ビスポークシューズが届いてわかった本当にビスポークに近い既製靴ブランドは!?

ぶっちゃけどれも良いです

ビスポークシューズと比べて再発見する既製靴の価値

これまでブランドが言う「ビスポーク譲りの」とかはそのまま使ってきましたが、ビスポーク履いてみたことがないので実は何のことやらという状態はどうなん?と自らを省みることがたまにありました。

しかし、ついにもでぃふぁいど もビスポークシューズを履き、その履き心地がわかるように!!

たしかにビスポークは良いです。既製靴と比べたら履き心地は異次元かもしれません。

ただビスポークを履いたことによって、このフィッティングと同じライン上にあるな、という既製靴がよりハッキリと感じられるようになりましたので、以下ランキング形式……というか思いついた順に感想を述べます。

既製も既製ですごいんだと。よく汎用ラストでここまでの履き心地を叩き出してくるなと。

そういう個人的感想です。

1位Saint Crispin’s!

まずビスポーク履いて思い出しちゃう1位はやっぱりここかなと。

既製とはちょっと信じられないシェイプと、ロングカウンターによるガッチリ足をホールドする履き心地。首藤氏曰く「ヒールに鉄入ってんのか?という履き心地」はダテじゃない!!このガッチリホールド感はすごいです。

既製靴の中でも異色の履き心地なので、予想通りといえば予想通りかもしれません。

サンクリスピンの履き心地は、足の後ろ部分がガッチガチにサポートされ、言うなれば足の装具といった趣です。裸足で歩く以上に歩きやすくするためにつける装備品というイメージ。ただ決してツラい硬さはなく、歩くために必要な剛性を持たせたらこうなったという感じ。

シューツリーを見ても、もうビスポークじゃん!という見た目をしています。写真ではわからないですが、裏面は大きくくり抜かれています。

今回のビスポークの履き心地はもう少し全体がしなやかな感じですがフィッティングの感覚はかなり近いと思います。

むしろサンクリスピンはここまで攻めたフィッティングだと全然合わない人もいるんじゃないかとも思うのですが、これで推すと決めたブランドの方向性が天晴れです。

2位Gaziano&Girling!

吸い付くフィッティングといえばやっぱりココ!ガジアーノ&ガーリング!!

サンクリスピンが剛の靴であるなら、ガジアーノ&ガーリングは柔の靴です。両方履こう!

ビスポークを履いた直後にここのTG73ラストを履いて「肉薄している」と思いました。履いて伸びたのもあるでしょうが、ビスポークを履いた直後にGGを履くと全体的にゆとりが感じられました。逆に言えばこの「あとちょっと」を詰められるのがビスポークの醍醐味だと思います。

いや、TG73という超名ラストを引き合いに出して「ゆとりが感じられる」なんつーのはとんでもない話でして、「単にオマエの足が華奢すぎるだけだ」となれば全くもってその通りです。GG単体で履いていてもなんら気になるところはありません。そもそも、ゆとりなのか?革の靴下のように伸縮性に富んでいて、足にスゥっとフィットする感覚です。

あくまで足に合わせた究極の1足と比べて、という話なので、ガジアーノ&ガーリングの靴は絶対値で見れば驚異的なフィッティングです。MTOキャンペーンにめっちゃ乗っかりたかった。思い出すだけで枕が濡れます。

3位!EDWARD GREEN!!

3位はここ!エドワードグリーン!

サイズをハーフ上げた 32ラストのドーヴァーは4年以上履いて馴染んでいるのもありますが、履き心地はビスポークに近しいものを感じます。特に踏まずや足裏のフィット感!!

ビスポークと比べれば足の前側部に余裕を感じますが、それによって何か不都合なことがあるかと言えば特にありまけん。楽ですし、好きです。

ユタカーフが柔らかいというのもありますが、改めて素晴らしい履き心地なんだなと再認識しました。

改めてのケンジントンⅡ!

そして国産靴の雄、リーガルのハイエンドブランドであるシェットランドフォックスのフラッグシップ、ケンジントン2もランクイン!!!後から思い出すという。

順位をつけるとしたら……ガジアーノ&ガーリングと並ぶのでは……??

あの足の後半部をがっちり抑える感じと、甲の外側のフィット感なんかはビスポークにかなり近いものがあるのでは??

シューツリーもケンジントンⅡ専用のツリーがあり、なんとこれまたビスポーク譲りの3分割式!靴にフィットしすぎて取り出しにくいのもビスポークと同じです。笑

モデル専用のシューツリーがあるだけで気合の入れようが感じられますが、更にこれを3分割式で作っちゃうのすごくないです??

GGやEGに比べ、靴の価格対履き心地で言えば驚異的なものがあると思います。ぜひ一度履いてみていただきたい1足です。

踏まずだけマッケイ製法なので、オールソール回数が……という懸念もありますが、週2で2年履いてもオールソールには全然ならないのでそもそもソールが丈夫です。最後はハーフラバーにするという手もありますし!すごいぞ国産靴!!!

番外編!J.M.WESTON677ハント!

この論点は別途記事にしようと思うのですが、なんならビスポーク並の価格のハントはどうなの?

答えは「アリ」!!!

ハントは履き口とカカトで足を固定する設計です。特に履き口。馴染むまでは捻じ込むくらいの気合いがないと足が入りません。いやマジで。大袈裟ではなく。

でもこの履き口とカカトでキメてしまうので、足の前半分は比較的フリー。足型問わず快適と。そんなフィッティングになっています。

一方で履き口とカカトはウィズを選ぶことでしっかり合わせることができます。

全体を足なりにしてフィットさせるビスポークと設計思想が異なりますが、足の固定具合で言えばハントはビスポークと比べても遜色ないと言えるでしょう。

またハントの分厚いダブルソールは手強そうに見えながらも意外とジェントルなので、返りも問題ありません。さすがフラッグシップ!!!そして価格もフラッグシップ!!!もでぃふぁいど のはまさかのアウトレットで買ったものですが、、、

サイズ感なんかも過去の記事にありますので、ぜひ試していただきたい1足です。おいでよハント沼。

まとめ!

ビスポークが来てしまったら、今までお気に入りだった既成靴の評価を下げざるを得ないのでは?もでぃふぁいど 大処分市を開催した果てに2足目3足目のビスポークなのか??という心配もありましたが、杞憂に終わりました。

ビスポークを履いたからこそ分かる既製ブランドのそれぞれの良さ。最近は色んな靴を履く楽しさが改めて感じられるようになりました。

持っている靴のラインナップにマンネリを感じてきたらビスポーク投入、あると思います!!!

今日のモディファイ!

ビスポークも既製もいい。つまり革靴は総じて良い!!!靴を買う理由がこれ以上に必要でしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。