サラリーマン雨靴の決定版!SANDERSのChelsea!!おトクに手に入れよう!

Pocket

おトクにイケてる最強雨靴を手に入れたもでぃふぁいど です。

今日は仕事用の雨靴に悩む方に向けて。

雨靴と言えば、こんな長靴もいいかもしれない。


[ハンター] レインブーツ Mens Original Chelsea メンズ ブラック UK 7(26 cm)

しかし、しかしですよ。

どんなにイケてるゴム長でも、結局はゴム長。

猛烈に蒸れるのだけは避けられないのです。

やはり、革靴、できればライニングがレザーで湿気を吸ってくれるもの、そして雨に強いもの…

と、なると出てくるのがグレインレザーか、ポリッシュドレザーではないでしょうか。

ただ、グレインレザーはあくまで普通の革を若干強くした程度のものです。

ポリッシュドレザーの無敵さにはやはり敵いません。

ポリッシュドレザー使いの雄と言えばチャーチですが、もう一つ、実は忘れてはならないブランドがあります。

それがSANDERS!

SANDERSとは!!!

1873年にウィリアム・サンダースとトーマス・サンダースの兄弟によって設立された靴メーカーです。

サンダースの特徴は、その生産規模!特にイギリス国防総省向けに供給される革靴のほとんどがSanders製です。現在でも工場の約50%がその製造ラインとして割当てられています。素材を大量に仕入れられ、安定した商品納入先を持つことから、コストパフォーマンスに優れた伝統的なドレスシューズを製造できるのがSanders最大の強みです。

そういうわけで、ミリタリーな雰囲気のドレスシューズはサンダースのお家芸です。
タフで実用的、そしてリーズナブルという非常に良心的な靴のラインナップの中、ミリタリーキャップトゥやマッドガードチャッカなんかは特に有名です。


(サンダース) SANDERS『Military Apron Derby Shoe』(Black) (UK8h / 27.5cm~28cm, Black)


【ポイント10倍+2000円クーポン】サンダース マッドガード ブリットチャッカ スナッフスエード (Sanders #9877 Brit Chukka Snuff Brown Suede)

で。全然日本では全然有名でないのが、

このChelseaことチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)。

このあいだの個人輸入で届いたものです。

サンダースの革靴が欲しい!じゃあ個人輸入だ!!!メリットとデメリット、流れのまとめ!!

いざ開封!!!!ドン!!!!!!

結構イケメンじゃないですか?これ。

ところで、日本でドレスシューズでチェルシーと言えばコレ。


【クーポン配布中】EdwardGreen (エドワードグリーン) CHELSEA 82E BLACK ブラック 黒


ですが、本国では結構靴のモデル名は被りまくっていたりします。地名をモデルにつけるのが多いですよね。チェルシーブーツはその名の通り、チェルシー発祥の靴なので、他にもサイドゴアブーツにチェルシーと名がつけられているブランドは多いと思います。ウエストンの705Chelsea Bootsとか。

サンダース チェルシーのサイズ感!

さて、試着ができない個人輸入で一番の難関はココです。もはや賭けです。笑

WELFIT LAST…。日本では聞いたこともないサンダースのラストです。

もでぃふぁいど は、エイヤとUK7でオーダー!

結果的に普通のUKサイズ取りでOKです。むしろコンフォート、快適とも言えるちょうどいい塩梅の緩さですが、ブーツなので足首がホールドされており、全く問題ありません。タイトではない、という感じでしょうか。最高の塩梅と相成りました、

参考までに、もでぃふぁいど の他の靴のサイズは、
チャーチ(173,103)で70F。
EG(32)で7.5E。
クロケット(375,330)で7E。
オールデン(バリー)8.0D気持ち緩め、
オールデン(モディファイド)7.5Dジャスト~ちょいキツ。
という左25.2cm、右25.4cm、幅Eという、もでぃふぁいど で7FXがこんな感じでした。

というかね、この値段でこの履き心地はコスパ良すぎて、今まで靴に使ってきたお金を冷静に顧み、、、たくなくなりました。

チェルシーのいいとこ4つ!!

1.履き心地良い!!!
2.脱ぎ履き楽!!!
3.革意外と良い!!!!
4.雨に超絶強い!!!!!!!

1.履き心地良い!!

さっき触れましたね。

WELFIT LASTとなっているこちらのラストですが、かなり履きやすいです。
なんなら。

10km歩いてみた。笑

オールデンのモディファイドラストにはさすがに敵わないものの、かなり歩ける1足、しかもめっちゃドレッシーでビジネス用途にはバッチリです。

2.脱ぎ履き楽!!!

これ非常に助かってます。なんだかんだ、日本では脱ぎ履きする機会が多いです。

ふと入った飲み屋が座敷だったりとかした日には、、、

⒊革以外と良い!!!

これは見ていただくほかないでしょう。

左はチャーチのポリッシュドバインダー。右がサンダースのポリッシュドレザーです。
寄ってみましょう。

むむむサンダースに雨の跡が、、、
ではなく見てほしいのはシワの入り方!!ほぼ同等の細かいシワ!ひび割れの心配はなさそうです。
磨くクリームが違うので光り方は若干違いますが、何ならサンダースのポリッシュドレザーの方がナチュラルな革に近い、加工感の少なさすらある気がします。

サフィールのクレム1925で磨いたらさぞ楽しかろう。。。


サフィール ノワール クレム1925 靴クリーム 靴磨き クリーム サフィールノワール Saphir Noir シューケア 革靴 ケア CREME 1925 75ml 全14色 SaphirNoir あす楽対応

4.雨に超絶強い!!!!!!!

いや。シャノンも強いんですよ。でもそのあとに買ったわけで。
それはなぜかというと、ブーツだから!!!

シャノンはパンツの裾から雨が侵入してきます。
シャノン自身は無敵なのに、、、無念、、、
その点、サンダースチェルシーは無敵です。
実際、雨に侵入を許したことはありません。悪天候ならまずこの靴が選択肢に挙がってきます。
良き相棒です。

っというわけでサンダースチェルシーのレビューでした!

今日のモディファイ!!!

サンダースチェルシーは最強の雨靴決定版!!!誰も外にでたがらない雨の日こそ!!この靴で積極的に外出して差をつけよう!!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です