなる靴です。

1.2ホーウィン社製#8コードバン!!!

まず第一に、コードバンは単純に牛革(カーフ)より2-3倍強度が高いです。うれしい。

また、メンテナンス面でも、かなり楽なのがうれしい。もとからツヤ感がすごいので、ブラッシングさえしておけば「きれいな靴」という印象を長く保てます。

仕事用に黒いほう(54331)も欲しいくらいです。普通に#8でも仕事に履いて行ってしまってますが、、、

#8コードバンはレアカラーに比べると色味が濃いですが、経年で色がどんどん抜けていきます。その過程が楽しい!!!

購入当初。色、濃かったんだなぁ。

経年を楽しみにできる素材の代表格と言えるでしょう。

1.3オールデンという沼を感じる!笑

履くとオールデン熱が再来します。笑

発想力の勝利。擬似サークル!!!

オールデンは沼です。1足買った方ならわかることでしょう。履き心地が良いなぁ。明日も履きたい。明後日も履きたい。。雨の日も履きたい。。。レアカラーも欲しい。。。黒も#8も欲しい。なんなら同じモデルもシワの入り方が違うし欲しい。。。

こうして人はオールデンという沼にハマるわけです。

我が家には今のところ、なんとか、54321と1655の2足で耐えています。いつもギリギリです。

2. もでぃふぁいど 的オールデン54321の役割!!

妻には言われます。足何本あるんだと。同じような靴ばかりじゃねえかと。

まっことその通り。その通りなのですが。。。

たとえ見た目が似ていても、たとえ足は二本しかなくても、もでぃふぁいど にとってはその靴にはその靴の役割があるのです。

オールデン54321の役割と言えば。。。

平日はなーんかダルいなぁーと思えばまず履いて行く靴です。笑

服装まで気にされるお客様との予定がなければジャケパンに54321!!

いやしかし、靴が赤くなってきて合わなくなってきたような……

休日は、休日にしか履けない靴を履きたい気持ちもあり、登板回数は落ちがちですが楽チンキレイを志すときは第一候補になってきます。

子供抱えたまま長い距離歩くけど、ニューバランスじゃちょっとな、という気分のときとかですね。

3.オールデン54321を例えるなら!

そう、例えるなら、、、

流しながら読める方はどうぞ。笑

何故、彼女を選ばなかったのだろうか。今でも時々自問する。

お互い、何でも気楽に話せる。沈黙だって気にならない。彼女の纏う雰囲気も心地よい。ウマが合うというやつだ。

夕暮れの薄明かりが石畳をぼんやり照らしている。

街中から少し外れたレストランの窓辺。使い込まれた革張りのソファに僕らは沈み込むようにして向かい合わせに座っていた。

結局、そこに明確な理由なんてない。ただ、それぞれの色々な選択が積み重なって、なんとなくこうなっているだけだ。

「ねぇ。そんなムツカシイ顔しないで。私といるときくらい、気を抜いていていいのよ?」

彼女の澄んだ瞳がこちらを捉える。蠱惑的とも言える瞳は出会った頃から変わらない。それどころか年々輝きを増していく魔性の瞳だ。

「え?そんな顔してた?」

「そんな顔も何も、ものすごいしかめ面だったわよ?……ずいぶん疲れているのね。」

ワイングラスを傾けながら気もなさそうに言う。

僕もウィスキーコークに口をつける。炭酸の爽やかな刺激の後、ウィスキーの香味とコーラ独特のカラメル、そして甘ったるい味とアルコールの熱がやってくる。

一息置いて言う。

「そんなに疲れてないよ。」

「ウソ。あなた疲れてるときは大抵コーラ飲んでるじゃない。無意識だったの?」

長い付き合いだ。彼女に隠し事は難しい。あまり隠す必要もない間柄ということもあるけれども。

「しかも最近会うときは大抵コーラ割りばかり飲んでるわね。」

「……ごめん。」

もう一度、彼女の瞳が僕を見据える。

「別に謝ってほしいわけじゃないのよ。結果として、こうして会える回数は昔より増えているもの。私はうれしいわ。でも、ちょっと、心配。」

「そういう君も、こうして会うときはその赤いワンピースのことが多いね。」

「似合わないかしら?」

赤、というよりは、バーガンディ。彼女が好むワインのような、落ち着いた色味だ。

体のラインを強調するタイトなワンピースだが、彼女のために仕立てられたのではないかと思うほど良く似合っている。

あれは以前彼女とブルックスブラザーズに立ち寄った際に買ったものだ。

出会ったころはどちらかと言えば地味な印象だった彼女に、きっと似合うと試着を勧めたのは僕だった。しかし、彼女が試着室から気恥ずかしそうに出てきたときには随分ドギマギさせられてしまった。

そのときの印象は今でも衰えない。すっかり垢抜け、歳を重ねた大人の余裕と相まって、彼女の魅力を大変に引き立てていた。

「もちろん、似合ってる。あの頃からずっと。君にピッタリさ。だろ?」

「ありがとう。あのころのあなたは私に首ったけだったのにねぇ。」

「おいおい、そんなまるで……」

「君こそが最高だ!やっと出会えた!…….あなた酔っぱらった時そう言ってたのよ?覚えてない?」

こうなるとバツが悪い。ウィスキーコークをちびちびと舐める。

「……うふふ、ごめんなさい。ちょっと困らせたかっただけよ。昔のこと蒸し返して悪かったわ。」

「たしかに悪いのは僕だけど、過ぎたことを言われてもなぁ。勘弁してくれ。」

「本当に、怒っているわけじゃないのよ。こうして、今もあなたは私を色んなところに連れ出してくれる。私はあなたに昔のことを思い出してほしくて、このワンピースを着ていく。その度に雨だ、砂利道だと、あなたを困らせる。」

彼女は一息に喋ってしまうと、ワインを静かに傾けた。

「困った人だねぇ。本当に。」

「でも、その度に良い思い出になったでしょう?ちょっと面倒なくらいが1番可愛いのよ。」

「自分で言うか?」

「あら?あなたの前でくらい、思っていることを素直に言ったって良いじゃない?」

自分にも分かっていた。この関係が心地よくて、疲れたときはつい彼女に会ってしまう。

彼女のやさしさにつけ入り、甘えて頼っている。

そして、彼女もそれを分かった上でこの逢瀬を受け入れ、意趣返しとしてからかってくる。

「私が男だったら、あなたともっと良い友達になれたかしら?」

「男は、ワンピースが似合わないからなぁ。」

「何よそれ。たまには素直に褒めてくれたって良いのよ?……はぁ。」

少しため息をついてグラスを傾ける。

その仕草を見ていると、ふと目が合う。イタズラな輝きを放つ、魔性の瞳。

そして、彼女はあのころと変わらない笑顔で静かに微笑む。

昔からこの瞳にやられっ放しだと、酔って靄がかかり始めた思考の中、ぼんやりと考えていた。

っと、こんな感じでしょうか。

え?靴の話ですよ?ええ。

あれ?誰もついてきてない?もでぃふぁいど 1人だけですか??

自分で書いていてなんですけど、もっと、たくさん磨いてたくさん履いてあげるべきな気がしてきました、、、

(それにしたって、サイト名になるくらい思い入れのある靴から書いちゃったからなぁ。どうなるんでしょう、このコーナー。1回で打ち切りの伝説のシリーズと化すかもしれません。笑)

初回特別スペシャルはこれにて。

世の中にはこんな阿呆もいるのです。是非笑い飛ばしてやってください!

うん、そしてold loveは靴磨き中にも浸れる良曲ですなぁ。

今日のモディファイ!!!

オールデン54321が纏うは、グラマラスな包容力!!いつでもどこでも僕らを甘やかしてくれる!!!もうね、54321履きながらコーラ飲むんですよ。やりたい放題やるんですよ。生きたいように生きるのですよ!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です