やっぱりモディファイドラストは最高だな、という話

Pocket

意外と長く履いていると評価が乱高下しません?この木型。

今日のおはなしはオールデンのモディファイドラストについてです。

時系列を追ってみていきましょう。

1.試着/購入まで〜ひとめぼれ

なぜシワ入れ前に写真を撮らなかったのか

試着した瞬間はすごいですよね。「えっ?」と思うほど土踏まずがフィットします。「なんだこれ!?」という状況です。でも、不思議と気持ちいい。

これだけで「いつか買うリスト」にほぼ入ってくる恐ろしい木型ですよね。

ちなみにオールデン価格がしんどいな、という方はチーニーの1886ラストは履き心地が近いと後輩が言っておりました。(公式でも土踏まずでフィットさせる木型と言及があります。)

このとき、評価は120点くらいです。満点超えてる。

2.購入後しばらく〜アツアツ

購入後、中底の下のコルクが沈んでくると、土踏まずのフィット感は更に高まります。なんて恐ろしい子。試着時であれだけすごい突き上げ感だったのにまだポテンシャルを秘めていたなんて。

まだまだ色暗いなぁ

評価は150点くらい。時速に直せばメーター振り切れてスピード違反切られるあたりです。

3.馴染んでから〜倦怠期

しばらく履いているとこの履き心地が「当然」のものになってきます。いわゆる倦怠期です。

倦怠期の写真だったのかよ!

傍から見ればなんて贅沢なのかと。

でも人って慣れちゃうんです。

評価は70点くらい。普通に良い、他にもいいフィッティングの靴はあるし、くらいに落ち着きます。

4.ひと通り履いてから〜円熟期

一通りいろんな靴を履いているとモディファイドラストの履き心地が唯一無二であることがだんだんわかってきます。

そうすると一定周期で「モディファイドラスト履きたい!!」という衝動に襲われるようになります。

特にコードバンのモデルしかない状態で、雨続きだとこの欲求を発散できずツラいです。クロムエクセルかキッドレザー(ヤギ革)のモデルも欲しいなぁ。そんなヤバい欲求も湧いてきます。

やっぱり、モディファイドラストは良い。

もでぃふぁいど は今この境地です。

点数で言うと95点。

最早本当に自分にフィットする靴、という概念がよくわからなくなってきた昨今。

具体的に言うと「ビスポークのようにしっかりと足全体にフィットする靴」と「モディファイドラストのようにフィットするのは一部分だけどめちゃめちゃ歩きやすく、足のむくみにも強い靴」どちらのが良いのか判断しかねています。

とはいってもビスポークはやったことがないので、現実的には履き慣らしたウエストンやエドワードグリーンのように履いた瞬間「おっ!?」となる全体のフィット感の靴との比較です。これらは履いた瞬間はモディファイドラストより気持ちいいこともあるのですが、長い距離歩いたり1日を通して履き続けたりすることを考えたらどっちが良いんだろうね、という間で揺れています。フィッティングバイオリズムですね。

今日のモディファイ!!!

今日ひっさびさにオールデンの54321履いたらじんわり良いなぁってなっただけなんですけどね!!!お持ちでなければ是非ご試着を!!!人生に1足はモディファイドラスト!!!

お持ちの方は趣向を変えて専用ツリーとかいかが?


スプリングライン シューツリー for Alden モディファイドラスト用(シューキーパー 木製 オールデン専用)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です