オールデンのクロムエクセルレザーってなんだ!?特徴は!?!?

Pocket

好きですクロムエクセル。

クロムエクセルレザーの特徴!!

クロムエクセルレザーは、オールデンのコードバンと同じ製造元、ホーウィン社が生産するオイルドレザーです。

魚系のオイルを始め、植物性や動物性のオイルをブレンドした秘伝のオイルがたっぷり浸透しています。

見ての通り、薄い色はオイルによってムラもあるのですが、これぞアジ!!!!

オイルでムラムラ

匂い!!!(笑)

クロムエクセルと言えば、オイル由来の独特の匂い……より一般的に言えばめっちゃクサイ、なんなら靴棚を開けた瞬間、履いて温まってきた途端、ふとした瞬間にフワリと香る……。

というのが以前クロムエクセルの靴を持っていた際の印象でした。

しかしこれが、なくなってみるとなんだか懐かしい。失ってから気づく大事さ。

リーガルトーキョーのニコル。サイズさえ攻めすぎなければ……

でも今回ぜんぜん匂いません。

嗅げども嗅げどもオールデンの匂い。レザーソウルのあの匂いがします。あぁハワイ……。

そして肺炎の記憶。。。

ちょっと拍子抜け

たしかに時間とともに匂いは薄れていった気がするのですが、やっぱり製造から時間が経っているから?革としてストックされていた期間が長かった??

嬉しいような残念なような。あの匂いのオイル補給したいなぁ。作業したらそこら中、すごい匂いになりそうだ。

クロムエクセル、臭い!!という方はそのうち和らぎますので耐えましょう。

和らいだころには、匂いがキツい新品がまた欲しくなるかもしれませんが!!

……やっぱりもでぃふぁいど は匂いフェチだったのか???

自分の新たな性癖を発見したところで話を進めます。(渾身の太字)

クロムエクセルはタフ??

クロムエクセルはよくブーツなどに使われるタフな革なのは間違いありません。

が、ぶっちゃけ雨も染みる(特にシワやステッチ部分)し、キズもつきやすいです。

(サドル前方)すでにキズついてるし

でもキズはブラッシングですぐ消えるし、大した対策をしなくとも雨シミになったことがありません。

そういう意味でタフな素材です。

キズとかシミとかあまり気にせずガシガシ履く。で、たまには丹精込めて磨く。そういう用途にはぴったりだと思います。

どこにでも、いつでも履いていける。気負わず付き合える良いヤツです。

というわけでクロムエクセルの特徴は驚異の復活力!!!と匂い。

つまり!!ここに!!究極のラフオールデンが!!!降臨した!!!!

おめでとう

クロムエクセルレザーの価値!

このクロムエクセルレザーですが、別に超高級素材ではありません。

革素材としてはステアハイドに分類されます。つまり生後すぐ(3〜6ヶ月)で去勢されてから2年以上経ったオスの成牛の皮をなめしたものです。クロムエクセルは植物性タンニンとクロムを併用するコンビなめし後、さらにオイルを入れてあります。

一方で、よく高級靴に使われるカーフは生後6ヶ月以内の牛の皮をなめしたものです。

ということから、一般的にステアハイドは成牛の革なので面積も大きく分厚く丈夫。カーフは仔牛の体格が小さく面積が小さいので生産数が限られ高価。かつ薄くきめ細やかでしなやか……という特徴があります。

コードバンのオールデンと比べてどうよ?

クロムエクセルのオールデンはなんとなく、コードバンより安いし、下に見ちゃう……というか、ここまで金出してコードバンじゃないオールデン買うか??いくらか足せばコードバン買えるよ??という考えが起こりがちです。

ちなみにコードバンは馬の尻の革を削り出して猛烈に擦り、繊維を寝かせたもの。

クロムエクセルは成牛の革をなめして仕上げにオイルをたっぷり入れたものなので、モノとしては全然違います。

でも買った身としてはダンゼン買いと思って買ったわけなので、理由をツラツラと挙げていきたいと思います。

初期ツヤはない!!→エイジングが超楽しい

一般的なオイルドレザーの例に漏れず、初期ツヤは控えめです。

でも磨いていくと、これがジワジワと光りだすんです!!

じわ…もっとエイジングが進めばもっと光ります

なんかコレ満足感高いんですよね。

コードバンて「わて、光りますよー!磨いて貰えば全力で光りますよー!!!!」感すごいんですよね。

実際光ります。

でもこのクロムエクセルのね。

「私なんて地味だし、どうせ……」みたいなテクスチャがジワジワと光りを放ち始めるとき……

ここにやってやったぜ!!的な悦びを見出すのです。喜びもひとしお。手をかけたぶん応えてくれる。

エイジングの楽しさはクロムエクセルがコードバンに勝る部分かなと思います。

楽しさの種類が違うと言うべきでしょうか?

コードバンの千差万別の色抜け具合も楽しいんですけどね。

今回のクロムエクセルの色は「ナチュラル」ということで、ほぼ無染色。色の変化も楽しみです。

とりあえず油性ということで相性が良さげなクレム1925のニュートラルで磨いていきますよ。以前もコレで磨いていました。

いつでもどこでも履いていける!!→「とりあえず履いとけ!」が可能!!

シェルコードバンもたっぷり油分が含まれており足は濡れないので、もでぃふぁいど は特別水に弱い素材とは思いません。

ただ、水玉状のシミになったとき、これを消そうとケアをし始めると時間と労力を食います。

いや、思ったよりは楽でしたが、やっぱり濡れた布用意して……とかいちいち面倒で……。

ベルトの例

そんなわけで、個人的にはコードバンも「雨に降られりゃしょうがない」くらいの気分で履いているのですが、わざわざ雨だとわかっていれば履かないです。

そんなときでも履いていけちゃうのがクロムエクセルのオールデン。

あぁ今日はオールデンを履きたい……でも天気ビミョー!!!という日、ありますよね??

履けます。クロムエクセルなら……!!!

カーフより油分たっぷりでタフです。そして履き心地はオールデンそのもの。むしろコードバンより柔らかで最初から快適です。

そこそこ長期の旅程で「いちいち天気なんか調べてらんねーよ!!」というような時もとりあえずコレ履いていれば安心です。

  • 帰ってきたら地元は雨
  • 予想外の手水所

……こんな経験、皆さんもありませんか?

まぁ……いまちょっとそういうのは難しいですけど、その日まで磨いて防御力を上げるのみですね。

というわけで、「気兼ねなく履ける快適な靴」をお求めならクロムエクセルのオールデンはアリだと思います!!!!

まぁ靴は本来そういうもんじゃね?と言われたら、ハイ……と言う他ないのですが……。

ちなみにリセールバリューはコードバンに比べて圧倒的に低いので(笑)惚れ込んだら買いましょう!!!

良い靴だと思うんですけどね。

逆に中古なら買いか!?でも中古でクロムエクセルのあの匂いしたら、なんかキツいな……。

今日のモディファイ!!!

オールデンの履き心地にハマっちゃった方は是非クロムエクセルもいかがでしょう!梅雨でも大活躍ですよーー。

楽天で運命のオールデンに出会ってみる!!掘り出し物も……??

2件のコメント

  1. 履いて、クリームを塗って、またブラッシング
    5年後が楽しみなモデルですね
    スプリットトゥとサドルのシルエットが、なんとも言えない
    なんかいいですね!

    1. kenshu.takeruさま

      コメントありがとうございます!!また、いつもインスタでもお世話になってます。
      お持ちのAC-1のような雰囲気を目指して、
      サドルとヒール部分だけ色を入れていくのか……
      バリーラストの無骨なシルエットを生かしてそのままナチュラルにやるのか……
      長く付き合うなかで方向性が見えてくるといいなと思っています!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です