アンティークフィニッシュ茶靴にピッタリのシュークリームは!?

Pocket

今回はGaziano & Girlingのヴィンテージオークカーフを補色しよう!!意外と苦戦しました!!

早速!!キズ!!!

すっかり在宅勤務のお供として大活躍のGaziano&GirlingのBarclay。

ルンバの活躍もあり、着用していてもそんなにホコリは被りません。

〇回履いたらケア、みたいな基準が崩壊しました。笑

とか言ってたら……

どこかにぶつけたようです……。座っているときにイスの足か?

ソールもピカピカなのにアッパーには傷。

本来ならまだ有色クリームなんて使う必要はないのですが、今回ばかりは早速補色していきたいと思います。笑

で、どのクリーム??

というわけで早速以前作ったサンプル帳(?)と比べてみました。

えい。

ビッミョ〜です。

やっぱEDWARD GREENのダークオークか?Brift Hタバコブラウンも良さそう…

あと一歩ビビッとくるものがありませんが、今回はとりあえずの精神で。エドワードグリーンのダークオークでいきます。

結果は!?

もう結果です。布にとって少量塗って、豚毛ブラシでのブラッシング→乾拭きときて、こんな感じです。

見え……る……??

あれ?

当初より目立たなくなったものの、意外と見えます。着色力低いのかな?それはそれでじっくり使えるので良いですが!!

追加!!濃いクリーム!!

さてこの靴、何故クリームの色を悩んだかって、独特のムラ感ある革の質感に依ります。

レイジーマン独特のアタリ&あえてのムラが最高です。

ガジアーノガーリングは、つま先とカカトのアンティークフィニッシュ!!てなモノでもなくて、ところどころに濃い色が入れられています。

1つの色のクリームを全体に塗ったら、このムラがなくなってしまいそうで……

こういうときは若干薄めのクリーム、ということでダークオークを選ぶも結果は惜敗。

こうなったらもう、濃いクリームを入れるしかありません。

というわけで手持ちの茶系クリームの中でも屈指の濃さの、アーティストパレットのエスプレッソを入れていきたいと思います。

もうほぼ黒だよね、コレ。

個人的な所感ですが、紙の上でこの色でも、革の上に乗せるとかなりマイルドな色味になります。

あくまでも革の色が基本で、その上にかるーく、この色が乗るようなイメージなのでそんなに色味が激変することはないイメージです。

濃いクリームを入れてみた結果!!

こまけぇこたぁはいいんだよ!

お、かなり自然に仕上がりました。

少なくとももでぃふぁいど にはどこにキズがあったかわかりません。

いやぁ良かった良かった。

履き下ろしたのか、履き下ろしてもいないのかよくわからない状況なのに、すでに傷モノなんて……。

というわけで、アンティークフィニッシュの濃い部分にはそこそこ濃いクリームを入れても大丈夫そうです。ご参考になれば幸いです!!

今日のモディファイ!!!

そろそろステイホーム靴磨きを解禁するか……!!FF7をやるべきか……!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です