やや!?スコッチグレインとウエストンの蜜月時代到来!?

Pocket

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

や、ちょっと、コレ、すごいことじゃない?と心踊る、もでぃふぁいど です。

スコッチグレインとは!!

https://sgrain2.exblog.jp/20789357/

REGALが日本の靴メーカーのチャンピオンであるなら、スコッチグレインは、、、なんだろう、、、四天王には間違いなく入る力があります。ジムリーダーは軽く超えてます。

むしろ、本格紳士靴に絞ったラインナップ、という意味では、何を買ってもハズレなく、長年愛用できる靴を作る素晴らしいファクトリーです。

なんせほぼ全てのモデルがグッドイヤー製なので、修理しながら長く使えます。革底のモデルには初めから爪先ゴムが装着されるなど、実用性を考えた正直なモノづくりをしています。

いぶし銀。

この言葉が似合うファクトリーですね。

東京は職人の街、墨田区に拠点を構えるヒロカワ製靴のファクトリーブランドなのです。

曰く、日本一コストパフォーマンスに優れた靴。

素材も長年培ったコネクションにより欧州から上質な革を仕入れて使っています。

そして作りもバッチリ。メイドインジャパンクオリティです。

何に驚いたのか?

このスコッチグレイン……というかヒロカワ製靴はフランスの名メゾン、J.M.WESTONと職人の交換留学をするなど、最近関係を深めていました。

そして……気付くのが遅くもう去年のモデルですが(笑)、冒頭の写真。

2018年のスペシャルモデルは

インペリアルフランス。

インペリアルはスコッチグレインの最上級ラインですね。

それのフランス、と名を冠したってことは、、、あー、革がアノネイ社かデュ・プイ社の革なのかな?(両社とも革なめし業界の雄です)

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

デュ・プイ社でしたね。「ニューヴィンテージカーフ」。

うわぁ、良さげな素材!!!磨きたいなぁ!!!

それで、底材も革なのね。

はいはい、とにかく頑丈かつしなやかなので有名なオークバークという革なのね。1年とか時間かけて作る貴重な革。

オークバーク(という古典的ななめし方)で有名なタンナー(革なめし業者)と言えば、レンデンバッハ社とか、ベイカー社だけど、、、、

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

ん?

んんん???バスタン???

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

バスタン?タナリーバスタン???あの????

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

卸先はフランスの靴メーカー1社のみ!!マジだ!!!

これ、ウエストンのことです。バスタン社は、ウエストンの傘下企業なのです。

非常に上質な、、、歩き心地は柔らかいのに丈夫でしなやか、、、という革底用の革を生産する会社なのですが、、、

引く手数多でもウエストン以外には絶対卸して来なかったのに、、、

ウエストンの靴を履いている方はお分かりかと思うのですが、接地するとき、なんか異次元の気持ち良さなんですよね。革なのにフワフワというか。

他の靴はわりとペターン!という感触の革が多い……というかそれが当たり前かと思うのですが。。。

そもそもですが、ウエストンの靴の価格帯はメインのラインで10万円〜という価格です。

一方のスコッチグレインは、3〜7万円くらい。

もちろん関税等もありますので単純に比較はできないのですが、、、

これで安ければもう買おう、明日にでも買おう。。。

おや?

そしてモデルはクォーターブローグとフルブローグ!!!両社とも黒のみ!!潔い!!

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

クォーターブローグは、細身のEウィズ。スタイリッシュでカッコいいですねぇ、、、

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

対するフルブローグはEEEウィズ。太いな!!と思う一方、フォルムはいい感じ。

……というかドンピシャで好みでない??

え?これ欲しいぞ!!

めっちゃ欲しいぞ!!!!

スコッチグレイン価格でコレが手に入るなんて!!なんて良心的!!!

なんて良心t……

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

え?

せ、せめて、98,000円とか5ケタにしてお得感出すとかさ、、、、いやそういう問題じゃないんだけど、、、正直すぎる、、、

そして肝心の底ですが、、、

http://www.scotchgrain.co.jp/special/imperial-france.html

爪先ゴムついてるうううう!!!

せっかくのバスタンなら爪先はスチールにしたかった!!!したかったんだ!!!!

(あ、でもこの部分初めからゴムにしとけば、革1枚からより効率良く裁断できるのか、、、つま先の丸みのところ、ロス出そうだもんな、、、)

あ、でも今気づきましたが、これダブルレザーソールなんですね。

……ええやん。

ええやん。。。

ただ、これってまさにウエストン買うような顧客層を狙っていく商品なんですよね。。。

この価格だと、すこし足せばウエストンか買えてしまう。。。

シューキーパーとか抜いてでも、価格面で差をつける必要があったのではないかな、、、

この靴欲しがる層はシューツリーもう持ってるだろうし、、、

次回がもしあるなら、爪先ゴムは廃止して欲しいのと、、、価格はなんとか差別化を図るのが良いと思います。。。

いやでも、もでぃふぁいど が買わないと?もう次が?ないかもしれない??

まとめ!

外野から好き勝手に言ってしまいましたが、、、

でもこれって、大いなる1歩だと思うんです。日本の革靴の未来に希望が持てる!

今後にとても期待してます!!!!!

なんせ、もでぃふぁいど が結婚式で履いてった靴はスコッチグレインだったのです!!!!

ファンなのです。愛ゆえに、さらに進化していって欲しい。

これをきっかけに靴にどハマりしたわけですからね。最後まで責任取って面倒見てくれるくらいのラインナップを揃えて欲しい。笑

いやでもいいなぁ、黒のフルブローグ欲しかったんだよなぁ、、、

今日のモディファイ!!!

スコッチグレイン渾身のインペリアルフランス!!!

……めっちゃ欲しい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です