顧客価値から考えるParabootの本当の魅力!!街歩きの本命靴!!!

Pocket


パラブーツ。マジで良いよね。ホント良い。もでぃふぁいど です。
今日はパラブーツについて考えてみたいと思います。

Parabootとは!!

パラブーツは、フランスはアルプスの麓!イゾーで1908年に創業した伝統ある100年越えの靴ファクトリーです。

創業者のレミー・リシャール・ポンヴェールがアメリカで目にしたラバーソールを用いたブーツに感銘を受け、フランスに持ち帰りました。

そして、たどり着いたのがパラ港から出荷されるゴムを原料に使ったラバーソールのブーツ。

パラ(Para)のゴムをソールに使ったブーツ(boot)。

こうしてパラブーツが生まれたのです!

その特徴は4つ!

①自社製!超快適ラバーソール!!
②フランスの宝石リスレザー!!!
③ノルウィージャン製法!!頑健な作り!!!
④高いデザイン性!!別注祭り!!!!

順に見ていきましょう!

①自社製!超快適ラバーソール!!


ラバーソールと言えば。

ダイナイトソール(Church’s版)

こんなソールが思い浮かびますよね。

でもパラブーツはこう。

http://boq.jp/


こう。

http://boq.jp/


他ブランドでは目にしない形をしています。
それはパラブーツのソールは世界でほぼ唯一!!自社製だから!!!


別に自社製だからエライというわけではありません。
ただ、前述のようにパラブーツの出自自体がラバーソールに由来するため、これがそのまま他に代えがたい強みになっています。

具体的には、、、ダイナイトソール(スタッテッドソール)やリッジウェイソールを履いたことがある方はわかると思いますが、これらのソール、けっこう硬いです。

ラバーだからゴムでしょ?って固定概念を吹っ飛ばすくらい硬いです。タイヤとかに近いような。。。


そしてダイナイトは滑ります。雨用の本命と思って買ったダイナイトの靴、結構すべりません?濡れた路面から室内に入った1歩目のかかと着地時は大抵ズルリといきます。
(リッジウェイはあまり滑らないですけどドレスシューズにあまり採用されません、、、)


それに比して、パラブーツのソールは種類を問わず柔らかいです。クッション性がすごい。そして滑らない。そして不思議と減りにくい。ソールとしては完璧です。


クッション性に関してみれば、ダイナイトは古くはゴルフ用、リッジウェイは和訳すると「あぜ道」となるように、両者とも、もともと芝生や泥道を歩く用です。そもそもクッション性が求められない地面用なのです。


だからあんなに硬い。納得。


パラブーツが創業した1908年が現代のようなコンクリート舗装の道だらけだったはわかりませんが、現代の街歩きに最も適しているのはクッション性に優れたパラブーツのソールではないかと思います。


例えば、シャンボードに標準で採用されるこちらのPARA-TEXソールは創業者のイニシャル、R.Pが入る特徴的なソールです。

http://boq.jp/

このソールは特にソールのハニカム構造(六角形の組み合わせたハチの巣のような構造です)に空気を蓄えクッション性を高めたソールです。
空気を蓄え、クッション性を高めたと言えば、、、

そう、NIKEのAir MAXと同じ発想です!!!


お得な割引クーポン発行中!!【あす楽 対応!!】【送料無料 ナイキ エア ヴェイパーマックス 95】NIKE AIR VAPORMAX 95 black/volt-medium ash【スニーカー エアマックス 95 イエローグラデ】

あの革新的スニーカーと同様の発想で作られたソール、、、パラブーツ恐るべし。
さすがに何キロも走ったりバスケをしたりする気は起きませんが。。。

また、パラブーツのソールは内部構造を工夫することで、土踏まず部分を支えるシャンクというパーツを省略できるようにする等、革新的なコスト対策も行っています。

後述するノルウィージャン製法等、機能のために凝った作りをする部分と、技術による革新的なコストダウン。このバランス感覚こそパラブーツの一番の強みかもしれません。
現代の街並みを歩ける疲れにくい、しかもトラディショナルな靴、という立ち位置はパラブーツならではのものです。

②フランスの宝石!リスレザー!


ソールの印象が強いパラブーツですが、アッパーの特徴と言えばリスレザー!
安心してください。小動物のリスではありません。そんな残酷なことはしません。
(え?かわいいアザラシ?いや、ちょっと、なんのことか、、、)

リスレザーは丈夫で分厚い革にワックス・ロウをとにかくしみ込ませることで、耐水性を抜群に高めたパラブーツ独自の素材です。

https://natoriya.shop-pro.jp


そんなわけなので、気温が下がり、ワックスが表面に浮いてくるとこの通り。

https://natoriya.shop-pro.jp

どなた様?

カビではないので安心しましょう。ドライヤーで少しずつ温めながら革に戻してあげるか、ブラッシングで馴染ませましょう。

色々な耐水性の高い靴を見てきましたが、こうまでなっちまうのは、お前が初めてだぜ。。。無茶しやがって。。。

そんなわけで雨が染み込み足まで濡れる心配はあまりしなくて良さそうです。

リスレザーじゃないですけれど、ウィリアムがここまでなっても足は濡れませんでした。

ちなみに磨けばこのように復活しますので大丈夫です。

③ノルウィージャン製法!!頑健な作り!!!


パラブーツの靴の多くはノルウィージャン製法で作られています。この製法の特徴はとにかく頑健なこと!!

ソールの張替えも出来ますし、スキがありません。

この製法ならでは!水の横からの侵入を防ぐリバースウェルト!!!

接着剤も最低限にしっかり作るためにウェルトズレも出ます。良いことです。


先ほど述べたように、シャンクを省略するなどコストダウンしっかり行い、良心的な値段を保っているパラブーツですが、機能として必要なところは決して手を抜きません。

このウェルトを縫い付けるステッチの太いこと太いこと。

結果として30年選手を目指せる頑健さと、アイコニックな見た目の両方を獲得することに成功しています。

また、その技術力の高さにも定評があり、ジョンロブのかつて存在したカジュアルラインのOEMを担ったり、エルメスの別注を受けたりとエピソードの枚挙には、いとまがありません。

登山靴がルーツなので耐久性も抜群です。登山中に靴が壊れたら命にもかかわりますからね。。。

命がけのアタックに挑むわけではない我々にとっても、壊れる心配なく長く愛用できる靴、というのはありがたいことです。

④高いデザイン性!!別注祭り!!!


パラブーツは伝統的なラインナップを取りそろえる一方、かなり柔軟に別注に応えています。

応えすぎじゃない?大丈夫?ってくらい応えてます。すげーサービス精神だ。。。
これが100年企業生き残りのカギなんかな。。。


某エルメスから「エスキモーの人々が履いてるみたいな?アザラシ革の靴がほしーい」と言われればミカエルフォックを作り。

https://page.auctions.yahoo.co.jp


ジョンロブから「カジュアルなウィリアムを御宅のソールで作って!」と言われれば黙ってOEMでウィリアムを作り。

「なんか珍しい素材ない?」と聞かれれば珍しいシボ革で各モデルを作り。


「ビットローファー作れる?」と言われればどこからかアイデアを引っ張り出し。


UNITED ARROWS 【別注】<Paraboot(パラブーツ)> UASP BIT SUEDE LOAFER† ユナイテッドアローズ シューズ【送料無料】


と、世界中から別注を受けまくっています。すごいぜパラブーツ。
(そういやウィリアムってジョンロブの商品だったわけだけど、復活させてパラブーツとして売っている。。。商標とか意匠権とか切れたのか?いいのか?したたかだぜ、やるなパラブーツ。。。)


そもそも、こんなことができるのは各革の調達がしっかり安定しているという強みがあるからなのですね。


これによって我々のチョイスの幅がかなり広がります。街中で意外と見かけるパラブーツですが、人と被らない、自分だけのパラブーツを探すことができるのです!!

(もし被っても、あなたらしい着こなしで差別化すれば良いのです)


しかもどれも超絶おしゃれでよりどりみどり。最高です。

っというわけでパラブーツの魅力でした!

今日のモディファイ!!


パラブーツは堅実でトラディショナルなモデルから、別注のデザイン性の高い個性的なモデルまで、幅広いラインナップであなたを待ち受ける!!

しかも機能性も抜群!自社製ソールと頑健な作りで現代のコンクリートジャングルを踏破しよう!!この街は僕のもの!!!

なんやこのミカエル!!超絶オシャレ!!!パリジャン御用達バレエシューズ、ソロヴィエールじみている!!そしてこのエスプリの効いた色ー!!!これぞ仏蘭西、、、ミカエル欲しいんだよな。。。


パラブーツ ミカエル Paraboot MICHAEL Velours Army

もちろん普通のミカエルも。リスレザーマロンで思いっきりエイジングを楽しみたい、、、


パラブーツ PARABOOT MICHAEL MARRON ミカエル

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です