Saint Crispin’s詳説!Vol.3驚愕の履き心地!

Pocket

今日は履き心地とサイズ感を詳しくみていきますよー!

Saint Crispin’sとは!?

3部作で書いてきましたので、こちらもどうぞ。

Saint Crispin’sの履き心地!!

サンクリスピンにはいくつか木型がありますが、今回レビューするのはClassicラストです。

つま先は見事にラウンドしたアーモンドトゥ。ポインテッド、というとこまではいかないのではないかと。

正面図も堂に入った感じ。

Chiseled(チゼルド)ラストも履き心地はほぼ同じです。Chiseledの方がトゥボックスの容積が若干大きく、ほんの少し小指が楽な気もしますが、その他の各部の大きさも含め個体差の範囲のような気がします。

履き心地の第一印象!

さて、その履き心地はと言えば、

別格

です。

え?いつ型とった?というフィット具合。

各部見ていきましょう。

低く押さえの効いた甲。かといって無理があって締め付けられるでもないフィット感。

ほかの靴ではなかなかこうならない

余裕があるわけじゃないけど、ボールジョイントもツラくない。(特にもでぃふぁいど は右足ボールジョイントにタコがあり弱点になってます)

また、トゥはスラッとしていますが、足指が寄せられるような感覚は少ないです。

レースステイ。紐で締めるというよりは、あるべき場所に収まるといった具合です。他の各部でパーフェクトにフィットしちゃうので、紐を締めることはささやかな仕上げ、といった感じ。有名シェフが料理の最後にパラパラっと何か散らす感じ。

特徴的な2アイレット

踏まず。意地でも内側に倒れ込む足を支えてやろうというアツい気概を感じます。詳細は後述。変な話、アーチがきちんと支えられることで正しい姿勢に矯正されるような……。健康診断に履いていったのですが、1.6cm身長伸びました。(ガチです)

このエグれ具合

カカト。控えめに言ってもパーフェクト。普通に言ってもパーフェクト。もでぃふぁいど はくるぶしが低いのか、しばしば履き口にあたるのですがサンクリスピンではその心配もなし。

いやいや、たまたま足が合っただけなのでは?という向きもありますが、標準〜ちょい細めくらいの足の方は試す価値アリな1足だと思います。幅広の方もサイズを上げてチャレンジするのはアリじゃないでしょうか。(MTOではフィッティングの調整、太めのウィズの選択が可能です。)

また、もでぃふぁいど は羽根が結構閉じるので、甲高の方にもフィットすると思います。

この靴を試着した際のファーストインプレッションとして、ハーフサイズ上だったにもかかわらず、

何なんすかこの土踏まずの突き上げwww

訳:土踏まずの突き上げがすんごいです。こんな靴履かせて私をどうするつもり?

という報告が上がっています。

ちなみにその日の夜にネットで買いました、この靴。

果たしてこの靴の何がこのフィッティングを生み出すのか?思い当たるのは2つ。

ポイント1:ロングヒールカウンター!

この靴のフィッティングで特筆すべきポイントのひとつとして、ロングヒールカウンターが挙げられます。

カカトから指のあたりまで伸びてます

プロレス技みたいで良いですよね。

キマッたァァァァァァァ!!必殺のロングヒールカウンター!!!

ヒールカウンターは日本語では月型芯とも呼ばれるパーツで普通はこのあたりに入ってます。この靴はアタリが出ていてわかりやすいですね。

カカトから指の(略

ヒールカウンターはカカトが潰れないように補強と、カカトの安定性向上の役割を果たしているパーツです。靴べらを使って履こう、というのはひとえにこの月型芯を潰さないためでもあります。

で、この靴の月型芯はロングな感じでここまで入ってます。

カカトから指(略

見ての通り、サンクリスピンの靴のロングヒールカウンターは土踏まずあたりまでカバーしており、カカトのみならず足後半の安定性の向上に繋がっています。

安定というか、もうほぼ固定なんですけどね。ガッチリ掴んで離しません。添え木みたいな。

エドワードグリーンの土踏まずはまるで手で掴まれるようなフィッティング!!なんてよく言われますが、それじゃ満足できないアナタには、もうサンクリスピンしかありません。それか、ビスポーク。

その一方でロングヒールカウンターを採用した靴は硬い履き心地になりがち。

でもサンクリスピンはハンドソーンウェルテッド+ウッドネイルでの底付けなので、グッドイヤーの靴と違って靴底の返りを阻害するリブテープがついていません。だから前半分は柔らかい。

もちろん柔らかさがウリのGaziano&Girlingなんかと比べると硬いのですが、それでもサンクリスピンに不快な硬さはありません。

むしろ歩行に必要な安定のための硬さと感じます。

今では、これまでサンクリスピンなしでどうやって歩いてたんだっけ?そんな気持ちです。

ポイント2:踏まずの突き上げ!

この靴がすごいのは踏まずのあたりのカンペキなフィット感です。

土踏まずといえばのオールデンのモディファイドラストが青竹踏みなら、サンクリスピンはプロの指圧のような。

何度履いても、「あぁ〜そこ効くぅぅ〜!!」ってなります。もう戻れない戻らせないフィッティング。

エドワードグリーンも踏まずのフィット感がいいですが、アレの3倍はキテます。(個人的な感想です

しかも先ほどのロングヒールカウンター、この土踏まずまで入っています。入っているからこそのフィット感かもしれませんが、履き込んでもこの部分の革が伸びてなにも感じなくなる、ということがありません。

釣り込みだけに頼っている靴だとどうしてもここが伸びちゃう気がします。

というわけで、ウッドネイルを使い踏まず部分を絞った効果はロングヒールカウンターの効果と合わせてテキメンでした。

総評!

履き心地オバケです。

別格。格別。

もうちょっと他の靴に戻れないと本気で焦りますよ。

サンクリスピンのサイズ感!

左足25.2cm、右足25.4cmのもでぃふぁいど はサンクリスピンClassicラストで

6.5F

を履いています。6.0Fもいけるかな?という気もしますが、最近そんなに無理はせんでも、という気持ちです。

サンクリスピンにおけるFウィズは標準の幅です。Church’sと同じですね。

あるショップではUSサイズから1サイズ下げるのがオススメともありました。もでぃふぁいど はオールデンもUS7.5D〜8.0Dなんでだいたいそんなもんですね。

また、製法として中物(コルク等)が少ないのか「履きこんでもサイズ変化があまりないので最初からジャストフィットがオススメ」という公式のコメントもありますのでご参考までに!

その他各国の靴とのサイズ感の比較はこちらをどうぞ。

オマケ

そんなサンクリスピンは定価20万越えという大変な靴ですが、伊勢丹新宿店6F(メンズ館じゃないです)で絶賛開催中の紳士ファッション大市では、シューツリー込み11万円で買えるとか、買えないとか……結構下の方の棚にひっそりあるとかないとか……

なんならオンラインストア……おっと

ただしサイズは限られているようなので、事前に問い合わせ……したら教えてもらえるんでしょうか?シンデレラボーイに幸あれ。

とか言ってたら記事書くのに時間がかかって開催期日が……

今日のモディファイ!

もう満足した、靴はしばらくいい。

そんな境地にあった私を、また新たな旅路に誘うのは、しかしまた新たな革靴なのであった。

その靴の名はサンクリスピン。靴の守護聖人の名を冠する東欧の至宝。

切り開かれた新たな地平と革靴に埋もれた半身。

もでぃふぁいど の明日はどっちだ!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です