靴磨きにおけるプロと素人の違い!!写真で比べてみた!!!

Pocket

またまだ行きますよ……!!

寺島さんに磨いてもらった靴!!

先日から引っ張り続けている靴磨き日本選手権大会2019チャンピオンの寺島さんに磨いていただいた、J.M.WESTONの180!!

確かに美しい。君は最高だ。毎日履きたい。

でも読者の方からしたら、比較対象が欲しいですよね?

じゃあ比較してみようじゃあないか!!

出でよ!素人が磨いた靴!!!

ドォォオオオゥゥーヴァァァアアアア!!!

ちなみに素人とは、もでぃふぁいど のことです。

先日磨きましたとも、ハイ。

比・較!!!

寺島さんが磨いた靴
もでぃふぁいど が磨いた靴

寺島さんが磨いた靴がさすがなのはもちろんです。

しかし、「もでぃふぁいど も意外とやるな??」と思ったのはもでぃふぁいど だけではないはず。

結構頑張ってるよね??こんなブログ延々とやってるくらいだもんね??

さて、まじめに違いを見ていきましょう。

プロと素人の違い!!

ぱっと見は意外と頑張っていたもでぃふぁいどの磨き。

しかし、拡大してみると……ずい。

ずずい。

こんな感じです。

対して寺島さんが磨いた靴は……ずい。

ずずい。からの比較。

寺島さんが磨いた靴の破綻のない輝きよ……!!!

対して、もでぃふぁいど が磨いた靴はなんかムラがありますね。

しかも、ここで考慮すべきは、寺島さんは限られた時間の中でこの結果を出しているということ……!!

お見それしました!!!!

感想!!

シューケア!!

やはり特筆したいのはヌメっと感ですね。ヌメっと感。革が潤っている感じがします。

これはシューシャインやない……シューケアや!!なのに結果は美しい!!なんなの……この控えめなのにグッとくる……芯から光るような透明感は……!!!

見れば見るほどドーパミンが出てきます。

2:8の法則

普通は2:8の法則といえば、パレートの法則として知られるやつです。

利益の8割は2割の人が作っているものである、みたいな理論です。

お店であれば2割の常連が8割の利益を作っている、みたいな感じですね。常連さん……いわゆるお店のファンは来店頻度、購買単価ともに高いので。

が、今回思い出したのはそんなのを勉強する前……。

エレキギターのアンプ職人さんの言葉として紹介されていたものです。

100点取るのに必要な努力を100%としたとき、80点は20%の努力で取れる。

あとの20点を極めるのに80%の努力を要するのだ。

これは当時エフェクター(エレキギターの音を変える装置)を作っていたもでぃふぁいど は「うおおお」ってなりました。

回路をコピーすれば、かなり似た音が出る機材は作れるのです。(20%の努力で80点)

でも、市販品と完全に同じ音にはならない。パーツや部材の選定、半田付けの技術など、そこを試行錯誤することで初めて到達できる高みがある。(残り20点とるのに80%の努力)

話がずれました。

つまりですよ。

もでぃふぁいど が磨いた靴だって、履いて人前に出る分には問題ないはずです。でも、拡大すれば粗い部分もある。そういう意味で80点。

一方で寺島さんが磨いた靴はいくら拡大したって破綻しません。100点です。

確かに拡大しなきゃわからない差なのかもしれません。

しかし、その差を埋めるのに80%の努力を積まれたのが職人さんたちなのです。

もでぃふぁいど はその努力に敬意を払える人間でありたいと思います!!!

そもそもセンスが

じんわり光らせる、というこの光らせ具合。そして透明感。

そもそも、このセンスがもでぃふぁいど とは違いすぎる、というのは比較するまでもないことでしたね!!

やっぱりどう光らせるか?みたいなところにいっちゃうじゃないですか。

ギターにハマったらまず早弾きにハマるように、靴好きはハイシャインにハマるのでは?というのが持論です。笑

このじんわり具合……何度でも言いますが永久保存版です!!

そして寺島さんご自身もお若いですから、これから更にその腕は深化されることでしょう。これからどうなっちゃうの……。

今日のモディファイ!!!

いい加減引っ張りすぎて寺島さんに怒られそうです。でもあと1本記事あるの……

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です