【SOLD!】超絶革質!!J.M.WESTON 500外羽根キャップトゥ!!〜もでぃふぁいど!クリスマスセール⑤

Pocket

來るべく週末に向けて目玉よ。

J.M.WESTON500!!

さて、マニアックすぎる、しかし今回のクリスマスセールのもうひとつの目玉をご紹介します!!

J.M.WESTON 500 外羽根キャップトゥです!!

ウエストンに外羽根キャップトゥなんてあったんか、って感じですよね!

あったんです。

ラストは11。現行の300や310、先に出品している376と同じです。

クラシックかつ誠実なフォルムです。履き心地としても土踏まずのしっかりとしたフィット感に、しっかり食いつくかかと。

チャーチの廃番ラストである73に見た目が近いなんて言われています。

角ばりすぎないセミスクエアなトゥなんかは、かなりええ感じです!!

気になるサイズは……

6 1/2E!!

もでぃふぁいど は普段UK7Eですが、これはかなり良い感じです。

状態としては使用1回です。

おねだんは、

58,800円!!

やっす!!!!使用1回超絶革質のヴィンテージがこの状態で!?!?

今月末で廃番予定の同ラスト310セミブローグは、たしか12万円+税くらいするのに!!!

現行より革質も超絶良い使用1回のこの靴がこの値段で、アレがコレで俺がお前でお前が俺で!?!?

ちなみにツリーは撮影用のため付属しません。

敗因!!

黒靴が多すぎる。

これに尽きます。

また転職したことで満員電車に揺られる運命になりましたので、こんな超絶革質の貴重な靴をガシガシ履く気になれませんでした……。

というわけて、良い革ってなに?という方や、ヴィンテージシューズの革質が良かったってホント?という方は手にとっていただけると、その意味がわかると思います!!

J.M.WESTON 500のオススメポイント!!

超絶革質!!!

見てください、この透明感、そして均質な革のテクスチャ。

ヴァンプのあたりなんかキメ細かすぎです。そして、超絶モチモチなのがシワのあたりから感じ取れますでしょうか。なんかもう、ふっくらしてる。こいつ、生きてるよ。

そしてトゥですが、

ノーワックスです。

ノーワックスでこれはヤバくないです?普通に子ども用の椅子が映り込んでます。笑

磨いたらどうなっちゃうんだろう……

もでぃふぁいど はデリケートクリーム入れたくらいでしたが、それはもうエラい楽しかったです。

良い革は、クリームを入れるとみるみるモチモチになっていきますし、ブラッシングだけでもエラく光るのでブラッシングも超絶楽しいし、ワックスは薄塗りでも超絶光るので楽しいし、ついでに革へのダメージも最小限。

つまりですよ。

最高に楽しい靴磨き体験がここにあります。

この靴はデッドストックを購入し、デリケートクリームを入れただけですので、あなたの好みに楽しく磨いていただけたら幸いです。

年末の楽しい靴磨きの題材として、いかがでしょう??

これにワックス手で塗るの最高だろなぁ…

なに、気に入らなければしっかり磨いてから出せばヤフ○クやメル○リでもうちょい高く売ることもできますよ!!……たぶん……。

ちなみにエドワードグリーンのトップドロワーと比較したことがあります。黒だったので、幻のカールフロイデンベルグ社のカーフです。

痛恨のサイズミスでブログに上がることすらなく去っていきましたが。

でも、このウエストンの方が表面が均質で整っているんですよね。ヴァンプあたりがわかりやすいですかね。

恐るべしデュ・プイ社の本気。そらエルメスも買うわ!!

(ウエストンにボックスカーフを供給するデュプイ社は元ウエストン傘下の企業でした。今はエルメス傘下です。)

11ラスト!!クラシックで普遍的ドレスラスト!!

ウエストンの中古って見ていると、「え?こんなん出してたの?」というもの結構出てきますよね。

信じられないほどロングノーズなものや、スワールトゥ、そして羊羹か?というほどスクエアトゥな靴とか。笑

結構イロモノも多く、意外と迷走してきたんだなぁと思います。

そんな中、この500は今も使われ続けている定番のドレスラストである、11ラスト!!

イロモノなんて言わせない。ドレスラストとしての矜恃。

ウエストンファンの中には「実は11ラストのフィット感が1番好き」という方も多いのです。

というのも、カントリーな靴が多いウエストンの靴は、足の前半分と甲でフィットさせるラスト(木型)が多いです。これがいわゆる万力締めに繋がるわけですけれども……。笑

その点11ラストは、土踏まずとカカトでフィットさせる現代的なフィッティングなんです!

現在コンフォートと言われるドレスシューズの木型(エドワードグリーン202やオールデンのハンプトン等)は大抵こういうフィットの仕方です。

履き飽きない、そして見た目もしっかりトラディショナルな良い靴だと思います!

ちなみに「J.M.WESTON 500」と調べると他サイトで違うラストのものも出てきますが、この靴は間違いなく11ラストです。

書いてあるし。

598スプリットダービー(ロジェ)のように、年代によってさりげなく使われるラストが変わっているようなケースもありますし、この靴もそういう感じなのかもしれません。

外羽根キャップトゥ!!

外羽根キャップトゥって、あまり持っている方いらっしゃらないのでは??

そもそも代表的なモデルというのが思いつきません。オールデンくらいですかねぇ……。

確かに冠婚葬祭には向きません。

しかし、ビジネスにおいては脱ぎ履きしやすい外羽根で活動的な印象を与えつつも、キャップトゥという誠実さ。

つまり、こんな最高な靴を平日スーツな方もバッチリ履いて味わうことができます。

どうしてもこういう靴はスーツ着る人だと平日仕事に履いていけないじゃないですか。

その点この靴はオッケー。いつ履いても!歩いても!!オッケー!!懐の広さに定評があります。

増やすべきは黒靴のレパートリーだと思うのですよ。

増やすのにも限度がありますが。(自戒

以下状態&写真!!

全ウエストンファン落涙必至!!旧ロゴがこの状態!!!

ソールが乾燥していたのか1回着用の割に削れているような気もしますが……

6-E、6 1/2Eを指します。当たり前ですが純正ソールです。

超絶!!キメ細か!!!

超絶!!!光っちゃう!!!そして土踏まずの見事な絞り!!!!

左足のトゥには保管時のものか、切り傷がありますが、これは精一杯目立つよう撮った結果。

普段はこうです。言われなきゃ気づかなかったと思います!

ヒールやトゥの状態ですが、それより光りまくるアッパーに目がいってしまいます。改めて言いますがノーワックスですよ!!これ!!

ご覧のとおり削れはほぼないと言っていいかと。

状態としては極美品と言って差し支え無いと思います!!!

購入方法!!

購入の意思表示→もでぃふぁいど から振込先口座ご連絡→指定の口座にお振込み→振込み完了&発送先のご返信→着払いで発送!!

以上です!!

先着順にて、購入の意思表示をいただいた方に口座をご連絡します。

2日以内にお振込みいただき、確認でき次第、着払いにて神奈川県より発送します。

例:12/3にご返信した場合、12/5の23:59までがお振込期限です。

期限までにお振込みいただけない場合は自動的にキャンセルとさせていただきます。

(申し訳ないですが、振込み手数料は御負担ください…)

どーしても、という理由……今ハワイなんだけど……とかあれば別途ご相談ください。

というわけで、購入意思はこちらのメールアドレスまで必ず欲しい靴を書いてどうぞ!!泣いても笑っても先着順ですよー!!!

modifiedjp@gmail.com

今日のモディファイ!!!

J.M.WESTONの底力……その本気にあなたは刻の涙を見る……!!

刻の涙というか、もでぃふぁいど の血の涙かもしれませんが。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です