「ISETAN 靴博2022」事前お披露目会レポ!!Vol.1:靴博別注祭編!!

今年の靴博も……すごいぞ……!!(ゴクリ

「ISETAN 靴博2022」事前お披露目会レポ!

もでぃふぁいど は所詮靴が好きな一介のサラリーマンなので、マインドは断固ただのオッサンなのですが、今回伊勢丹さんにお招きいただいて「ISETAN 靴博2022」の事前お披露目会に行ってきました!

念のため先に言っておきますが、あくまでお披露目であって先行で買えるわけではないので、「盛大にお預けを食らって帰る会」になっています。笑

そのあたりブロガーでもなんでも平等なので悪しからず!!

また、内容についても

も「なんかブログに書くにあたり注意点とかありますか?」

スタッフさん「いやぁ…お任せします!」

という具合なので、もう好き勝手書かせてもらいます!!

以上、注意点終わり!

靴博概要!

開催期間:2022年9月21日(水)〜10月4日(火)
場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーション
伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴

期間は上記の2週間。

初日の21日(水)と、23日(金・祝)は入場方法の案内があるので、公式サイトを要チェック!

場所はいつも紳士たちがお世話になっているメンズ館のB1Fと1F!本館じゃないので注意です。

案内には「すべての靴好きをさらに熱くすることをお約束します」の文字が……。

行くっきゃないですね!!!

Vol.1:別注祭り!!

靴博といえば、元祖はコレ!各ブランドへの別注祭り!!

こちらはなんと40種類以上の別注アイテムを揃えた別注アイテム祭りです。

今回はバシバシ写真撮ってきたので、公式の写真や説明と合わせてイメージの補完に使っていただけたらと思います!

John Lobb!

今回ついに靴博に参戦してきた王者ジョンロブ……!!たしか初だったはず。たぶん。遅刻したから。すまん。

気になるモデルは別注モデルはDELANO!!!

いや知らねえ!!!と、もでぃふぁいど も思ったのですが、コレ、ジョンロブ通の間では名の知れたモデルだそうで。

なんでもバイリクエスト(パターンオーダーイベント)をやれば、必ず問合せが入るものの、ジョンロブ側のNGによって長きにわたって復刻されなかった伝説のモデル……!!

それが今回、靴博で別注打診したら「いいよー」って通っちゃったからサァ大変、いざ作ってインスタに載せたら問合せも多く、完売必至では?とのこと。

ベルベッティーなスエードはさすがジョンロブ、、、と唸る感触でした。各種宣材写真はダークブラウンぽく写ってますが、上の写真の通りちゃんと黒です。

英国靴というよりは、フレンチな佇まいですよね。黒のスエードのシングルモンク的ローファー。コレ、何に合わせてもフレンチなエレガントを発揮しそうで、めちゃめちゃ重宝すると思います。

次!

EDWARD GREEN!

ご存知ドーバーと、そのチャッカブーツ版、ハリファックスです。

この2足の別注ポイントはまず木型!!808ラストなんです。808と言えば、上位ラインであるトップドロワーで多く用いられる木型です。

細スクエア〜&スキンステッチサイコー!808のラストに合わせて、トゥのスプリットも長めの気がします。お得ですよね?

もでぃふぁいど は808のドーバーは初めて見た気がします。なんなら32よりも細い印象かありました。ソールはハーフミッド(スペードソール)なので、808ラストのフォルム&ハーフミッドのふまず部が薄く見える意匠がスタッフさんのツボとのこと。わかります。

サイズは普段よりハーフアップが無難かもしれません。もでぃふぁいど は32と同様、ハーフアップで良さげでした。そう、これは試着OKかつ出ているモデルがマイサイズだったのです……!!

踏まず〜カカト、そして足裏のフィット感はさすがグリーン!!!いやぁ、コレいいですよねぇ、とスタッフさんとずっとウンウン言っていたのでした。

で、あまり触れていないハリファックスですが、実はいつの間にか廃盤になっていたらしく今回別注で復活とのこと。ラストも相まって実はめちゃめちゃレア!!!

さらにさらに、両モデルともロゴは筆記体ロゴ!!!新品で初めてこのロゴ見た!感涙!落涙!!

エドワードグリーン社長のヒラリー氏は、同ブランドの靴を「娘」と呼ぶくらい自社の靴に対する思い入れが強く、その一部であるロゴの変更も普段はなかなか受けてもらえないとのこと。そりゃ今のロゴが最高だと思ったから変えたんですもんね。そりゃそうだ。

が今回、靴博別注で依頼したところ「いいよー」ってんでこの筆記体ロゴが限定復活したようです。

ジョンロブもそうですが、靴博強すぎでは?

ちなみに写真ないですが、ハリファックスの方はヌメ革ライニングに型押しタイプの筆記体ロゴ。あれ、カカトの裏で感じる微妙な凹凸が妙にクセになるんですよね。。。

次!

Stefano Bemer!

やってきましたイタリアからステファノベーメル!

同ブランドのアイコンモデルであるシングルモンクとフルブローグの融合版がこのモデルです。過去のアーカイブから復活とのこと。早い話、ベーメル1足目には最高ってことですね。

単にデザインを融合するだけでなく、バランスをみてメダリオンはオミットしたり、通常のシングルモンクより主張が控えめなバックルを選定したりというこだわりっぷり。

また、革はホーウィン社アーリントンカーフです。ロシアンカーフを模した感じの革ですね。

靴のフォルム、さすがのヒネリですよね。そして箱!箱!!箱!!!木箱ですよ!!!あと、靴の形にアッパーの革が貼ってあるの、最高じゃないですか???

次!

Crockett & Jones!

コードバンのチャートシー!色展開は、ブラックとダークブラウン!!

ああ、コードバンのチャートシーね、過去にも見たことあるな、と思ったのですが、いや、ここ最近ぜんっぜん見ないな????

チャッカブーツの名作、チャートシーをコードバンで。オールデンより上品にまとまっているので、買って並べても満足感高いですねコレは。

次!

Le Yucca’s!

アスリート用の靴などを製作してきた村瀬由香氏がデザインし、エンツォボナフェが製作を手掛けるブランドがこちらのレユッカス。

人間の足の構造上、骨がある部分や血管が通る部分にステッチが走らないように……などなど、足のことを考え尽くされた木型で製作される同ブランドの靴は、ずっと気になっていました。ヒールは4cmと男性用にしては高いのですが、それでも履き心地を損なわない自信があるからなのだとか。単純に身長盛れるのも嬉しいですね!この機に履かせて貰えばよかった………(そもそも試着NGの可能性もあったわけですが…笑)

なぜ躊躇したかって、この靴の革、輝きがすごくないです?

何を隠そう、この靴の革はカールフロイデンベルグ製です

え?ワインハイマーではなく?

今、令和でしょ?ビスポークだって、カールフロイデンベルグ使えるところは少数では……

それが今回既製品で出てきちゃう奇跡……!!

一見の価値、いやもう買ったら良いですね。

ジョッパーとサイドジップはシャトーブリアン……デュプイ社にその名の革があったと思います。赤ライニングなのですが、通常女性用のモデルにだけ採用されているものを、今回モードに仕上げたいという思いを汲んで使ってもらったのだとか。

次!

Enzo Bonafe!

というわけで、こちらはボナフェおじさんこと、伝説の職人エンツォボナフェ氏が率いるブランドです。イタリアの文化振興に寄与した100社のうちの1社に選ばれ、大統領から表彰を受けた歴史と伝統あるブランド。グッ○のビットローファーをOEMしていたことがあるのもココ。

こちらはホーウィン社のコードバンのショートサイドゴアです。

コードバンのサイドゴアブーツってほとんど見たことありません。というかない気がします。

なぜか?

答えは、甲のクセづけが困難を極め、最悪コードバンが裂けてしまうからとのこと。なるほどなるほど、じゃあしょうがない……

でも俺ならできる。

そう言ってボナフェ氏手ずからクセづけを行なって完成したのが今回の別注品。

御大、今年で85か86歳だったはず。アツすぎる伝説の職人。

靴博すごくないです???

たしかにこう、中央のクリースライン、なんか頑張った感……クラフト感あるんですよね。しかしコレこそがボナフェおじさんの熟練の技の証。

この機に存分にその技術を感じろ!!足から!!

ちなみにカラー4とか普通にレアカラーのラインナップもあります、ここ。

次!

Church’s!

チャーチねー。あっという間に高嶺の花になっちゃって……なになに?チェットウィンド?

もはや当然のように別注で73ラストを積んできます!!

さらに素材……コレ、ホーウィンのシェルコードバンです!つまり色は、ウイスキーとブラック!!!

73ラストでコードバンは前代未聞ですね!!!値段は聞かなかったですが、公式サイトにも出ていない……!!一体いくらになっているんだ……!!

でも欲しけりゃ買う。それが靴沼の住民だから。

次!

F.lli Giacometti!

ジャコメッティ兄弟が率いるブランドがこちら!フラテッリジャコメッティ!!

今回は右のノルベジェーゼステッチ&ユタカーフというマッシブさマシマシなプレーントゥと、モンキーブーツを展開!!

モンキーブーツは通常ゴツいソールがつくところを別注でレザーソールに変更しているのでより上品に履ける1足に!!

スニーカーのようでいて……見ていると上品さにクラクラするのは丁寧な作りと素材の上質さのせい?なんかコレ、欲しい気がするぞ???

次!

CARMINA!

カルミーナからはホーウィン社シェルコードバン別注が到着!!奥はブラック”マーブル”のコードバン。ホーウィンのシェルコードバンの黒は、緑系の染料なので薄めるとこんなふうに緑色になります。(黒のコードバンの裏側こんな色ですよね)

そして手前のレアカラーはアルマニャック!!!

ソールはレンデンバッハというから頭が下がります。手抜き妥協一切なし!!スペインの廉価なブランドというイメージをぶっ壊す!!!

CORTHAY

コルテからは人気モデル「アルカ」のスペシャル版、「アルカストリーム」が登場!!

同ブランドらしい超絶パティーヌに、つま先のつまみ縫い……どこからどう見てもスペシャルすぎる1足!!!

これはそもそも廃番になっていたところを、靴博でイチかバチか別注依頼したところ「ちょうどそういうのやろうと思ってたんだよね〜」ということでOK出ちゃったという奇跡のモデル。

廃番モデルを復活させる”Sleeping Beauty”(眠れる森の美女)という企画の映えある第一弾になったのだとか。

靴博、強すぎでは???

次!

TLB!

最近話題沸騰中のTLB!!ヤンコで長年CEOを務めたトニ・ロベラ氏が2017年に立ち上げたブランドです。

いや、ここずっとチェックしてるんですけど、スキンステッチとかガンガン使うのにお値段それほどでもないですし、その縫製もめちゃめちゃ上質で、EGやロブと比べてもケチつけらんない縫製じゃないです??どう?このスキンステッチ。ライトアングルもつま先も完璧に見えます。

で、これで10万くらいかなぁと思うじゃないですか。お値段それほどでもないと言いましたが、なんとこれで6.5万です。価格設定間違えてない??この円安で???TLBは慈善事業なのか????

これがミュージアムカーフで実現しちゃってるんだからもうすんごいことですよ。唯一!無二!!!

今伊勢丹さんでやってるオーダー会も好評だそうで。そりゃそうだ!!!今マジョルカ島がアツすきる!!!!

次!

Cheaney!

チーニーからは大正義ケンゴンの別注が登場!ケンゴン、スペル書けない靴No.1説。

今回は、コードバンで別注をかけたところ「ヴェルトショーン製法だと無理!コバで折り返した後、革を漉くの耐えられずに裂ける!」とのことで、「でも最近超良い革入ったんだけどどう?」と逆に提案があったのが、このプルアップグレイン!!

このプルアップグレインはなんでもイギリスの防水規格を満たしているチーニー渾身の新素材!

逆提案をしてもらえるところに伊勢丹さんとチーニーの良い関係が見えます。靴博、強し。

ところでイギリスって規格好きですよね。規格…ISO…ウッ…頭が……

ちなみに残念ながら日本の防水規格は厳しすぎて通らんかったそうで。まぁゴアテックスとかでやっと通るレベルのゴツい雨が降りますからね、この国。

とはいえ?天然素材で曇りの日には迷いなく履いていけるレベルの防水性っちゅーのはすごい!!

ライニングは別注限定のシグニチャー、レーシンググリーン。130周年のラインとかコレでしたね。良い色です。

というか防水性とか言ってましたが、文句なしにこの素材感が靴の見た目、機能とマッチしててこれは最強のプロダクトですよ。

なんか最近すんごい雨が突然降ったりしますよね??そんなときは帰りに伊勢丹寄ってこのケンゴン買って、履いて帰ったらいいと思います。新宿3丁目駅からなら濡れずにすぐ行けますし。

合わせやすいダークブラウンか、ガシガシエイジングさせて楽しいライトブラウンか……迷ったら両方買え!!!

次!

Santoni!

このブログではお初見えかもしれないサントーニ。でもこのジョッパー超絶カッコいい!!!もでぃふぁいど に似合わないのは承知で飾っておきたい!!!!!

パティーヌが美しすぎました。展開が黒じゃなくてグレーというのも最高です。

次!レッドウ

Tricker’s!

トリッカーズです。誰がなんと言おうと、トリッカーズです。

実はこの靴さ……というのが好きな方にはたまらん完コピ感。その紐、あるんかーい!!!

トリッカーズは靴博に合わせて、工場に眠っていたデッドストックの革を使ったモデルを数型用意!!

トリッカーズでなんで持ってた?というこのパテントとか。絶対使わないのわかってたよね??そりゃ工場で眠るよね???

しかしそれならば、と敢えてカントリーブーツにしちゃう男前な別注モデルです。これはもう、バキバキにしろ、ということですね。バキバキにすることを目的とした世界初かもしれないパテントカントリーブーツ、1足いかがですか??

次!

PARABOOT!

パラブーーーツ!!

あぁ、いつものコードバンね。ホーウィン社のコードバンを使った、アヴィニョンとシャンボード。

っというのは持っていたことがある故のテンションの上がらなさかな……良い色に育ちますよ、これ。

コードバンの質も最高です。このデコッパチなトゥを磨くの楽しかったな……磨きたいですよね?これ磨きたくなりますよね??

そんなあなたにラストチャンス!!!!

実はコードバンのモデルはパラブーツでもしばらく生産していないらしいです。なので、今回靴博開催にあたって世界中の在庫をかき集めてきたのがコレ、とのこと。靴博すごいなマジで。

世界のコードバンパラブーツが今ここファーイーストニッポンに集うのは今だけ!!!

次!

Berwick

バーウィックからは最強コスパのコードバンシューズが登場!!!!

いやいやコスパつったって、コードバンでしょ?しかもちゃんとグッドイヤーでしょ?まぁ10万、それでもコスパ靴を名乗るなら10万ギリ切って9.5万円くらいかな……と思うじゃないすか。

税込6.9万です!!!

この令和の時代に!?!?

文句なしのコスパコードバンシューズです。本当にありがとうございました。

5-6年前にジャランスリワヤでコードバンの靴見たときでさえ7万はゆうに超えてましたからね。当時より安い。どーなってるんだ……

その答えはコードバンにあり。このコードバンはアルゼンチンのタンナー、ロシナンテ社のコードバンです。

いやだからと言って、正直まったく遜色ないように見えるのですが……

コードバンデビューにもオススメ、ウイスキーカラーだって気軽に履けちゃうねってんで(万年金欠な)個人的にも激アツな1足です。

次!

REGAL!

日本を代表する靴メーカー、リーガルからはホーウィン社のシェルコードバンを使ったタッセルが登場!!!

ネイビー、めっっっちゃ綺麗な色しています。ホーウィンのネイビーはめちゃめちゃ濃いので、これはもしやインテンスブルーでは??だとすれば靴になってるのは初めて見る超絶レアカラーでは???

やはり日本人に合わせた木型……というかボリュームある足の方にはここの靴は良いですよね。質実剛健、実力派のタッセルローファー、あると思います。

そもそもタッセルローファーってめちゃめちゃ便利で、個人的にも近所履きから会社、休日履きとしてめちゃめちゃ愛用しています。

今回いろんなブランドからタッセルローファー出てるので、お気に入りの1足を探すのも楽しそうです。

OTSUKA M-5

その名に冠するは創業年、明治5年。1882年には皇室御用達の名誉にも浴している大塚製靴。

今回は新喜皮革のコードバンを使った別注モデルが数型用意されています。

今回バイヤーさんたちが口をそろえておっしゃっていたのが、今回のコードバンのロットの品質、すごい良くない???ということ。

たしかに写真からも凄まじい透明感が伝わってきますよね。感じてください、世界が認めるジャパニーズコードバン。

また、シャープなフォルムの靴ですが各所に手縫いの意匠があるのも温かみがあって良いですよね。クラシックなスーツにパリッと合わせて最高な1足ですね。結構カジュアル目な靴が多いラインナップの中で、正統派にドレスシューズしていたのが印象的でした。

個人的にも新喜皮革のコードバンは靴でも小物でも良いので何かしら手を出したいんですよね、、、

Jalan Sriwijaya

ジャランスリワヤからは銀色マットな素材を使った20周年記念モデルが登場!!!

なんの革だと思いますか?結構エキゾチックなやつですよ。

正解は「ピニャテックス」でした!ピニャコラーダのピニャ。Piña……ということで、コレはなんとパイナップルの葉の繊維からできた素材です!

パイナップル栽培において廃棄となる葉から作られたレザーということで、エキゾチック、むしろトロピカルですよね。

今まで食ったパイナップルの缶詰の数を数えたらこの靴が買いたくなるはず!!!

世界を名を馳せる”Kutsu Haku”!

こんなに別注だらけ、さぞ大変だったのでは……とバイヤーさんに聞いてみたところ、「大変でしたね……苦笑」とのこと。いやそりゃそうだろ!という別注品の数々。その結晶がコレなわけですね。

また靴博も当初海外向けに”Shoes EXPO”と言っていたのが、最近ではどのブランドさんも”KUTSU HAKU!!”と言ってくれるのだとか。世界に名を馳せる靴博!!!

今回はこれで……と言いたいのですが、まだまだこれはVol.1。紹介しきれなかった別注の靴はまだまだありますし、他のコーナーもまだまだあるのです……嘘でしょ……書くことが……尽きない……

今日のモディファイ!

ほんと書いてると欲しくなりますね、、、

2件のコメント

  1. レポートありがとうございます。
    記事見てるだけでも凄さが伝わってきます。
    是非会期中行きたいと思います。

    1. ダンプティさま

      コメントありがとうございます!
      本当にすごい靴ばかりで、目移りしちゃう……まさに靴の博覧会だな、と今回思いました。笑
      絶対損しないと思いますのでぜひぜひ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。