染め替えた靴にもう一手間!染料のクリームで仕上げ!!

Pocket

あとはのんびりやっていこうと思っています。

1.昨日染めた靴!

こんな感じでシミがひどく、クリーナー類も丸洗いもダメ、という状態になってしまった靴を染め替えてみました。

染める前に全体の写真を撮り忘れたバカヤロウ
染め替え後

なかなか上手くいったのでは!?と、手持ちの黒い靴と並べてみると

まだ磨いていないので塗り跡が…

黒さが……足りねぇ……。なんか茶色いというか、赤味の強い黒です。

これでもまぁ良いのですが、今回はクリームを入れていくことで更に黒に近づけていきたいと思います!

クリームの色素は2種類!

靴クリームに入っている色素は2種類。顔料か、染料です。

顔料は、革の表面に残って色を変えていく感じです。お化粧みたいなものですね。そのため、手軽に色を変化させることができますが、あまり乗せすぎるといわゆる厚化粧になり革の表情がわかりにくくなります。

一方の染料は、文字通り革の内部に入り込んで染めるイメージです。顔料に比べれば着色力は強くないため、毎回塗るごとに徐々に色が入っていくイメージです。革の表面に色素が残らないので、革の表面をそのまま生かすことができます。

今回の靴は曲がりなりにも上質な革が使われているJ.M.WESTONの靴ですし、明日真っ黒にして履いて行く必要もないので、革の表情を生かしつつ、今後のんびり色を入れていこうかなと思います!

というわけで出でよ染料が入ったクリーム!!

ご存知、クレム1925です。

Saphir Noir CREME(サフィール ノワール クレム)1925posted with カエレバ

楽天市場

Amazon

写真はウエストンの純正クリームを使っていますが、コレ、中身はクレム1925です。

青みが足りないので今回はネイビーのクリームを選んでみました。

結果!!

室内になってしまい、色味はちょっと分かりづらくなってしまいましたが……

グラフトンと比べてもなかなか良い感じではないでしょうか。

そうか?俺は焦げ茶に見える、という方

光の加減です。

また、染料で染めたので革表面の質感もバッチリ残っています。

照明が暖色だからさ……
この革質。わかりにくいですが…

良い革なのでテンションも上がり、普段あまりやらないハイシャインまでやってしまいました。

寝転ぶオッサンとヒールの浮き(!)

ヒールの減りもかなり進んでいるので修理しないと……。それ以前に隙間が……。

……ウエストンでは純正修理以外をした靴は正規修理を受け付けてもらえませんが、自分で染め替えたならオッケーなんでしょうか。そもそもこれ修理なんでしょうか??

ちなみに使用ワックスはサフィールのものです。なんかあまり話題になりませんが、このくらいは光りますよ!

SaphirNoir ビーズワックスポリッシュ 50mlposted with カエレバ

楽天市場

Amazon

今日のモディファイ!!!

染め替えはそこそこ成功!!こうなったら、このジスカールが天命を全うするまで毎日味噌汁……もとい責任を取ったろうと思います!!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です