【クラック】ガラスレザーが割れたァァァァ【無情】

Pocket

あゞ無情……。

ガラスレザー、割れる

ガラスレザーって割れるの?割れないの?どうなの?ということが気になって仕方ない皆様こんにちは。

割れます。クラック入ります。

いかにしてクラックが入ったのか?オマエは一体どんな扱いをしていたのか。1人の男とその靴の生き様をご覧ください。大したことはないですが。

クラックしたのはこの靴!

長くこのブログを読んでくださっている方からすると、え?どの靴?どの靴が??という方もいらっしゃるかもしれません。

この靴です。

キミか〜

あぁ、Church’sのシャノンじゃないのね、という向きもあるかもしれません。そちらもあとで見ていきますが、今のところはなんとか。

というわけで届いてから?ちょうど3年くらい?最強の雨靴として活躍してきたSandersのChelseaですが、ここにきてヒビが入ってしまいました。

クラックを見てみよう!!

というわけでこちらです。

わかりにくいですが、履きジワのところで割れています。

特にひどいのは左足の内側。

ボロボロやがな

明らかにやっちまってる箇所がありますね……。

角度を変えて見てみましょう。

うん、割れてる。

というわけでやはり靴の履きジワ部分にクラックが入ってしまいました。

人生初クラックです。

原因は?

(1)雨靴としての酷使

これはそういう用途で買ったので仕方ありません。大雨ならこのサイドゴアブーツ。ガラスレザーは雨を通さず、非常に頼りになるヤツでした。

台風の日も雪の日も。写真を撮る余裕のない日に履くことが多かったので写真があまりありません。

ただ、しっかりケアしていれば平気では?という思っていたのですが……

(2)ガラスレザーは状態がわかりづらい!

クラックの根本原因は革の乾燥にあると言われます。

雨に濡れると乾燥時に革の油分が抜けてしまいます。そしてしなやかさを失い割れると。

つまり、ケアしていれば割れない、と思っていたのですが……そもそも雨染みなくない?

また、脱ぎ履きの際、革に手で触れるわけですから乾燥していればわかります。

が、今にして思えばガラスレザーは乾燥がわかりづらいです。

いつ触ってもモチっとしている感じがしたんですよね、このサンダースのポリッシュドレザー。

そして、ちょくちょくクリームを塗ってきたつもりでもありました。

それでも割れてしまったのだから、やはり乾燥していたのだと思います。

酷使しているのならなおさら、ほかの靴よりケアの頻度を上げるべきでした。

が、しかし??

フラれた思春期の男子学生の如く、あんまりシミったれたこと書いていても仕方ないので、建設的に考えてみると。

割れてるのは革じゃない?

ガラスレザーの割れかたって、コーティングだけが割れてるっていうことも考えられます。

今回のクラックを見る限り、革の地の色は見えません。

けど、わっかんねぇなぁ〜!!

芯まで染められている革の可能性もありますが……

しかし、コーティングしている樹脂が劣化してくるとなると、もはやこれは不可避?樹脂を保湿して柔らかさを保つというのは、ナンセンスな気がします。

やはり部材が安い?

その一方で、このサンダースのチェルシーよりも長く履いており、同じように台風でも雪でも履いてきた靴が1足あります。

Church’sのシャノンです。

シャノンに使われているポリッシュドバインダーカーフもガラスレザーの1種。

ただしポリッシュドバインダーカーフはガラスレザーと言っても、革も上質なものを使用しコーティングも薄いと言われています。曰く、なので割れない。割れにくい。という触れ込み。

今回サンダースのクラックを発見して思ったのは「え?じゃあシャノンもやばくない!?」でしたが、幸いシャノンにクラックはありませんでした。

価格で見てみるとシャノンの現地価格£570(@Herring Shoes)に対し、サンダースのチェルシーはセールで£150とかでした。(サンダースのチェルシーは日本未展開なので現地価格で比べました)

価格で1/3以下ですもんね。どうしたって同じクオリティの素材は使えません。

やはり、きちんとした素材なら4年履き込んでも割れない。

なのでチャーチのポリッシュドバインダーカーフとその他安いポリッシュドレザーとの間にはそこそこ差があると言えそうです。

改めて比べてみると、シャノンの方が革が柔らかいことに気づきます。これが割れにくさの秘訣?

まぁシワは

似たり寄ったりなので十分注意が必要だとは思いますが……

予兆は?

ありませんでした。

よく「シワに対してタテに細かいシワが入りだすとヤバい」とか囁かれますが、この靴にそのような兆候はなし。触ってもカサカサ感はなし。

リッチモイスチャーやレノベイタークリーム、クレム1925など、まだしも浸透してくれそうなクリームを気が向いたときに塗り、シューツリーも欠かさず入れていました。

解せぬ、、、

まぁ割れるもんは割れる。イヤなら良い靴履くんだな。そういうものなのかもしれません、、、

いやしかし仮にもグッドイヤーウェルト製法を採用しながらオールソール前にクラックとは……。

まとめ!

というわけで、ポリッシュドバインダーカーフはきちんと手入れしていれば酷使していてもまだ大丈夫そうです。Church’sフリークは安心してください。でも気を抜かずに。

逆にコスパ良かったなぁ〜と思っていたサンダースについては結局「安物買いの銭失い」というか、このような結果に。

まぁクラック入ったから即寿命というわけでもないので、ケアしつつもっと破滅的になってくるまでは履こうとも思います。(代役を探す目をギラつかせながら

遠目で見れば分からないですし!!

信じられないだろ?割れてるんだぜ

また、日本で展開しているサンダースは今回クラックが入ってしまった靴より上の価格帯のラインナップです。

素材が違うこともじゅうぶん考えられますので、サンダース=クラックしやすいとするのは早計かと思われます。お持ちの方は安心して、しかし気を抜くことなくケアすることをオススメします!!!

今日のモディファイ!

また新しい靴を買う口実ができてしまった……(と言いつつ履く

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です