世界最速靴博2021レビュー!?その2〜もでぃふぁいど が個人的に気になっちゃったモノ編

Pocket

いや全部個人的に気になってしかいないモノなんですけどね。

その1はこちらをどうぞ!

もでぃふぁいど は所詮靴が好きな一介のサラリーマンなのでマインドは断固ただのオッサンなのですが、この度ISETANさんにお呼ばれして靴博2021の事前お披露目会に参加してきました。

事前人気No.1&2です。

Safariさん……!!!

今回の靴博2021のテーマにはサステナビリティも含まれています。

そんな流れで、高円寺の名店Safariさん。

なんと靴博に向けて確保していた100足近くのヴィンテージオールデンを大放出!!!

普段お店に並んでないものが、このために用意されてるってことですよ。

つまり……祭りか!!!

オールデンにしては明らかに色が薄いですよね。薄い。

うす……

うす……

え?

未使用で??

モディファイドラストで?

今はモディファイドラストでは一切作られていないNSTで?

ウイスキーみたいな色乗っちゃって??

8D!!ゴールデンサイズ!!!

興奮して影入っちゃった

お値段、税込33万円とのことですが、それでも全国から集う変態紳士がきっと、この靴を召し上げていくのでしょう。靴博2021、恐ろしいところ。

あと別注ではないですが、オールデンもこのタイミングでVチップとタンカーブーツを届けてくれたとのことです。

ボナフェのスプリットダービー!

昨年かな?バーボンで別注かかっていたものが、今回は#6と黒で登場。

#6?

実は超レアじゃない??

#8と#4はあって、6は名前はあれど幻かと思っていましたが、実在しました。

#6は実在する!!!

ちなみにもでぃふぁいど をこのキケンな楽しい催しに招いてくださったバイヤーの宮下さんが個人的に1番欲しいのはこの靴とのこと。

もでぃふぁいど も、ソールがビブラムのしっかりしたラバーソールで、1番歩きやすそうなのはこの靴かなぁという気がしました。なんだかんだで履くのは履き心地が良い靴。

エンツォボナフェの関係者をして「ウチの親方、手作業にこだわり強すぎ(でちょっと面倒)」と言わしめるクオリティは納得の履き心地。

最後まで足元に残るのは結局こういう靴だぜ!!バイヤーさんイチオシでもありますので、ぜひ。重さがステキです。

オールデンフォロワー、グラントストーン!

ネット中心で展開していたグランドストーンも今回初お目見え!!

目玉はこのマーブルコードバンを使用したこの990クリッパーオックスフォード!!!

この貫禄。

オールデンフォロワーとか言ってる場合じゃない貫禄です。コレかっこいいなぁ。足元に収まってたら最高じゃないです??というかシワ入れしたくないです???

してくれって言ってる。聞こえる!!ほらアナタの耳にも!!

VIBERGの「スリッパ」!!

最近在宅勤務ばかりで靴履かないんだよなぁ……なアナタを笑顔で確実にやっつけるステキアイテムです。

コードバンスリッパと言えばK.T.ルイストンですが、あれはホーウィンのコードバンではないはず。たしか。

その点このヴァイバーグスリッパは正真正銘レアカラーのスリッパですよ!!バイヤーの方いわく、VIBERGはホーウィンとのアツいコネを持っているとのこと。本来カナダのブーツメイカーなので、もちろんブーツもラインナップしています。

でも、スリッパはラインナップの中ではかなりお値段お手頃なので、

「せっかく来たけどお財布がな……でもなんか買って帰りたいな」

というアナタの懐にスッ……カードをスッ……

そんな感じでお家で楽しく過ごすことになると思います。

個人の感想としては「炒めものするときは使えないけどすごく良い」でした。

スタッフさんにも「リビング専用にしてあげてください」とたしなめられました。

抱いて寝ます。

(まだ買ってませんが)

コードバンのパラブーーツ!

最高じゃんね。

コードバンのシャンボードはシワが入ってもいい感じなんですよ。

言わずもがなですが、今回はお披露目会なので買えません。そりゃ先に買い占められてたら大変ですので。

というわけでコレは2016年に購入したもの。良いものですよ。

なので、コレは別注ではなく一応インラインのモデルなのですが、日本はおろか海外でも売り切れ続出だったので在庫を靴博のために世界中からかき集めたとのこと。

たしかに実物売ってるのを見たのは、日本で1回(買った)、ハワイのレザーソウルで1回だけかも。

アヴィニョンに至っては国内で見るのは初?これもレザーソウルにあったような。

というわけで、アヴィニョン欲しいです。

残念ながらシャンボードは木型が合わないんですけど、アヴィニョンならイケる説は日々高まってます。楽天SUPERセールはヤバかった……。

そんな波を乗り越えた方もこちらでK.Oされてしまってはいかが?

ジャランスリワヤのサービスなブーツ!!

今回、市場で熱が高まってきたキャップトゥのブーツをジャランスリワヤにオーダーしたとのことでした。

もちろんコードバンで!!

これ見れば見るほど良いんだよなぁ……。キュッて、キュって紐結んだら最高じゃないです?

で、驚くべきはその価格!

こんだけ高品質なコードバンをゼータクに使って???

6.6万税込!!

キャーお買い得よ!!!

しかも会期中はキャンペーンでシューツリーもプレゼント!!

ギェェ!お買い得よ!

そのお買い得さたるや、ほとんど利益が出ないそうで。笑

いつもお世話になっているイセタンさんのイベントだから、ってことでジャランスリワヤがこの価格で作ってくれたそうです。何それ泣ける。

というわけでサービスなブーツです。オススメ……!!

ここまでで一体いくらあれば財布は保つんだ??

ノリエイさんのアングレーズドナチュラルコードバン!

聞き慣れない靴ブランドですが、ノリエイさんは姫路のシューズメイカーのブランドです。足なりの木型にグッドイヤー、日本での一貫生産が特徴。

今回唯一のナチュラルコードバンだったでしょうか。無染色コードバンです。

イセタンさんの説明にはグレージングを施し……とありますが、それだとローラーで毛足を潰してツヤを出した普通のコードバンですし、わざわざ断るならこれはアングレーズド(素仕上げ)のコードバンなのでは?

実物見る限り、無磨き、無染色、という印象を受けますが……真実はキミが靴博に行って確かめてくれ!!!

今世紀最強コスパ靴来たか!?

その名はKruger&Brent(クルーガー&ブレント)。

右手前からキャップトゥ、プレーントゥ、ローファーの3型で各33足限定で登場です。

Kruger&Brent(クルーガー&ブレント)はもともとスペインのシューメイカー、バーウィックが持っていたブランドで、今回靴博にあたって復活させたとのこと。というわけで製作協力もバーウィックで良かったんだっけな?

気になるスペックは、

  • アッパーはアノネイ
  • ソールはレンデンバッハ
  • 作りはグッドイヤー
  • 木型はバーウィックの人気ラスト

ときて、お値段2.6万円!!

ちなみに、イセタンさんでレンデンバッハを使用したオールソールを頼むと2.4万円だそうで。笑

ソールに2千円でアッパーもついてきちゃう!もちろん利益度外視なので限定足数とのことでした。

他の参加者の方も「アッパーがモチモチ…!」とつぶやいておられました。また履き心地もなかなかとのこと。(もでぃふぁいど のサイズはサンプルがありませんで)

バーウィックの木型なのでその辺りも安心。

これでジャランスリワヤより安いなんて……恐るべしイセタン……!!

履いたらもうアレだよね。せっかく来たし。限定だし。ね。お手頃だし。

ぜひ履いてみてください。

トモエさんのエントリー革靴!

トモエさんはセメント製法の靴を若者向けにリリース。靴好きならSダースとか18…とか思い浮かぶラインナップですが、セメント製法で価格を抑えながら木型の再現性を上げているとのこと。

たしかに普段スニーカーを履いている人からしたら「革靴ってカッコいいけど高い」というのはどうしたってあるので、こういう選択肢が増えるのは良いことだと思います。

みんな沼にハマって靴業界を支えればいいのに。

Rendoはコードバンチップでオーダー!

Rendoは会期中、コードバンチップを使ったオーダーを受けるとのこと。(お披露目会にはサンプルがなかったのでインスタで。)

RENDOのオーダーは、本当にいろんなことが実現できるオーダーなので、この期に是非。

モディファイドラスト専用ツリー!

今回RESH.さんも出店されるということで有料磨きサービスや、修理サービス、シューケア用品が販売されます。その中でも、もでぃふぁいど の注目はモディファイドラスト専用ツリー!

詳しく使っている様子はこちらを。これは超良いものですよ。

これ、実は製造しているスプリングライン社はイギリスのメーカーなのでサイズはUK表記。

対してモディファイドラストのオールデンはUS表記。

そしてツリーは1インチ刻み……ということで、ネットで買うにはUS8.5のオールデンにはどれを買ったら良いんだYo!となるわけですが、今回実物を試して買えますよ。

靴博にはモディファイドラストを履いていこう!!

そして言おう、「もでぃふぁいど!を見た!」!

店員さんも困るでしょうし、もちろん1円たりともまかりません。

それでも良ければ、是非。

きっと1人叫べばまた1人、また1人と声が上がり……かねないと思います、あの場に限っては。

靴博2021は9/25(土)〜!

というわけで事前お披露目会にご招待いただいたのですが、本番は9/25〜です。

場所はいつもの紳士靴売り場こと、メンズ館B1F。例年と違うので注意です。

この状況でもなんとか靴博を実現したいとの想いで、感染対策を講じつつ規模縮小して開催と相成ったそうです。

正直、最近革靴あんま履けてないしなぁ……と思いつつ伺ったのですが、フタを開けてみれば超楽しかったです。だって魅力的な靴がこんなにあるんだぜ。そして革靴は魅力的だ。OK?

眺めているだけでも楽しいし、試しに履いても良い。うっかり買っちゃって嫁に怒られても良い(ほどほどに)。

最近ようやく過ごしやすい気温になってきたけど、なーんか自粛ばかりで外出もあんましてないし、ようわからんうちに夏が終わっちゃったなぁ……と思うアナタとワタシ。

そこには陽炎ゆらめくマニアの熱気とカード片手のうめき声、マイサイズがあってもなくても天国、してやったりと影で微笑む別注をかけたスタッフさんたちの笑顔がきっとある……!!

祭りだ!!

1人でも多くの靴マニアが頭を抱えながら最後には清々しい顔で散財しちゃいますように!沼で待ってます。

今日のモディファイ!

伺う前にB1Fもチラリ……いやだいぶお世話になったのですが、靴博とは別にクロケのコードバンや、チャーチはウイスキーコードバンっぽいディプロマットやシャノンがあったのでサイズによってはフライング俺だけ靴博が可能であることを申し添えておきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です