シガーコードバンがレアカラーである理由を考えてみた【ホーウィン】

Pocket

今日は人類の謎に迫ります!!※ただし妄想なので真実はわかりません!

ホーウィン社のレアカラーコードバン!

ホーウィン社のシェルコードバンには黒やカラー8などの代表的なカラーに加え、極端に生産数が少ないレアカラーコードバンが存在します。(たしか黒とカラー8で生産数の8割とかそんな話だったような)

ウィスキーコードバン

上の写真のとおり、レアカラーなコードバンはオールデン以外なら意外と普通に使われていたりするのですが(笑)、ことオールデンに関しては特別。

また過去オールデンがホーウィン社の経営危機を救った縁から、オールデン限定のレアカラーも存在するなどその沼は大変に深いというのはこの記事を読んでいただいている読者諸賢には周知の事実かと思います。

今日取り上げるシガーコードバンも基本的にはオールデン限定です。(他はKreisとashland leatherくらいでしょうか?)

シガーコードバンは緑がかった茶色〜普通のダークブラウンまで振れ幅が大きいレアカラーとして知られています。

これは比較的純粋な茶色でしょうか

シガー、なぜレア?

で、ずっと不思議だったんですけど、レアカラーがレアカラーたる所以は、

コードバンの原料となる農耕馬の飼育数が減る

コードバン自体の希少性が高まるなか、薄い色に染めてもキズが目立たない原皮はさらに希少に

という流れでレアだったかと思います。

でも、シガーコードバンって色濃いですよね。キズ、目立たないのでは?

カラー8と大して変わらん気がするんだけど……というのは長年の疑問だったのですが、今日もしかしたら思いついちゃったかもしれません。

シガーコードバンを作ってみよう!(電脳上で)

まずは染色されていないナチュラル色のシェルコードバンを用意します。染色前のコードバンはだいたいこんな色です。

試しにカラー8の染料を塗ってみましょう。カラー8は染料そのままの濃さということなので、そのまま塗ってフィニッシュでしょう。

うんでもちょっと薄い。カラー8コードバンは何度も職人さんが染料を塗り込んでます。

なのでこちらでも塗り重ねてみました。かなり見慣れた色になりましたね。もうこれ、完全に#8です。カラー8の色のばらつきまで再現しちゃってる。自分の才能が怖いです。

カラー8はこんなもんだと思いますが、次はシガーコードバンの作成にとりかかりましょう。

ここでキーになるのは濃い緑の染料では?と思いあたりました。ホーウィン社のシェルコードバンにはダークグリーンという色が存在します。財布は何色でも使いやすくていいですよね。

つまり、濃い緑の染料が存在しているということです。たぶん。

そんなことを念頭にシガーコードバンの作成に取り掛かります。

まずはカラー8を1回塗る。

暗い緑色の染料を足すと、重なった部分に見慣れたオリーブがかった茶色……??

わかりにくいので混ぜた色をメインにしてみました。

完全にシガーコードバンが誕生しましたね。もでぃふぁいど はついにこの手でレアカラーコードバンを生み出すことに成功しました。讃えてください。

比較してみてもほら。いいかんじ!!

で、なんだっけ?ペイント遊びがしたかったんだっけ?

シガーコードバンがレアカラーである仮説

つまり、カラー8なら1種類の染料で終わるところ、シガーは2種類の染料を使っている。

どちらが先かはわかりませんが、ホーウィン社としてシガーを作る際には

片方塗る
↓
乾かす
↓
もう片方を重ねて塗る

という工程なのでは?

乾かす時間も必要でしょうし、もう一回塗らなきゃいけない。何より時間がかかる。

つまり、超面倒くさい!!

だからあんまり作らない!!

というわけでシガーコードバンがレアカラーになったのではないでしょうか???

面倒くさいから、というとアレですが、工数が増えるということはそのまま加工賃、人件費が乗るので原価が高くなりますね。

また、生産効率から見てもシガーコードバンを作る時間でカラー8だったらもっと作ることができます。

そりゃ作らないわな。

ちなみにほぼ妄想です。

さらに妄想ついでに話を膨らませると、ダークコニャックやモカ、ダークブラウン、エスプレッソといった濃茶系コードバンたち。

これはホーウィン社の試作ロットだったのでは?

ホーウィンとしても、濃茶のコードバンは欲しい。どう考えても一般的にはカラー8(バーガンディ)よりダークブラウンのほうが一般的で需要もあります。靴もベルトもカバンも普通は黒か茶色の展開があって、さらに展開していてネイビー、さらに展開があってようやくボルドー(バーガンディ)という感じです。

そこで、混ぜなくても1発で濃茶に染めることができる染料をいろいろ試している。

ひとまず使えそうなのがダークコニャックに使っているもの。

しかしこれもわりと緑がかった色ということもあって、もう少し一般的な茶色を求めて試作を繰り返します。

その結果生まれたのがダークブラウン、エスプレッソ、モカといったコードバンたちなのでは??

最近(たぶん)あまりこういった色のオールデンは出てないような……。そもそも試作ロットだったのであまり数は多くない。そこで蜜月関係であるオールデンにのみ供給し、オールデンとしても数が少ないのでレアカラーとして特別に生産した。

今日はたくさん謎が解けてスッキリしましたね!!妄想ですけど!!!

今日のモディファイ!

少ない情報を繋げて推測した結論ってあたかもそれっぽく見えて自分では天才じゃなかろうか?って思うけど、まるで事実と異なっていることもあるから気をつけなくてはいけないよ、と以前読んだ本に書いてありました!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です