「ISETAN 靴博2022」事前お披露目会レポ!!Vol.2:魅惑のヴィンテージシューズ&浅草大和魂爆発&最強コスパ靴編!! 

やっぱりすごいぞ、このボリューム……!!

「ISETAN 靴博2022」事前お披露目会レポ!

もでぃふぁいど は所詮靴が好きな一介のサラリーマンなので、マインドは断固ただのオッサンなのですが、今回伊勢丹さんにお招きいただいて「ISETAN 靴博2022」の事前お披露目会に行ってきました!

念のため先に言っておきますが、あくまでお披露目であって先行で買えるわけではないので、「盛大にお預けを食らって帰る会」になっています。笑

そのあたりブロガーでもなんでも平等なので悪しからず!!

また、内容についても

も「なんかブログに書くにあたり注意点とかありますか?」

スタッフさん「いやぁ…お任せします!」

という具合なので、もう好き勝手書かせてもらいます!!

以上、注意点終わり!

靴博概要!

開催期間:2022年9月21日(水)〜10月4日(火)
場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション
伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴

期間は上記の2週間。

初日の21日(水)と、23日(金・祝)は入場方法の案内があるので、公式サイトを要チェック!

場所はいつも紳士たちがお世話になっているメンズ館のB1Fと1F!本館じゃないので注意です。

案内には「すべての靴好きをさらに熱くすることをお約束します」の文字が……。

行くっきゃないですね!!!

この記事は靴博紹介記事のVol.2です。Vol.1別注祭り編はこちらからどうぞ!

魅惑のヴィンテージシューズ編!

今回の靴博でも、サファリさんとタッグを組んだヴィンテージシューズの祭典、”THE MUSEUM OF VINTAGE SHOES “が開催されます!

普段、サファリさんでも店頭に出していないとっておきのヴィンテージシューズを靴博に合わせて蔵出し!というわけです。

今回その一部を見せていただいたのでご紹介します!!!

まずはこちら!オーストリッチのキャップトゥ。J.M.WESTONかな!?と思ったのですが……

まさかのEDWARD GREEN!!!EGってエキゾチックレザーのイメージがあまりないので新鮮でした。

一方でこちらのオーストリッチのローファーはJ.M.WESTONの180。オーストリッチってクセ強いですが、これは履けそうな気がします。

続いてはこちら!!タピール……バク革を模したスピーゴラさんのスエードチャッカ!!バク革自体見たことがないので、そうなんだ!!としか言いようがないですが、カワイイですよねこれ。スティングレイよりマットなので使いやすそうです。

続いてはこちら!イタリアのブランド、アルティオリの象革シューズ!!象革自体はフラテッリジャコメッティなどで見たことがありますが、これ、パティーヌされてるんですよね。パティーヌされた象革、唯一無二じゃないですか???

MUSEUMの名に恥じないシューズが続々です。

こちらはシルバノラッタンジ。ホールカットなんですが、既にオーラが……

アップで見ると、スキンステッチが縦横無尽に走りキャップトゥやレースステイのアデレードを表現しています。凄まじい技巧派シューズ!!!

こちらは英国の名門ビスポークブランド、ヘンリーマックスウェル。今ではフォスター&サンがブランドを持っていた気がしましたが、あのあとどうなったんだろ?

こちらはスエード&クレープソールという実用性重視の一足。しかし、そこはさすがビスポークで、デザインはブーツのシャフトをカットしたかのような独特のパターン。見れば見るほどなんだかエレガント、でも実用的。履きやすそうで良いなぁ。

こちらのオーラある1足。

GATTOです。初めて実物見ました……!!

GATTO、イタリア語でネコ。ネコチャーーン‼︎‼︎

とか言ってますが、恐るべきはこの猫シューズ、ビスポークの受付は4足〜のみというガチの富豪向けビスポークシューズメーカーだったのです。

というわけで今は亡きメーカーなのですが、オーダーのハードルの高さもあって幻の靴ブランドになっています。いやぁ眼福眼福。

こう、革がパリッとした輝きを放っているのはビンテージシューズらしいなと思います。

次の2足はシルバノラッタンジ。こちらのノルベジェーゼなUチップ……

なんでもモネの睡蓮をイメージしたパティーヌなんだとか。芸術の国の発想すげぇ(造詣がない人の感想)

もしかしたらちょっと緑色は経年で飛んだりしているのかな?とも思うのですが、エグすぎない絶妙な陰影は履いて良し、眺めて良し、磨いて良しですね。

一方でこういう、THE最高にカッコいいな1足もあります。同ブランドのエレガントなシルエット際立つ内羽根フルブローグながら、ソール周りはこれまた同ブランドらしいノルベジェーゼという最強仕様。これ、、、カッコよくないすか、、、?

こちらはタニノクリスチー!今は亡きイタリアの名門ブランドです。前回好評だったので今回もきちんと用意していますよー!とのことで1足展示されていました。もちろんこの他にも出てくるようですよ……!!

さて、皆さまお待ちかねのオールデン 。

泣く子も黙れ!

AF-1!

いや〜「写真、撮っちゃった♪写真、撮っちゃった♪」というこの感じ、アイドルの追っかけってこういう感じなのかなと思わされます。

ご存知オールデン別注の元祖、Alden of Carmelが世界に放った別注第1号、Alden Fan-1……。

サドルUチップ、しかもサドルとヒール部分は幻のマホガニーコードバン、それ以外はウイスキーコードバンという幻の1足です。

モネの睡蓮もすごいですね

こちらはサイズも見てきちゃいましたよ。

サイズは8.5E!!少しデカめですが、細身のアバディーンラストなのでかなりゴールデンサイズかも、、、、

事前お披露目会で展示されていたレアカラーオールデンはこの1足でしたが、今回もたくさんレアカラーは用意してあるとのこと……!!

その数、バイヤーさんが値札つける作業中、レアカラーが多すぎて「あぁ、ウイスキーね、、、」と完全に感覚がマヒするくらいとのこと。笑

初秋色づいてきたオールデンのレアカラー狩りは靴博で決まり!!

浅草大和魂爆発編!

靴博のもう一つの目玉、こちらは浅草ブランド大集合です。

最近浅草界隈の日本のオーダーシューズブランド、超アツくないですか??というわけで集めちゃったのがこちら。

基本、オーダーがその場でできる他、ブランドによっては既製品も展開するという形のようです。

どのお店がいつ出店しているのか、それぞれタイミングが異なるので、日程は公式サイトを要チェック!!

Arch Kerry!

話題沸騰中!米国のヴィンテージシューズを彷彿とさせる佇まいが人気のアーチケリー!製作はサンタリの舘さんが手がけているということで、クオリティも織り込み済み!

目玉はこちらのコードバンウィングチップ。なんと今月の2ndの表紙にもなっているこちらのモデルを先行発売とのこと!!!あの表紙、めっちゃかっこいいですよね。どこの靴!?!?ってなりますよね!!ここです、アーチケリーです!!

Santari!

そしてこちらが、その舘氏が率いる燦たりこと、サンタリ。ここの靴はシルエットがめっちゃエグいです。薄い甲からグァァっとせり上がるラインがたまりません。神が作りたもうた立体造形物の趣があります。あと奥のブーツ超カッコ良いです。新しいモデルでノルウィージャンウェルト付き!

個人的にはホールカットながら履き口を広めにしたことでカジュアルダウンした、という手前のモデルも超好みです。やはりシルエットがエグい!!!オーダーしてみたい!!!!

RENDO!

個人的に浅草は、と言えばのRENDOも出展!!

浅草の靴ブランドはどこも職人さんの人柄が靴に出ている、とはバイヤーさんの言ですが、RENDOは吉見さんの真面目なところがよく出ていて、靴も端正で綺麗とおっしゃっていました。ほんとその通りだと思います!!

こちらのモデルはGB。キルトが内側に入っている(もちろんナシも可能)佇まいが最高です。

また、オマージュに溢れたそのネーミングの由来が大好きなので、ぜひ靴博で吉見氏に聞いてみてください。笑

Brother Bridge!

究極の大人の日常靴を作る、がブランドテーマのブラザーブリッジからは定番モンキーブーツ!今までモンキーブーツってあまり食指が動かなかったのですが、今季ジワジワきている気がします……!!それもこういうソールの薄いドレッシーなタイプが!!!!

トラッド、ミリタリー&ワーク、そしてスポーティ。これらの絶妙なバランス感が長く愛される秘訣とのこと。

もでぃふぁいど はそれをパラブーツのウィリアムで学びましたが、確かにめっちゃ便利です。何着ても合う、みたいな。

The Ruttshoes &Co.

こちらはラッドシューズ!最近ちょこちょこインスタで見て気になっていました。

何やら自分でコードバンを選んで作ってもらえる靴屋があるとな……???

しかもそれは「ザ・ファイブカウント」と呼ばれる月5名限定のオーダーであるとのこと。

しかも少数オーダーゆえに、製甲や底付けなど、要所要所でLINEで自分の靴が出来上がっていく様子を教えてもらえます。

そして端材のコードバンはシューツリーに貼ってくれたり、シューホーンに加工したりしてくれ、1枚のコードバンを存分に楽しみ尽くすことができるそうで……!!

夢じゃん!!こんなんコードバン好きの夢じゃん!!!

‘s!

ズ。今年2022年の4月にデビューした新進気鋭のブランドです!代表の秋好氏は浅草のセントラル靴でキャリアを積んだ方です。

ここはアッパーにしなやかなベビーカーフを用いつつも、「ぜひクシャクシャになるまで履いてもらいたい」という想いで作られているとのこと。このキメ細かいアッパーの靴を履き倒しまくる……!!

ブランド自らエイジングの方向を示してくれるのは安心感あります。クシャクシャになったとき、「コレでいいのか?履き方が雑だったか?」とか迷わなくて済むからです。

ソール側もすごいので、是非現地で裏も見てみてください!!!!

When

Brift Hさんとのコラボ靴でご存知の方も多いかもしれません。ウェンも今回出店します!

こちらも、職人である小林さんの優しい人柄、柔らかい物腰が靴の履き心地に良く出ている、とバイヤーさんがおっしゃっていました。

ビスポークといえば、バチバチに攻めたフィッティングになることが多いですが、Whenはほどほどに全体がフィットし、柔らかい履き心地なのだとか。

写真を撮ったつもりが、撮りそびれていたみたいで本当に痛恨なのですが、サンプルのパイソン革を使用している靴は、2足ともハンパない存在感です。是非現地で来て見て触って、その魅力を存分に感じて見てください!!

DOUBLE FOOT WEAR

この他にも、サンプルがまだ間に合わなかったそうですがDOUBLE FOOT WEAR(ダブルフットウェア)も出店予定です!

柔らかく履けるスエード&クレープソールのシューズがアイコンということで、履き心地に期待のブランドとのこと!!

最強コスパ靴編!

もう何から何まで、コンテンツが多すぎて予算どんだけ確保していけばいいんだコレは、、、

そんなあなたに送る最強コスパ靴編!

Kruger & Brent

まずはクルーガー アンド ブレント!

昨年の靴博に引き続き最強のコスパシューズ軍団!!どれも今気分の3足ですよね?やはりタッセルは最高だし、Uチップは万能だし、ブーツは秋冬ちょうど欲しくなってたころですよね?

実は製作を手掛けるのはスペインで200年以上の歴史を持つ老舗、バーウィック。もちろんグッドイヤー製法です。

そしてアッパーはデュプイ、ソールはレンデンバッハ。あー、コレは文句なしに良い素材使っていますね……。コスパシューズとは言え、こんだけ良い素材使ったら、ねぇ。そこそこしちゃうんでしょう?

果たしてそのお値段……!!

2.6万+税!!!

※ブーツは3万+税!

いや、短靴なら税込でも3万いかないの???嘘でしょ、、、、

各モデル33足づつということで、これは早めに要チェック!!!

BARKER

こちらは靴の聖地、ノーザンプトンに工場を構える英国バーカーのモデルです。

こちらはハイシャインカーフ(ポリッシュ系)の革を採用し、靴磨きとかしないんだよなぁ、という方がたまに履くときでもピッカピカ!!というコンセプトの1足!!

しかも嬉しいバーカー純正シューツリーつき。ぜひここから革靴沼にハマってほしいとのことで、コレだけ買えばOKになっているのです。しかもソールはレザーソールなので、存分に英国靴を楽しめる仕様。

入門用にきちんと英国靴を用意してくる伊勢丹さんの思いやりたるや……

その価格、税込3.96万!!

4万切っちゃったよ!!純正ツリー付きで!!!

英国靴でこの価格は本当に衝撃的……!!バイヤーさんも何度も何度も頭を下げて、やっと実現した価格ということです。

その苦労に想いを馳せつつ、皆さんも知人を沼に沈めましょう。

HARROGATE

コレは本来、別注祭りの方に含めるべきかもしれませんが、コスパに超優れた注目靴ということでこちらで!!このコロンとした靴は木型職人の松田氏がプロデュースするハロゲイトの靴です。

木型職人がプロデュースしているということで、履き心地には一家言あるこちらのブランド。7月にローンチした際は大変話題になっていましたね!!いや時間があれば履きたかった、、、

今回はプレーントゥが先行販売です。「歩行時における足の動きに沿った」木型とのことで、大変履き心地に期待です。世界変わっちゃうかも……

また、革に関しても隣のサントーニと遜色ないツヤじゃないですか???

これで税込3.4万。恐ろしいポテンシャルを秘めたブランドです!

RayMar!

ご存知レイマーもこちらでご紹介!!

元祖コスパシューズの異名はダテじゃない!!ディレクターの大石さんは、『良い靴とは何か』『良い靴を持つ喜び』を伝えたい……という信念でレイマーをやっています。ユーザーの声を取り入れたりと、大変ファンとの交流があるブランドとしても知られています。

そんなレイマーは今回はNANA-3……7ホールパンチドキャップダービーの新作を引っ提げて参加です!!

先に言っておくと、価格は税込3.96万円。アンダー4万。

ですがすごいのは……

  • グッドイヤー製法
  • アッパーはホーウィン社ハッチグレイン
  • ダブルレザーソール
  • 半カラス仕上げ

という仕様を盛り込んでこの価格ということ!!!

そんな細かいこと気にしないでも、この靴、実物が超カッコいいです。ハッチグレインはガジアーノ&ガーリングやエドワードグリーンも採用するような素材なので、雰囲気があって当然。

レイマーはアシーレなどオンラインでのフィッティングに力を入れていますが、今回の靴博は試着が可能なレアなイベントです。

靴博に行かれた際はレイマーもぜひお試しを!!

ふぅ……これで撮ってきた写真は全て使い切りました。

実はこの他にも、

  • 日本の有名シューシャイナー全員集合!的な企画
  • トリッカーズやジャランスリワヤの輸入代理店であるGMTさんのアウトレットセール
  • ウエストンヴィンテージならぬリーガルヴィンテージ(社内の過去モデルをキレイにリファインして販売)
  • 自分の靴の色に合わせたオリジナル色のシュークリームを作ってもらえるコロンブスさんのイベント

などなど、とんでもないボリュームを秘めた今年の靴博……!!

これを靴の博覧会と呼ばずになんと呼ぶ??

その名は「ISETAN 靴博2022」!!

今日のモディファイ!

予算がなくても、ぜひ来て楽しんでいただけたら!とのことですので、

皆さんもぜひ!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。