最強のアイランドスリッパを探せ!表革vsスエード/トングVSつっかけ!

Pocket

なんでか2足あるアイランドスリッパ。

アイランドスリッパ!

イイですよねアイランドスリッパ。革靴のブログなのに最近コレしか言ってない。ヤバい。

今日はタイプ別にアイランドスリッパの比較をしていきたいと思います。

表革VSスエード!

スエードは、足型のシミができそうだなんだと言っておきながら結局買うの図。ダークブラウンならなんとかなるでしょ!!!!

足型つきつつありますが

というわけで1年ちょっと履いてみたのですが、やっぱりオススメは表革のタイプかなぁというのが正直なところ。

スエードは毛足がつぶれる!!

スエードは当初フワッとしていて素足で履くと「この世の天国か???」というような感触が楽しめます。

が、当たり前ながら履いていると体重がかかって毛足が潰れてきます。そうするとなんというかザラザラというか……

ブラッシングすればまた違うかもしれませんが、また履いたらすぐに潰れるであろうフットベッドをマメにブラッシングできるのか?もでぃふぁいど はNoだ。

スエードの栄養スプレー的な王道スプレーも基本はオイルなのでヌルヌルするようになってもイヤだなぁと敬遠しています。これやればまた変わるかもしれません。しかしやるのか?

スエード、湿ってる、、、

最近湿度が高いというのもあると思うのですが、除湿剤を置いた下駄箱から取り出して履くと、フットベッドがジットリしてます。

除湿剤置いておいてもコレ!?

履いたばかりなのに既に蒸れたようなジットリ感……そこそこ萎えます。笑

スエードの文句ばかり書いてしまいましたが、表革のアイランドスリッパを履いているときにはいずれも気にならないことです。

履き心地で悩まれているのであれば表革、スムースレザーのタイプをオススメ!!!

1万円で買えれば現地より安い説

トングVSつっかけ!

トングというのはいわゆるビーサン。

鼻緒があるタイプです。

つっかけはそのまま、靴下履いていてもつっかけられるようなタイプです。

歩きやすさのトング!

歩きやすいのは圧倒的にトングタイプです。踏み込むときに親指と人差し指でトングを挟むように力がかかるので、サンダルが安定します。走れるかと言えばしんどいですが……

ワンマイルサンダルとしてはこちらに分があるかな、という感じ。

ただし当然ながら靴下を履いているとトングタイプは履けません。夏限定、もしくは足袋ソックスや5本指ソックスと併用するか……

まぁそもそもサンダルなんて夏の履き物で素足上等、秋冬は革靴履くわ!!という方は問題ないですね。もでぃふぁいど のことです。

編んであるタイプ、あれば超欲しかったのに日本でも1.1万で買える罠)

汎用性のつっかけ!

靴下を履いているときだって、ちょっとした用事があるじゃないですか。新聞取りに行くとか、家の前掃き掃除するとか。

冬に裸足でトングタイプを履くのはしんどい、かといってそのためにわざわざ5本指ソックスに履き替えるくらいなら他の靴履くわ!!となるのもむべなるかな。

そんなときにあると重宝するのがつっかけタイプ!!!

これはもう今履いてる靴下なんか気にせずスポッと履けばOK!!

その楽さに助けられています。というかそのために買った。(セールで)

トングタイプに比べ、踏み込む際にすっぽ抜けないように踏ん張る必要があるぶん、若干歩きづらさはありますがそもそも距離歩いたり、早足で歩く設計にないというのが正しいところでしょうか。

とにかくいつでも履けて、楽な感じが良い!という方にはつっかけタイプをオススメします。

あとトングタイプは鼻緒で靴擦れしそうで怖いという方にもこちらをオススメ!!

つっかけタイプで表革のはあまり展開がないけど、コレとか超イカしてる!!!


ISLAND SLIPPER アイランドスリッパ サンダル PT223BS-PT223BS スネーク 型押し 2021SS クロス ブラック Black クラシック レザー THONG CLASSIC ビーチサンダル ビーサン メンズ レディース 男性 ギフト おしゃれ ハワイ 父の日

もでぃふぁいど も幼少のころビーサンの鼻緒にやられたまま海入ってボロ泣きしたという苦い思い出がありますが、大人になって買ったビーサン(JOJO、アイランドスリッパ)は靴擦れしないですね……何が違うんだろ。

今日のモディファイ!

生まれ変わってもまず1足目に表革×トングタイプ、気に入ったら2足目以降に表革×つっかけタイプを買うと思います!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です