雪が降るというのでパラブーツが良いなぁと思う話〜本命は!?

Pocket

POEと言われてピンとくる方、結構沼の水深、深めです。

雪!!

今日は都心でも雪が降るようです。都心の雪はすぐびっちゃびちゃになるので、革靴にはなかなか厳しいコンディション。

もでぃふぁいど は普段雨でもレザーソールの靴を履くこともありますが、こうなりゃ話は別です。

こんなとき、仕事でも使えるパラブーツがあればなぁ、なんて思うのです。

だって、パラブーツの特徴と言えば、雨に強い油分たっぷりのオリジナル素材リスレザーに、柔らかで履き心地よくグリップバッチリのオリジナルラバーソール!!

そして防水性を高めるノルウィージャンウェルトまで搭載していれば、もう何も怖くない!!

仕事にパラブーツ!!!

もでぃふぁいど もパラブーツのウィリアムを持っています。

ただ、見ての通りグレインレザー&明るい茶色なので、なかなか仕事に履いていくのは難しい靴でもあります。(……というのは自意識過剰で、たぶん履いて行っても誰にも何も言われないとは思うのですが)

こういうコンディションだと、アッパーから雪が染みてくるというよりは、ベチャッとした雪がサイドから染みてくる感じでしょうか。

そもそもグッドイヤーウェルト製法で作られた靴は、靴底からの浸水にはまだ強いですが、ウェルトの上に雪が乗ってしまうともう即アッパーに染みてきます。

ということを考えると、やっぱりパラブーツのノルウィージャンウェルトはありがたいんですよねぇ……。

ピンぼけやん

ということを勘案して、仕事にも履いて行けるウェルトのあるパラブーツといえば……

Avignon!!

アヴィニョン!!アヴィノン?アヴィニヨン?もでぃふぁいど も正解はわかりませんが、本国で売れ行きNo.1の靴がコレ!!

シャンボードよりスマートでノーズが長いので、ジャケパンくらいなら違和感なくいけるでしょう。スーツに合わせるなら……ウェルトの糸をクリームで黒くするかなぁ……。

油分たっぷりのリスレザー&ノルウィージャンウェルトで、これぞパラブーツ!!な1足です。

William!!

というかアヴィニョンOKならウィリアムもOKじゃない?黒のリスレザーで。

シャンボードより絞られた木型なので、パラブーツは緩くてちょっとなぁ、という方にも是非おすすめしたいです!いや、シャンボードも好きなんですけど、どうしても休日向けのリラックス感ある履き心地かなぁという印象が個人的には拭えないもので……。

Poe!!

でも黒のウィリアム、バックルが金色なんだよね……スーツには無理だよね…….

そんなあなたに本命のPOEです。

ポーはウィリアムを全体的にドレッシーにしたモデルです。モディファイポイントとしては、

  • バックルをシルバーに
  • ソールは薄手のギャラクシーソールに
  • スマートな木型を採用
  • ノルウィージャンウェルトの縫い糸を黒に

あたりでしょうか。

そう、パッと見ではわかりにくいですが、この靴もノルウィージャンウェルトを搭載しています。縫いが入っているので、ストームウェルトではなく、ノルウィージャンです。

ノルウィージャンウェルトの方が高さがあって横からの浸水に対しては安心ですよね。

この目立つ意匠をさりげなく用いることができるのは、やはりダブルモンクだからこそでしょうか。

これがシンプルなプレーントゥだったりすると、むしろノルウィージャンウェルト自体がデザインのアクセントになっちゃいます。

うーん、これは一家に一足、POEな予感……。

Manege!!

と思ってましたが、もう一足本命があるのを思い出しました。Manageかと思いましたが、違いました。Manegeで合っています。

簡単に言うと、薄めのラバーソールを装備したリスレザーのサイドゴアブーツですね。

最強じゃん!!

履きてぇ〜磨きてぇ〜。

リスレザーのあの無限にクリーム吸い込む感じ、好きです。良し悪しは置いておいて、無敵の靴に育てている感じが。笑

手持ちのサンダースのサイドゴアがいつかダメになったらコレかな……。サイドゴア、なんだかんだと便利なんですよね。脱ぎ履き楽ですし。困るのは下駄箱に入らないくらいです。

パラブーツは本国ではガチの実用靴扱いされているということで、日本でお洒落に合わせているのを「そんな手もあったか」的に見ているというウワサも聞きます。

(日本で言えばワークマン的立ち位置なんでしょうか?)

でもボタボタ雨や雪が降ってくるような日本の気候にはちょうどいいんですよね。創業者のレミーさんも、まさか自分が作った靴が日本で大ヒットするとは夢にも思わなかったでしょう。笑

今日のモディファイ!!!

何はともあれ、皆さん足元にはお気をつけてくださいね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です