100足近く革靴買ってきた男が賢い革靴の買い物のしかたを改めて考える記事

正確には91足でした。四捨五入しても許して!!

91足買ってきた男の教訓!

今日は愛すべき革靴沼の皆さまに向けて、革靴を91足買ってきた男が教訓として自らに課したいものを共有しておきます。少しでも参考になれば幸いです。

「あれば履く」はNG!「これ履きたい」で買おう!

まず、声を大にして言いたいのがコレです。コレ1番重要。今後全ての項目にコレが効いてきます。

これ履きたいの1足

セールや中古市場って良いですよね。一期一会。この機会を逃せばこんなお得に買えることはもうない……!!

となると「ラインナップにあれば履くのは間違いない」くらいのハードルで買ってしまうこともしばしば。

しかし「あれば履く」と「これ履きたい」の間には大きな差があります。

あれば履く、って言う靴はラインナップが増えてくると「履いてもいい靴」くらいの立場に落ち着いちゃって結局履かないんですよ。

これはもっと早く気づいていればなぁ、と思うことしきりです。

まぁブログとかやってると「あれば履くしネタにもなる」という理由もあってさらに加速しがちになりますわな。

逆に初期に買ったJ.M.WESTONの641ゴルフなんかはラインナップが貧弱な頃に「これ履きたい!」で買いに行った靴なので現役なのかもしれません。

今でもコレ履きたい!ってなります

平たく言えば、今狙っている靴というのをハッキリさせておいた上で、ドンピシャでその靴がセールにかかっていたら「ラッキー!!」と買うのが良いと思います。経験上、色違いとかソール違いも危険なので注意しましょう。笑

そうなると大抵はセール品ではなく正規品を買うことになると思います。それで良いんだ、、、それで、、、

「絶対これはマイサイズ」と言い切れる靴だけ買うべし!!

結果的にですが足元に残った靴を見ていると、きちんと試着して、その木型、靴のサイズがしっかりわかった上で買ったものが残っています。もうこれは「絶対マイサイズ」と言い切れる靴。

それでもキツい靴はなくもない

どうしても欲しい靴がネットでしか買えない!!という状況は往々にしてあるのですが、フィッティングに妥協したくない方は最善の努力を尽くしましょう。

少なくとも、もでぃふぁいど はオールデンなら自信を持って買えるようになりました。笑

参考にサイズ一覧とか参考に載せている身としてはアレですが……

別にブランノックデバイス買うまでいかなくても良いと思うのですが、試着ができるのであれば間違いなくオススメします。

中古の靴には特に注意!

これは事実としてですが、中古で買った靴はラインナップに残っていませんでした。(未使用品は除く)

今後どうなるかはわかりませんけどね!!!

もでぃふぁいど は中古の靴だって状態よければ全然気にせず履いてきました。中古の靴を買うのに反対の立場ではありません。むしろ超好きです。が、中古品はいかんせん手放すハードルが低いんですよね。

良い靴だったんですけどねぇ、、、

キレイに履いてちゃんとケアしていれば大きく損することなく売却できちゃうことが多いので、「あれば履くだろ」「売ってもそんなに損しないだろ」のダブルコンボで決まっちゃうんです。

さらに「ブログのネタにもなるし」という伝家の宝刀がここでも大活躍しまして、91足のカウントはほぼほぼそのようにして積み上がっていきました。

色んな靴の履き心地を知った上でコレ!と自信を持って選べるようになった点は喜ばしいですが、もう少し近道があったのでは?という気はします。

なので中古の靴を買うこと自体はOKかと思うのですが、「コレ履く!!」のハードルを超えているかどうかはしっかり見極めましょう。

じゃあどうすれば?

普段の服装や、デザインの好み、履き心地も加味した上で「これ履きたい」と思える靴をちゃんと考えておくべきです。

それは予約して買うことになる靴かもしれませんし、場合によってはMTOやパターンオーダーすることになるかもしれませんし、さらにことによればビスポークすることになるかもしれません。

でも90足買うより安い!!!

かと言って、人の価値観は変わるもんなのであまりガチガチに考えていると何も買えなくなっちゃいます。

あの頃はこの靴が良いと思ったんだよなぁ、という感じになっても履けるのは、履き心地の良い靴だけ。履き心地は特に重視するのが良いでしょう。

別に今さら歩んできた道のりを後悔しても仕方ないので気楽に考えていますが(学ばないともいう)、読まれている皆様には同じ道を歩むべきとも思いません。笑

気楽に楽しく革靴道を歩みつつ、しかし本当に欲しい靴に皆さんの足が収まりますように!!

今日のモディファイ!

結局、ちゃんと欲しいと思った靴は何年経ってもずっと欲しいまんまです。セールや中古市場での出会いという突発的物欲に惑わされず、自分の本当に欲しい靴にリーチしていきましょ。

6件のコメント

  1. ブログ毎回楽しく読ませていただいてます。

    欲しい靴次第で中古等も選択肢にはなりますよね。
    確かに自分の持っているものを見ても、中古はほとんど残ってないです。

    他の方の意見が知れて参考になります。

    1. ダンプティさま

      コメントありがとうございます!!
      中古も全然アリなんですよね、じゃなきゃ私もエドワードグリーンの履き心地がうんぬんとか言えなかったので、、、

      しかし本命さえ決まれば、やっぱり試着や実物を見た上で新品を買うことになるのかな、となんとなく思いました。となると現在開催中のウエストンヴィンテージなんかは非常に魅力的な取り組みなわけですが……笑

  2. いつも楽しい記事ありがとうございます。もでぃふぁいどさんの革靴を楽しむスタンスがよくわかって興味深いです。
    私の革靴購入歴は10足程度でまだまだ初心者の部類ですね(笑)。自分の服装に合う靴を選ぶことはおしゃる通り大事だと思いました。服と合わないと結局履かなくなりますもんね。自分のケースではむしろ履きたい靴に合わせてファッションを変えてしまいましたが…笑

    1. ぶんちゃんさま

      コメントありがとうございます!
      わたしも服を選ぶときは靴から決めていきます。笑

      こんなに買わんで全然良いと思うのですよ……この屍を乗り越えてぜひ賢い革靴道を歩んでください!!!

  3. むしろハマり初めの頃はドレスコードのバランスがおかしかったのか、「これ欲しい」で買ったものよりも「安いし、あれば履くかな…」くらいの勢いで買ったものの方が未だに残ってたりしてます。
    しばらく履いてみて気にいるパターンもあるので、とりあえず買うってのも悪くない…と散財する理由ばかり出てきてしまいます。

    1. ささみ120gさま

      コメントありがとうございます!
      ハマり始めのころのもので、履き心地が良くなって愛着も湧いて手放せない、これもあるあるだと思います!!

      履き心地も実際に履いてしばらくしないと判断つかないですもんね。とりあえず履いてみたい、これは知的欲求なので抑えようがありません。向上心なので。前向きな感情ですからね。自分の気持ちは大事にしてあげましょう。(散財しながら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。