革靴の「チッ」てなんだ??その真実に迫る……!!

Pocket

ずっと気になっていたんですよ。

革靴の「チッ」

さて、この単語を知っている方は皆さん見られていると思います。笑

もでぃふぁいど も大好き、ユニオンワークスさんのブログです。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-700.html

もでぃふぁいど はしょせん一般ピーポーですからね、作りがうんぬんと言ってみても、結局毎日靴をバラされているユニオンワークスさんのようなことは言えんのですよ。手当たり次第に靴をバラすわけにもいかず。笑

で、「チッ」とはコレのことですね。

……どこ?という方に。

ココです。

とか言いつつ君んちも年々投げやりになってない?

この「チッ」は古い靴やビスポークに見られる意匠で、ヒールが独立しているように見せることで、靴全体をスッキリとエレガントに見せる、というディテールみたいです。

言われればなんとなくそう見えるような

採用は稀!!

ビスポークに見られる……という通り、最近売っている靴での採用は稀なディテールです。

エドワードグリーンはおろか、

まっさら!!

VASS、

まっさら!!!

Gaziano&Girling(通常ラインMTO……

おまえもか!!ブルータス!!!

もでぃふぁいど の手持ちの靴は軒並みマッサラです。

あるのはJ.M.WESTONの古い靴と、現行だとこの靴くらいでした。段差というか、なレベルですが。

もう敢えて触れまい

そもそも「名無し」のディテール?

さて、もでぃふぁいど もこの沼に浸かってそこそこ時が経ちますが、このディテールが取り上げられることってあまりないんですよね。採用している靴も少なすぎる。

そもそも「チッ」以外にこのディテールを表す言葉が出てこないです。ジェントルマンズコーナーとか、あんな小さなディテールにも名前があるのに。

もしや日本語でこのディテールを表す単語はないのでは??

本場に聞いてみた!!

ならば本場に聞くまでよ。

ビスポークに縁がある既製靴ブランドならあそこ!!上位ラインには今も「チッ」が生き残っているあのブランドです。

もでぃふぁいど の拙い英語にも丁寧に返していただいて感謝感謝です。

ってまさかのご本人……!!

まさかディーン・ガーリング氏とメールでやりとり(大げさ)する日が来るなんて思いませんでした。

時差の関係で夜中に返信いただいたのですが、朝メール見て久々にサンタさん来たときの気持ちを思い出しましたよ。

で、そんなんで小躍りして忘れていたのですが、肝心の内容です。

中学生レベルの英語で写真とともに「このディテールの名前は英語でなに?」と送ったのですが、答えは

the details is jointing the bevel waist at the breast of the heel

Dean Girling

カッコよくまとめてみましたが、「ベヴェルドウェストとヒールの接合部」。

……これアレですね。

名前ないやつだ。

消えゆくディテール?

これは大変なことですよ。名前がない、もしくは失われている。

名前がなきゃ、オーダー時に「〇〇仕様で」みたいなことも言えません。

結果、世に出回る靴からどんどんこのディテールが消えていく。

最終的にはなんか古い靴はこんなんなってるけど、なんなんやろね?コレ??みたいになる。というか、なりかけている。

まぁなくなってもさほど悲しむことではないかもしれませんが、なんとなく寂しいですよね。

そういう単語ってぼちぼちあると思うんですよ。Vクリートとか。

じゃあ、なんか、つけちゃおっか。

Jointing of Heelの頭文字を取ってJoH、ジョー。

よし!!今日からオマエはジョーだ!!!

ん?なんか不満そうだな……。そんな顔をしている……。このサイトにしてはマトモなのになったのにな??流行るかな???

でも「チッ」のキャッチーさに全く敵わないんですよね。

今日のモディファイ!!

「チッ」保存委員会 正会員0000001号としてGaziano&Girlingデコラインが欲しいところです。

(キミもナイスな「チッ」写真を

modifiedjp@gmail.com

まで送って正会員になろう!!まとめページも作るよ!!!)

(応募があればですが)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です