100日後に履かれるAlden〜3日目:オールデンのロゴをひたすら見ていく

今日は箱の上蓋を眺め回す日です。クイズもあるよ!正解できますでしょうか?

100日後に履かれるオールデン!

誰に望まれるでも喜ばれるでもなく、バカでムダなことがしたい!!と深夜テンションで考えてしまった もでぃふぁいど 。

オールデンについて100記事書いた後に履き下ろした際にはよくわからないカタルシスとフィナーレ感でドーパミンがドバドバのはず!!!

待ってろ世界!待ってろオールデン!!

みんな大好きグリーンボックス!

今日はこの数々の紳士を虜にしてやまないグリーンBOXをひたすらに眺めていきます。

プチプチをとって、今回はここまでなわけです。はい。

いやでもたかが箱、されど箱。ナメちゃアカンです。

オールデンのロゴマーク!

はい問題です!!!

  1. Aldenの設立年は?
  2. オールデンのロゴに書かれている動物は次のうちどれ?
    • ライオン
    • ヤギ
    • プレーリードッグ
  3. ロゴ中に2の動物は何匹書かれている?

正解は

1.1884年
2.(たぶん)ヤギ
3.4匹

でした!皆さんはもちろん全問正解ですよね!!

……いや、ヤギ4匹とか知らんがな。上はまだしも枠内の3匹はヤギかどうかもわからんです。

4匹は意識してなかった

しかし我が家のグリーンボックスをいくつか改めてみても、どれもこのロゴの掠れ具合なので枠内の動物はハッキリしません。たぶんヤギ。きっとヤギ。

箱工場の版は使い込まれて凹凸が平らになっているのでは……

オールデンにはキッドスキン(子ヤギ革)のモデルもたまにありますが、あんまり関係なさそうです。

というわけで、あまりまじまじと見ることのない箱のロゴのお話でした。

ニューイングランド

次はここ。New England。

ニューイングランドはメイン州、バーモント州、ニュー ハンプシャー州、マサチューセッツ州、コネチカット州、ロード アイランド州からなる、米国北東部の地域です。

とのことなので、オールデンの工場があるマサチューセッツ州ミドルボロウもニューイングランドの一部ということで記載があるのですね。

ニューイングランドはその名の通りアメリカの中でも古い土地で、アメリカ独立戦争の発端となった地域としても知られています。

また、産業革命の波がアメリカで1番早くやってきたのもこの地域です。当時は紡績と靴作りで栄えたのだとか。

今ではオールデンはマサチューセッツ州に現存する数少ないメーカーの1つとなっています。

カスタム”ブーツ”メーカー!

お次はこちら。

ご存知のようにオールデンは当初カスタムメイドのブーツや短靴を作っていました。ブーツメーカーを名乗っているくらいなので、当時はブーツがメインだったのでしょう。

たしかに革の種類やソールの種類など、別注のカスタム自由度は他紳士靴メーカーと比べてもかなり高い印象です。(その昔少なくとも20年以上前はカスタムメイクアップ、CMUもやっていました。)

別注品のモデルが多いのもこの名残りでしょうか?

同じくブーツメイカーと言えば英国のエドワードグリーンもロゴに記載していましたが、今やシューズメイカーに改めてしまいました。

BOOT MAKERS
SHOEMAKERS

その点、オールデンはEGと比べてもブーツの展開も多く、このままブーツメイカーを名乗ってやっていくことでしょう。たぶん。

今日のモディファイ!

こんな話をするとブーツ欲しくなりますよね。梅雨が明けたら暑くなって、その次はブーツの季節ですからね。ブーツメイカーのブーツ。あると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください