雨より怖いオールデン(コードバン)の弱点!?withコロナ時代の革靴ライフ!!

Pocket

やられましたよ。やられました。

コードバンのオールデンの新たな弱点!!

冷静に考えるとコードバンのオールデンに限った話ではないんですけどね。

先にその状態から!!

この通りですよ奥さん。

赤丸のところ、シミのようになっていますね。

そこそこ磨いてあるオールデンなら、雨でも10分15分後にサッと拭えば、こうはなりません。

でも、コイツは一瞬でこうなってしまうのです。

で、その弱点は?

最近どこにでもいるコイツです。

あぁ〜となられた方も多いかもしれません。

アルコールは、溶剤です。

つまり、ステインリムーバーなんかよりよっぽど強力なクリーナーです。笑

アルコールにかかれば革表面のロウ分なんて一瞬ですよ。着弾後、1分後に気づけばこんな感じ。もうワックス落とすのに使えばいいんじゃないかな……。

よく言われることですが、あの手のスプレーをまともにワンプッシュするとビッタビタになる量出てくるのは、手のひらにためて逆の手の爪(の間)を浸すためです。

ちゃんとやろうとするとアルコールでビッタビタになるのはしょうがないし、垂れる。垂れた先に靴がある。ワックスがハゲる。

先ほどの写真、わざわざ赤丸をつけたくらいなんで、実は大して目立たないんじゃないか?という気もしたのです。

でも、写真以上にどうにも気になる。なぜなのか。

それは、実際に履いて動くと、この部分だけ反射の仕方が違うので悪目立ちするからではないか??と思っています。実物はもうちょっと気になりますよ。

対策?

対策、あんまりないんですよね。

そもそもアルコール消毒しなければ解決なのですが、今、社会的にアレですからね。大事ですから。

何より仕事でお客さんに呼ばれて行って「消毒にご協力ください」と言われたとき、「いやボク靴に垂らしたくないんでマジ無理っす!」って言ったら二度と声かからない気がします。笑

ビッタビタに垂れない量でお茶を濁す手もありますが、お客さんがちゃんとやってたらそういうわけにもいかんよね。業種的なものもありますし。

そもそも、自動で出てくるディスペンサーには太刀打ちできません。

ついに進んだ機械文明が我々人類に牙を剥く時が来たのです。

……つまり、アルコールは垂れてくるものである。

つまり、

当たらなければどうということはないのだよ!!

というわけで、当ブログとしては

(1)威風堂々と大股を開いてスプレーに挑む

(2)謙虚にめちゃめちゃ及び腰でスプレーに挑む

この2策を提案させていただきます。

たとえ少しくらい変な目で見られても皆さまの革靴が、そして革靴ライフにも変わらぬ輝きがありますよう。

今日のモディファイ!!

これがwithコロナ時代の輝かしい革靴ライフ!!

……と、こんだけ騒いでおいてアレなんですけど、この写真だとどこに垂らしたんだっけ?ってなってます。わからなくない?

気にしすぎィィ!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です