GUアクティブスマートシューズを革靴マニアが本気レビュー!【20万の靴と比較してみた】

Pocket

いや、ほんとコレすごいっすよ!!!

GUの合皮シューズ!!

というわけで昨日の記事で書いた靴は、GUの靴なのでした。

売価は今となっては、1,980円です。

しかし、この靴ヤバいです。

靴に関して金銭感覚がぶっ壊れ足元に定価20万以上するような靴がチラホラある革靴マニアから見ても非常に良くできています。

なのに何なのこの値段!?!?!?

具体的に見ていきましょう!

概要!!

形としては外羽根式のUチップです。

そして革……というか合成皮革ですが、これはスエードを模したもの。

結構しっかりしてません?パッと見なら結構騙せると思いますよコレ。というかスエードの毛並みまで見る他人は靴マニアくらいしかいません。

ほとんどの人からの印象は同等でしょう。

ビジカジくらいならユニクロのスマートアンクルパンツと合わせてオフィスでも履けるでしょう。……と思っていたのにその辺にあった適当なスラックスで撮っちゃった。スマン。

休日はジーンズに合わせてもオッケー!ユニクロのレギュラーフィットセルビッジジーンズとの相性もバツグン!!……と思ってたのにコレよく見たらストレッチセルビッジスリムフィットジーンズですわコレ。ご参考までに!

このスエード風の素材ですが、撥水加工もされているため雨の日もバッチリです。その他、抗菌防臭、軽量ソール、屈曲性など至れり尽くせりの機能つき。

軽量ソールもこの通りラバーソールで安心!滑りにくいし、雨が染みないのでアフターケアも考えなくてオッケー!(革底は雨に濡れたままだとカビるリスクがあります)

で、1,980円です。もともと2,490円だったでしょうか。

文句なくない?文句なくない??もう??

20万円の革靴と比べてみた!!

で、いわゆる本格革靴と何が違うのか??

むしろこの価格差は何??実際に比べてみましょう。

比べる対象はこちら、同じUチップにして世界最高とも言われるエドワードグリーンのドーヴァーです。国内定価は上がりに上がり続けて税込20万円。出せない、とてもじゃないが出せない定価。(でも足元にある)

フォルム!!

十分じゃないですか???

引きでみたら普通は色違いの靴に見えると思います。

そりゃ革靴マニアから言わせれば、木型のヒネリが足りないとかなんとか言えなくもないですが、そもそもGUのアクティブスマートダービーシューズは柔らかな素材で馴染みの良い素材なのでそこまで木型とか気にしなくても良いです。

(木型とは靴の形の元となる型です。ざっくり言えば、足の形により近い木型では大量生産が難しくなるというジレンマがあります。)

ヒネリ比較

なお、左足:25.2cm/右足:25.4cmのもでぃふぁいど は26.0cmのサイズを履いています。伸びもないでしょうし、あまりタイトなサイズはオススメしません。

それでもシューズ自体の柔らかさ(屈曲性の良さ)もあってカカトもそこそこついてきますし、変に当たるところもなく、履き心地は上々です!!

靴マニア向けに言うならば、カカトは履きおろしたての英国製法グッドイヤーシューズ(チャーチ173とか、クロケット337)よりついてきますよ。

素材感!

これはスエードの靴と比べるしかないと思いますので、VASS(国内定価15万円程度)のスエードシューズと比べます。

GUの合成皮革はVASSに比べると毛足が長い印象です。高級なスエードはなめらかでトロリとした触り心地が特徴ですが、ここまで近づけば流石に違いがわかります。

さすがに全く同じ!とはいきませんね。街中で見かけたとき「あっあのGUのシューズだ!!」と思ったことも正直あります。

しかし先にも述べたように誰が気にするんだそんなこと、というのも事実。靴なんて所詮ファッションの1つの要素ですからね。

何よりスエードって、ケアが簡単(スプレーかけるくらい)というのが魅力なので、そもそも撥水加工されている合成皮革はもっとケアフリーで無敵では??という気持ちもあります。

良い靴をたくさん持っていたとしても、大雨の日は無理せずこれで良いんじゃないかなぁ……。

履き心地!!

これはもう、方向性が正反対ですのでどちらが良いかは人それぞれです。というかどちらも良い。

GUのアクティブスマートダービーシューズは足を包み込むように柔らかく、クッション性に優れたインソールが心地いい!!スニーカーに似た快適な履き心地です。具体的に言えば、New Balanceの超銘品M1500よりクッション性能があります。ローテクスニーカーに対しては言わずもがな、遥かに凌駕する履き心地!!

改めて履きましたがホントにモンスター級の履き心地の良さです。笑

一方でドーヴァーは革靴の中ではリラックスした履き心地ながらも、GUよりはかなりカッチリした履き心地で背筋が伸びる感じ。

こんだけ高価格な靴なのでドーヴァーの履き心地が最高なのは言わずもがなですが、GUがこの値段でこの履き心地でしょ?

方向性が全然違うとしてもコスパ良すぎです。いやもう、ほんとコレで良いじゃんってなります。この値段でこの履き心地が手に入るなら、誰が高級靴なんて買うん?みたいな。

しかも履き心地もスニーカーの延長みたいな感じなので、誰でも最初から違和感なく馴染みやすいと思います。

エドワードグリーンならどの靴も比較的キャッチーな履き心地ですが、チャーチやクロケットジョーンズあたりの価格帯の英国靴(7-10万円くらい)って第一印象では「うっわ!これ履き心地すごいなー!!!」とはなりにくいじゃないですか。足に馴染んできて徐々に良さがわかるものだと思います。

だから、このGUのシューズが革靴の入り口になってしまうと、もう革靴沼に落ちないと思います。笑

革靴マニア向けに言えば、オールデンのスエードのアンラインドローファーくらい楽です。驚愕の楽さ。ホントなんなん?GUすごくない???

その他の違い!

あとは長く履けるかどうかでしょうか。エドワードグリーンを始め、本格的な紳士靴は修理がしやすい製法(グッドイヤーウェルト製法)でできており、ソールの張り替え修理等が可能です。きちんと手入れして修理しながら履いていけば10年以上履けます。

また、シューケアを重ねることで新品にないツヤやシワが刻まれ、より魅力的になっていきます。(と革靴マニアは思っています)

みがいたやつ

長く大切に使えるモノというのはサステナビリティという観点からも優れています。

GUのシューズも修理自体は可能かもしれませんが、新しく買った方が安いし早いという状況になります。それでも修理できれば立派なことだと思いますが……そこまで思い入れを込められるか?というのも問題になるでしょう。

ただしこれは注意!!

しかしこのGUのアクティブスマートシリーズ、選んではいけない地雷もあります。笑

それは茶色の表革を模したもの!!

商品写真ではそこまでわからないのですが、実物は「ウソやん!!」と声に出したくなる合皮っぷりです。

またその素材でつま先にグラデーションかけちゃったもんだからなおさら「ウソやん……」って感じになっています。

ちゃんとグラデーションかけた本革の靴って大抵高い商品が多いので差が際立っちゃうんだと思います。商品写真とじゃ、あまり差がハッキリしにくいですが……

それでも値段を考えれば全然買いだと思えますが、買うなら黒、もしくはスエード風かなぁと思います!!

そして本命へ……

そんななか、GUからはリアルレザーダービーシューズも発売されています。

文字通り本革です。4,990円。

ウソ何これすごい!!!

先に言って!!!

この履き心地で本革で5,000円、なんの文句もなくないです??

が、これは例によって(?)売り切れ中。実物を見る機会があれば試してみたい気もする一方、既に靴はありすぎるんだよなぁと悩みもします。

これから買われる方にはダンゼンオススメできる1足だと思います!!

まとめ!

今回はGUのアクティブスマートダービーシューズシリーズを見てきましたが、どこからどう考えてもコスパ抜群の1足だと思います。

ほぼ在宅勤務になっちゃって、会社に行くのも週1回あるかないか、格好もビジネスカジュアルOK。

そんな感じだったら、コレ持っておけばバッチリです!!!!休日も使えますし!!

というわけで、ファッションとしてはGUで充分だとも思います!!!!

でも革靴マニアとしては、ぜひ食わず嫌いせずに一生の相棒となり得る革靴を試してみていただきたいなぁと思いつつ筆を置かせていただきます。全く脈絡ないのは承知ですが!!

また履いた(精神面での)所感は別途記事になる予定です。

今日のモディファイ!

ちょっとホント、騙されたと思って履いてみていただきたい。サンダル以上革靴未満のポジションで大活躍しちゃいますよ???

5件のコメント

  1. 初めまして。
    いつも楽しく読んでいます。

    靴沼にハマりたてなので、本当のエイジングを楽しんだことは無いのですが、手持ちのチャーチやクロケットのシワを眺めてニンマリとしています。

    この靴も良さそうですが、シワの入り方が気になります。
    履いてみた感じはどうでしょうか?

    1. かずさま
      コメントありがとうございます!
      数回近所の用事を済ませにこの靴で出かけたくらいなので、写真の通りのシワ具合です。あまり入っていません。
      ただ今後クタクタになってくると毛足が長いこともあり、結構くたびれて見えると思います。
      それこそお持ちのチャーチやクロケットとは、当然ですが比べるべくもない見た目になってくるような気はします。

      特にその価格帯の靴をお持ちであれば、大雨用とか、サンダル以上革靴未満の履き物としてならオススメです!(個人的には雨用の革靴ならチャーチのシャノンのがオススメですよ!本記事は「革靴に○万円なんてとんでもない!!という方」に向けて書いてます)

  2. 革靴に興味があってちょくちょく見に来ている者です。
    ちょうどGUの話題が出たので質問させてください。

    GUの「アクティブスマートコインローファー」という靴が前々から気になっているのですが、
    もでぃふぁいどさんの目から見て品質はどのように感じますか。
    今現在私はローファーを一足も持っていないので、もし値段の割に良いものであれば一足購入しようかと思っております。
    もし全く見たことがないのであればこの質問はスルーしてもらって構いません。

    1. アールグレイさま

      コメントありがとうございます!
      ローファーもスエード調のものが使いやすいように思いました。やっぱり、茶色はちょっと合皮感が強いかなぁと思います。

      GUのアクティブスマートシリーズ全般に言えることですが、どれも値段の割には良いものだと思います。
      まず購入してみて試すには絶好のモノです。
      普段履いていくなかで「やっぱり革靴って履いてると良いな」「気分上がるな」みたいな感覚が出てきたら、一生使えるようなものを検討してもいいかもしれません。

      まとめると、値段の割には良いものだと思います。ただしコレがあれば他の革靴全ていらない!とは(マニアとしては)思えないというのが本音です。ぜひこちら側の沼においでませ。笑
      ご参考になれば幸いです!

  3. もでぃふぁいど様

    丁寧に教えていただきどうもありがとうございました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です