【ユニクロ最強!?】セルビッジクラシックフィットジーンズ徹底レビュー!!!【501やA.P.Cとの履き比べも!!】

Pocket

やっと届きました!!!

セルビッジクラシックフィットジーンズ!!!

ついに届きましたよ!!セルビッジクラシックフィットジーンズ!!!

その特徴は、

  1. セルビッジ生地使用!!
  2. ヴィンテージ譲りのゆったりストレートシルエット!!
  3. ドーナツボタンやカッパーのリベット、2色のステッチ(縫い糸)等、昔ながらのデニムを再現!!

といったものです。

順番に見ていきましょう!!!

カイハラ社のセルビッジ生地使用!!!

セルビッジとはデニム生地の種類のことです。裾をめくり返すと……

こんな感じで、生地の端にほつれ防止の耳がついています。語源としてはこの端っこが最初からついている→セルフエッジがなまってセルビッジになったとか。(たぶん諸説あります

セルビッジだと何が良いのか。

希少な旧式の織り機の独特の緩いテンションで織り上げられているので、伸縮性に富むデニム生地になり、履き心地アップ!!

そして濃い色の靴を合わせるときは、濃色ジーンズをあわせるとのっぺりしがちなので、ロールアップでヌケ感アップ!!

そしてロールアップしたときにこの耳がアクセントになる!!(大いなる自己満足)

セルビッジじゃないデニムが悪いかといえばそんなことはありません。実際ストレッチ生地の方がずっと履き心地が良かったりしますし、ユニクロにはもはや「ジャージにプリントしちゃったZE☆」みたいな化け物もいます。履き心地最高だろうなぁ。買わんけど……。

でもロマン溢れるセルビッジのジーンズが売っている。それもユニクロで。

セルビッジ生地は旧式の機械を使う関係で生産量もあげられず、生地単価も高いです。なのにこのお値段。

というかこの生地、なんならメイドインジャパン。ジーンズの聖地、岡山は児島のカイハラ社の生地です。

それでも毎年アップデートしながら発売し続けてくれているのだからユニクロには頭が上がりません。

し!か!も!!

今までラインナップされていたセルビッジストレッチ生地(セルビッジストレッチスリムフィットジーンズ)と違って、今回の生地は100%綿!!!!

伸びる生地にはシワが定着しづらいため、キレイな色落ちを目指すなら綿100%の生地のものをチョイスするのがセオリーです。

色落ちの期待、大です。

これを超えたい

ヴィンテージ譲りのゆったりストレート!!!

どれ、比べてみましょう。まずは置き画。

クラシックフィットの上に、だいたい重なるようにスリムフィットを置いてみました。

裾の長さは裾上げの長さ指定が違うから当然なのですが、それ以外、太さをみるとぜんぜん違いますね!!!

次に着画。コットンリネンシャツの裾が捲れ上がるの、なんとかならん?

それはともかく、スリムフィット。

こっち(下が)クラシックフィット。

どーん

けっこう違う!!!!

スリムフィットが現代的で合わせやすく、何にでも合いそうな雰囲気があるのに対し、クラシックフィットはまさにゆったりストレート。

もともとワークウェアだったジーンズらしい、綿100%でストレッチを入れなくても動きやすさと着用感の良さを両立しています。

そしてこれから体に沿ったシワになってくるとは思います。

クラシックフィットは合わせるものには若干気を使うかもしれません。パーカーやスウェットなどのカジュアルなアイテムよりは、シャツや革靴等キレイ目なアイテムを合わせると映える気がします。

もろもろの本格的ディテール!!!

これは私物のLevi’s501(元祖ジーンズ)ですが、オレンジの糸と黄色の糸が使われているのが、わかります。

今までのラインナップだったセルビッジストレッチスリムフィットジーンズはこの部分は1色でした。

黄色のみ

しかし!!!セルビッジクラシックフィットの方は……

しっかり2色使ってる…!!!!

そしてカッパーのリベット。モノホンこと501は生地ごと打ち抜き。そしてこの色です。

アジが出てる

ユニクロのクラシックフィットは……

打ち抜きではないのね。

色は同じです。若干暗いか?でも経年変化が楽しみです。

次にドーナツボタン。1940年代のジーンズに見られるディテールです。

501はコレ。

まぁそういうこともあるさ。(何が?

チェーンステッチでの裾上げ!!

ユニクロは280円(+税)でオンラインストア限定でチェーンステッチでの裾上げができます!!

チェーンステッチというのは、こんな感じで連なるようなステッチ。

裾の折り返し部分、黄色の縫い糸が鎖のように連なっています。

逆に、チェーンステッチでないシングルステッチはこんな感じです。

ちなみに501のチェーンステッチと比べるとこんな感じ。スマートです。

履き比べ!!

VS A.P.Cプチニュースタンダード!!

A.P.C
クラシックフィット

重ねてみると同じ人が履いてるものに見えない。

まぁこのクラシックフィットもリジッドなので、洗濯すると縮みます。ここまではいかないでしょうが。

VS FULL COUNT1108!!!

1108
クラシックフィット

VS Levi’s501!!

ちなみに置いてみるとこんな感じ。501より太いのがわかります。この501が29インチで、このクラシックフィット28インチなのに大きいもんな。ゆったり目です。

まとめ!!!

ここまで色々見てきましたが、これ3990円(税抜き)はヤバくない????

細かい差異はあれど、501はお値段3-4倍しますからね??

だいぶスキニーなんかも履いてきたので、もでぃふぁいど はゆったりなシルエットが気分です。

春らしく、フワリとゆったりしたジーパンでお出かけも良いのではないでしょうか。

バスクシャツやシャツを合わせて散歩に行くやね。世は何が流行っていようが、春は春じゃ。散歩くらいは良いでしょう。

2件のコメント

  1. いつも楽しく読ませていただいています。
    自分は服飾から革靴をみている立場です。

    もでぃふぁいど!さんのファッション記事(非革靴)を読んでいて常々少し不思議に思うことがありまして、、
    EG社やG&G社など、名だたる素晴らしいお靴を多数所有されているにも関わらず、それでいてジーンズに関してはコストパフォーマンスにかなり重きを置いているように感じられます。お考えをお聞きしたくコメントさせていただきました。
    ジーンズに関しては育てる楽しさをより重視したいというお考えなのでしょうか…と、愚考しております。
    もしよろしければ、ご回答をお待ちしております。これからももでぃふぁいど!さんの一ファンであることには変わりません。

    1. mob2dxさま
      コメントありがとうございます!!
      それはひとえに、高い靴を買っているので服を買う余裕が……笑
      いやでも、靴買う金で服買えるのでは……となると……
      やはり、いま子どもがいる関係上、さまざまな着色力が強いもろもろ(笑)が飛んでくるので、あまり高い服を着る気が起きないというところでしょうか??
      ジーンズというのも最終的に「いくらでも洗濯すりゃええがな」という点に尽きるのだと思います。

      結局はおしゃれさんではなく、革靴マニアの域を出ないということになりそうです……。笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です